街中がトリコローレ!統一150年。

15 4月
2011年4月15日
Pocket

イタリア統一150周年と聞くと、「あれ、歴史が豊かな国だと思ってたけど、意外と最近?」と思われる方も多いでしょう。
イタリアは長い間小都市国家が乱立した状態にあり、ドイツやフランスなど他国の干渉もあって分裂が続いていました。
それを「イタリア統一国家にしよう!」という声が高まってきたのが19世紀。
サルデーニャ公国のヴィットリオ・エマヌエーレ二世による統一戦争を経て、ガリバルディ率いる千人隊により、当時オーストリア支配下だったヴェネツィアや教皇庁などをのぞくイタリア半島のほとんどが統一されます。
こうしてヴィットリオ・エマヌエーレ二世がイタリア王国の成立を宣言したのが1861年。
つまり、150年前の3月17日だったというわけです。

IT_0401_0201
統一150周年を記念して、街はトリコローレ(イタリア国旗の赤・白・緑の三色のこと)でいっぱい!
ポンテ・ヴェッキォもライトアップで三色に染まりました。
商店のショーウインドーの中も、人々の服装も、どこもかしこもとにかくトリコローレ!
イタリア国旗を背中にかけている人や、三色の風船を手に歩く人も沢山います。

IT_0401_0202

こちらはレプブリカ広場。
ここもトリコローレに大変身しています。
こうやって街中が一つのテーマで彩られるというのも、なかなかない光景。
夜の空気と相まって、幻想的な雰囲気を作り出しています。

IT_0401_0203
人混みの間を縫ってゆっくりと歩き、シニョリーア広場に辿り着きました。
ヴェッキォ宮殿ももちろん、三色に。
夜が更けると共に広場の中は「フィレンツェ市民全員集まってるんじゃなかろうか?」と思うほどの大混雑に。

フィレンツェはイタリア統一後、トリノの次に二代目首都になったという経緯があります。
首都はその後1871年にローマへと移り、そのまま留まりました。
「かつてはここが首都であった!」という誇りを現在でも失わないフィレンツェ市民にとって、ここヴェッキォ宮殿で迎える統一150周年には、特別な感慨があるようです。

IT_0401_0204

深夜12時半。
ヴェッキォ宮殿から花火が打ち上げられました。
建物のベランダから打ち上げているせいか大玉ではなかったけれど、リズム良く赤・緑・白の火花が散って、歓声を上げる人々の顔を照らしました。
150歳の誕生日、おめでとう、イタリア。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.