12 8月

イタリア基本情報

Pocket

NAME_JPN
イタリア
OFFICIALNAME_JPN
イタリア共和国
OFFICIALNAME_LCL
Repubblica Italiana
NATIONAL_FLAG_NAME
logo
CAPITAL_NAME
ローマ
DEMENSION
約30万k㎡
LANGUAGE
イタリア語
COUNTRY_INFO
長い歴史と都市独自の文化を育んできたイタリアには、都市ごとにそれぞれ異なった魅力があふれている。古代遺跡群が点在するローマ、ルネッサンス芸術が華開いたフィレンツェ、アドリア海の恵みを受けたヴェネツィア、世界のモードが集結するミラノなど、観光やグルメにショッピングと楽しみは数知れない。思い思いのイタリアを満喫しよう。
CLIMATE_CLOTHES_INFO
地中海性気候に属するイタリアは、日本と同様に国土が南北に細長く、四季がはっきりと分かれている。そのため、地域により気温の差が激しい。年間を通して湿度は低く、夏は日中でも日陰に入ると涼しくカラリとしているが、冬は霧が出て寒い。また、梅雨はないものの、春と秋には比較的雨が多い。服装は日本での服装を目安にするとよい。
CLIMATE
〔春〕日中暖かい日でも朝晩は冷え込む。1年を通し最も過ごしやすいのは4、5月。ヴェネツィアは春先に出現する高潮の影響で、町中が浸水してしまうこともある。

〔夏〕日中の気温は30℃近くにもなる。日差しは強いが、湿度が低くカラリとしていて過ごしやすい。

〔秋〕9月はまだ残暑が続くが、10月に入ると暑さも去り、しのぎやすくなってくる。10月下旬~11月は朝晩の冷え込みもある。

〔冬〕比較的暖かい日が続くが降雨が多く、12月にはトラモンターナと呼ばれる冷たい風が吹き、天気も変わりやすい。特に、北部は冷え込みが厳しくなる。
CLOTHES
気温の差が激しいので、ジャケットか薄手の上着を用意したい。5月は日中半袖で過ごせるほど暖かいが、朝晩は冷え込むので、外出時には、はおるものの用意を忘れずに。
ローマ以南は、日差しがかなり強いので、帽子とサングラスは必需品。レストランやバスの中は冷房が効きすぎる場合もある。温度調整ができるように上着を1枚用意しておくと便利。
9月の日中は半袖でも十分だが、朝晩の冷え込みに備えて薄手の上着を用意しよう。
10月中旬からは長袖と上着は必携。北部へ行くなら厚手のコートと帽子、手袋は必需品。最も寒い1、2月は使い捨てのカイロが重宝する。南部もコートは必携。
CLOTHES_TPO
〔寺院・教会〕ノースリーブや短パン、ミニスカートなど露出の多い服は避けること。神聖な場所だということを忘れないようにしよう。
〔ディナー・観劇〕ジーンズやスニーカーでなければ、さしつかえないが、最低限の身だしなみに注意し、場の雰囲気を壊さないように心がけたい。
VOLT_PLUG
電圧は220ボルト、50ヘルツ。日本製は変圧器内蔵の電気製品のみ使用可。二股で先の丸いCタイプのプラグが主流。
PLUG_PHOTO
103_plug_220_50.gif
BILL_PHOTO1
euro.gif
COIN_PHOTO1
euro_coin.gif
CURRENCY_INFO
ヨーロッパ12カ国共通のユーロ。紙幣は5、10、20、50、100、200、500ユーロ。
硬貨は1、2ユーロと1、2、5、10、20、50セント。硬貨は片面の絵柄が国により異なるが同じ額面ならどの絵柄でも使える。1ユーロ=100ユーロセント
HOLIDAY_CURRENTYEAR
〔2013年の祝祭日〕
1月1日 元日
1月6日 御公現の祝日
3月31日 イースター(※)
4月1日 イースターマンデー(※)
4月25日 イタリア解放記念日
5月1日 メーデー
6月2日 共和国建国記念日
8月15日 聖母被昇天祭
11月1日 諸聖人の日
12月8日 聖母無原罪の御宿りの日
12月25日 クリスマス
12月26日 聖ステファノの日
(※は移動祝祭日のため年によって変動)
RESTROOM_INFO
公衆トイレが少ないので、高速道路のトイレ休憩、レストランやカフェへ行ったときに済ませておこう。また、入口に管理人がいる場合はチップ(0.50ユーロ)が必要。
WATER_INFO
ガス入りとガスなしの2種類がある。イタリア語でいう場合、ガス入りはアクア・ガッサータ、ガスなしはアクア・センツァ・ガスと覚えておこう。
CHIP_INFO
ホテルやレストランの請求書には大抵サービス料が含まれているので、受けたサービスに感謝する意味で支払う。
〔チップの目安〕
●タクシー:50ユーロセント 
●レストラン:料金総額の10%程度 
●ポーター:荷物1個 50ユーロセント 
●ルーム・メイド:50ユーロセント 
●劇場の案内人:50ユーロセント
SECURITY_INFO
他のヨーロッパ諸国同様の一般的注意が必要。ローマやミラノでは地下鉄とバス、フィレンツェではのみの市、ヴェネツィアではカーニバルなどの人込みに要注意。
TIME_DIFFERENCE
イタリアは日本より-8時間。日本が正午の時、イタリアは午前4時。3月の最終日曜から10月の最終土曜まではサマータイムとなり、時差は7時間となる。
Copyright© 2017 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.