カテゴリー: 買い物

手工芸展で世界旅行

17 6月
2011年6月17日
Pocket

次は手工芸展のイタリア工芸フロアーへ。
大きな建物の一階部分が全部、イタリア各地から集まった手工芸品のブースで埋め尽くされています。
中でも特に多いのは、イタリアの伝統マヨルカ焼きの製品や、ジュエリーなど。
伝統工芸と新しい才能とが同時に並ぶ様子は、見ていて飽きることがありません。

IT_0601_0201.jpg

こちらは私がお買い物をした帽子屋さん。
フィレンツェのお隣、プラートという町からの出展だそうです。
クラシックをとことん追求した美しいフォルム、そして豊富なカラーバリエーションがこの店の特徴。
ピンクやオレンジのシルクハットなんて、なかなか他の店では手に入りません。
もちろん、個人で購入するお客さんもいますが、劇場用に使われることも多いんだとか。
「不思議の国のアリス」の帽子屋をイメージした巨大シルクハットなども飾ってありました。

IT_0601_0202.jpg

イタリア製品を堪能した後は、階段を下りて地下一階・世界のフロアーへ。
ここは一転して、まるでどこかアジアの国の地元マーケットに入り込んだかのような雰囲気!
フランス、スペインなどの近隣国はもちろん、アフリカ、アジア、アラブなど世界各地からの出展者が軒を連ね、通りを進んでいくたびにガラっと空気が変わります。

IT_0601_0203.jpg

IT_0601_0204.jpg

大きな注目を集めていたのが、チベットのコーナー。
チベット僧による曼荼羅を描くデモンストレーションに人々は感嘆の声を上げ、足を止めて写真撮影する人も沢山いました。
これ、とっても細かい色砂で描かれているんです。
気が遠くなるような細かい作業を、これだけ混雑した人混みの中でやり遂げる集中力には脱帽です。
私もチベットブースで立ち止まり、緑茶のパックを一つ買いました。
とってもまろやかな味で、朝食時のお気に入りです。

IT_0601_0205.jpg

その他に買ったのは、こちらのアルガンオイルです。
これは確か、チュニジアコーナーで購入。
希少価値が高く「黄金のオイル」とも呼ばれるこのオイルには以前から興味があって、良さそうな商品が手頃な値段で見つかった時には買うようにしています。
なんでも、ベルベル族の女性の美しさの秘訣なんだとか。
肌用と髪用とがありましたが、髪の乾燥が気になっていた私は髪用をチョイス。
シャンプー前に使うと驚くほど髪がしっとりするんです。

屋台でアルガンオイルについて幾つか質問したんですが、店の男性はフランス語しか話せず。
片言のイタリア語と片言のフランス語とで苦戦しながら会話をしましたが、そんなやりとりもなんだか現地の市場にいるような錯覚を覚えて新鮮です。

フィレンツェにいながらにして小さな世界旅行気分を味わえる、一年に一度のお楽しみイベントでした。

アナカプリ散策

08 5月
2011年5月8日
Pocket

青の洞窟からバスでゴトゴト揺られること15分ほど、アナカプリに到着しました。
カプリ島には二つの町があり、一つはカプリ、もう一つがカプリよりも高い位置にあるアナカプリです。

IT_0501_0201

カプリもアナカプリも多くの観光客で賑わう有名な観光地です。
町のメインストリートには白い壁の南らしい建物が並び、お土産屋さんはもちろん、オシャレなブティックや手作りのサンダル屋などがズラっと並んでいます。

IT_0501_0202

アナカプリのお店は、どこもとってもセンスがいい!
海が似合うような素敵な洋服を沢山売っているので、お買いもの好きな女性にはたまらない町と言えるでしょう。
通りをぶらぶらとウインドーショッピングして歩くだけでも、リゾート地に来たんだなぁと感じさせてくれる町です。

IT_0501_0203

ここの魅力はお買いものだけではありません。
アナカプリには沢山の見所があります。
事前に何も調べないままやって来ましたが、町のあちこちに立っているタイル張りの案内板表示に従って歩くだけなので、簡単に幾つかの名所にたどり着くことができました。
この建物は「カーサ・ロッサ」と呼ばれているもので、白い建物が多いこの島では一際目立つ建物です。
これはカプリに移住したアメリカ人のマッコーエン大佐のお屋敷だそうです。
現在は美術館になっていて、様々な催し物が開かれています。

IT_0501_0204

こちらはサン・ミケーレ教会。
1698年から1719年にかけて建設された、バロック様式の美しい教会です。
教会としての役割は既に果たされていないようですが、ここにはアナカプリを訪れる方には是非見ていただきたい素晴らしいタイルの床があるんです。

IT_0501_0205

それがこちら。
マヨルカ焼きのタイルを床全面に敷き詰めて、アダムとイブの楽園追放を描いています。
ハっと息をのむ美しさと迫力です。
アダムとイブの周りにはありとあらゆる動物たちがいます。
犬や馬といった日常的なものから、猿や蛇、ユニコーンなどの空想上の動物たちもいます。
拝観料は一人3ユーロ。
教会内部には小さな螺旋階段があり、二階に登って高い所から床のマヨルカ焼きを一望することができます。

他にも、ここで紹介しきれないほど沢山の見所が、ぎゅっと小さな区域にまとまっているアナカプリ。
南の太陽とレモンの香り、そして海からの潮風に吹かれながら、のんびり町散策をするにはもってこいの観光スポットです。

クリスマスシーズン到来!

11 1月
2011年1月11日
Pocket

街がクリスマスに浮かれるこの時期、フィレンツェに珍しい大雪が降りました。
クリスマスプレゼントの調達のために中心街に行くと、街は雪化粧で白く輝き、雰囲気満点です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドゥオモ前に設置された大きなツリーも、雪でキレイにデコレーションされています。
広場では子供たちが大はしゃぎで雪合戦を始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子供たちに混じって雪で遊びたいのは山々だけれど、まずはプレゼントの調達!
というわけで、ちょっとオシャレな文具や生活用品などが揃うデパートへ。
この時期は私と同じようにプレゼントを探す人々で、どのお店も大繁盛です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お目当ての物を手に入れた後は、サンタクローチェ広場で開かれていた毎年恒例のクリスマス市場へ。
前に紹介したヨーロッパ市場と屋台の顔ぶれは似ていますが、ヨーロッパ全土から様々なクリスマス用品や郷土品が揃う、とても楽しい市場です。

IT_0101_0204

可愛いツリーの飾りや、サンタクロースの置物がたくさんあって、見ているとついつい欲しくなってしまいます。
いつも楽しみにしているドイツソーセージの屋台や、オーストリアのお菓子も見逃せません。

ちなみに、イタリアではサンタクロースのことを「バッボ・ナターレ」と呼びます。
バッボとはトスカーナの方言でお父さん、ナターレはクリスマスという意味です。

思いがけない大雪のせいで、この日は人影もまばら。
私も歩き回ってすっかり体が冷え切ってしまったので、ホットワインの屋台で休憩することにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリスマス市場のお供といえば、このお店のホットワインです。
ドイツから来た屋台で美味しいビールも飲むことができますが、この天気では寒くてとても飲むことができません。
2.5ユーロで、コップに溢れそうなくらい、熱々の甘いワインを注いでもらえます。
雪景色を眺めながら、カウンターで立ったままいただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪は一向に止む気配がなく、どんどん降り積もっていきました。
急いで買い物を済ませたにもかかわらず、家に帰る頃には道がすっかり雪で埋もれてしまいました。

雪に慣れていないフィレンツェ市民。
交通機関も大幅に乱れてしまい、この日は家に帰れなかったという人も多いようです。
ホワイト・クリスマスは素敵だけれど、多すぎる雪はちょっと困りものですね。

職人芸が勢揃い、手工芸展

29 5月
2010年5月29日
Pocket

フィレンツェ中央駅から徒歩10分ほどのところにFortezzaという展示会場があり、ファッションショーや大きな見本市などはほとんどすべてここで行われています。

今回このFortezzaで私が見てきたのは、’Mostra dell’Artigianato’という、手工芸を主にした展示即売会。
イタリアだけでなく世界各地の職人芸が集結し、繊細な手工芸品、各地の特産品など、様々なものを見ることができる大イベントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場に入るとすぐ、テラコッタの一群がお出迎え。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらがイタリア館への入り口です。
外はあいにくのお天気でしたが、会場内は沢山の人と熱気に満ちあふれていました。

IT_0502_0203

イタリア館の中は州ごとにブースが分けられていて、まるでイタリアを旅して回っているような気分!

主な出品内容は絵画、陶芸、アクセサリー、革製品、服などでしょうか。
職人さんたちがその場で作業しているブースもあり、作品がどうやって作られるのかを知る良い機会にもなります。

私が行ったのは最終日、しかも閉館間際だったので、どのブースも値引きを始めていました。
いつもなら現地に行かないと手に入らない個性的な作品たちが、お手頃価格で手に入るチャンス!
買い物心に火がついた主婦たちが、大きな袋を下げて各ブースを練り歩いています。

IT_0502_0204

閉館時間が迫っていたので、大急ぎで食べ物館へと移動しました。
こちらではイタリア中の美味しいものが、ずらりと並んでいます。

量り売りのオリーブやチーズ、サラミ、各地の名産菓子など。
どのお店も試食をさせてくれるので、自分の気に入ったものを選ぶことができます。

IT_0502_0205

私が買ったのはこちら。
シチリアのお菓子カンノーリと、同じくシチリアのライスコロッケ(アランチーノ)、そしていつも買っているカラブリア州産の激辛ペーストです。

このペーストはパスタに使ってもいいし、お米や和食にも合うスグレモノ。
南イタリアに位置するカラブリア州は、どの食べ物も辛いことで有名なんですよ。

閉館間際に駆け込んだので、お買いものは結局いつも通りのラインナップに落ち着いてしまいました。
来年はもっと早くに行って、リベンジです!

Copyright© 2017 イタリアトレンドナビ All Rights Reserved.