鉄の三角戦跡記念館

19 8月
2011年8月19日

前回に引き続き、江原道鐵原郡(カンウォンドチョルウォングン)という地域の紹介です。

KOR_0802_0101

この地域は限りなく北朝鮮に近く、過去には激戦地でありました。 現在は「鉄の三角戦跡記念館」という展示館が設けられています。 敷地内には戦車や飛行機が展示されています。

KOR_0802_0102

「鉄の三角戦跡記念館」という展示館では、過去の貴重な品物が展示され、当時の北朝鮮の雰囲気がわかります。

KOR_0802_0103

写真は金日成の印刷されたお札。 北朝鮮のお金って、こんな風なんですねー。 他にも当時の印刷物や、若かりし頃の金正日の写真などが!

KOR_0802_0104

先にも投稿しましたが、38度線近くなので自然はそのままに保護され、広い公園と渓谷なども観光することができます。

KOR_0802_0105

この地域は江原道鉄原郡鉄原邑といい、他にも点々とモニュメントなどが観光できます。 かなりレアな地域なので、できれば韓国人に案内してもらった方がいいでしょう。 奇しくも8月。 やはりこの時期はこんな観光地がオススメです。

暑い夏は渓谷で涼んじゃおう!

02 8月
2011年8月2日

非常にレアな場所ではありますが、江原道鐵原郡(カンウォンドチョルウォングン)という地域があります。 ここは限りなく北朝鮮に近く、過去には激戦地でありました。 戦争記念館なども多く、レアなDMZ観光地としてオススメです。 ですが今回は暑くるしい戦争話は後にして、涼しい渓谷をご紹介します。

KOR_0801_0101

写真はソウルと江原道(カンウォンド)の境界線あたりにある、山奥のちょっとしたパーキング。 食堂やお土産屋さんが並ぶ休息所です。

KOR_0801_0102

下写真、売っているのはインテリアの大木ではなく、なんと韓方(かんぽう)材! おじさんが大きな木を一生懸命細切れにしています。 黄色に青文字の看板には「自然産」とかいてあります。 山から切り出して来たんでしょうね~。いや、すごいです。

KOR_0801_0103

休憩所を過ぎたら、目的地の孤石亭(コソクジョン)という渓谷へ! この渓谷へは長~~~い階段をひたすら降りていきます。 降りる最中、これをまた上がらないといけないのかと思ったら、ちょっと気分が憂鬱になりました(苦笑) しかし降りてしまうと、ひんやり涼しい風とすばらしい景観に気分もすっきり!

KOR_0801_0104

中間にある建物は新羅、26代の真平王(シンペイオウ/579~632)の時代に建てられた二層楼閣。 ですが、朝鮮戦争で消失したため1971年に再建されたものだそうです。

KOR_0801_0105

二層楼閣を降りながら、ゴツゴツした岩とS字型にくねった漢灘江と奇岩怪石が目前に。 川まで降りて遊覧船でさらに景色を観賞しました。 暑い夏には、やっぱり自然が一番!ですね。

マクドナルドの配達

28 7月
2011年7月28日

ちょっとした用事でソウル市庁方面へ行きました。 久々なので散歩しながら明洞へ帰る道すがら、こんなものを見つけました。 「あれれ?これって配達用のバイク?しかもマクドナルド???」

KOR_0702_0201

マクドナルドって配達するんだ???と会社に帰って他の人に聞いてみたら、 随分前から配達してたらしいのです。知らなかったのは私だけだったらしい…。 そう言えば、明洞にはマクドナルドがありません。ということで数日後、注文してみました!

雨の日なのに配達を頼んでしまいましたが、バイトのお兄さん、がんばって来てくれました。 電話は代表番号で、近い支店につないでくれます。 明洞では一番近い支店は、やはりソウル市庁になるようです。

KOR_0702_0202

電話では30~40分かかると言われましたが、15分ほどで到着。早い! また配達用のメニューとクーポンを持ってきてくれました。クーポンは次回、使ってみましょう。

このマクドナルドの配達、実は韓国では不評なようです。 というのも配達費を取るのではなく、商品の価格を高く設定しているため。 一回の配達でいくら、ということであれば多数人で注文するとお得感もあるけれど、 これでは注文すればするほど高くなっていく計算になります。 また中華やピザ、フライドチキンなどの配達が発達している韓国では、他では無料なのになぜ?!とかなり不評なようです。

KOR_0702_0203

確かに今回の注文はスタッフ4人でしましたが、お店に行けば3000ウォンくらいなのに 配達だと3600~3800ウォンほどになります。 これはちょっとイタイですね。

マクドナルドでは、このスタイルを変更するつもりはないと強気の態度だそうです。 日本のマクドナルドはこの不況下において売上をさらに伸ばす勢いですが、 韓国マクドナルドは、さてさて、売上倍増は可能でしょうか。

オルチャン人形

21 7月
2011年7月21日

韓国でのプリクラハウスで名前を「オルチャン」というチェーン店があります。 オルチャンとは「オル=顔」「チャン=一番」という意味で「顔が良い」という感じで使われます。 日本で流行語では「イケメン」と似ているかもしれません(イケメンは男性限定ですが)。

KOR_0702_0101

チャンは、よく使われる単語で、他にもモムチャン(体一番)などはよく使われる言葉です。 (韓国でモムチャン代表格はクォン・サンウが有名のようです。) 日本では一時のブームを過ぎているとは思いますが、記念日や写真好きの韓国人にはまだまだ人気のようです。

KOR_0702_0102

写真だけではもの足りなかったのでしょうか、こんな人形グッズを発見しました。 顔写真の鼻の部分だけ少し盛り上げてあるため、立体的に見えます。 人形のサイズや模様、スタイルも様々あるようで、一体7,000ウォンから。

KOR_0702_0103

サンプルは子供の写真が多いですが、ペットの写真で作った日本人の方がいたので 写真を撮らせてもらいました。持っている写真でも作成可能なようです。 ぬいぐるみタイプ以外にも、プラスチックタイプや機関車トーマスみたいな形もあるようです。 皆さんもお好きな写真で一つ、お土産にどうでしょう?

韓国式アンコウ料理

12 7月
2011年7月12日

韓国料理で有名なのは、ビビンパやキムチチゲなどでしょう。 リピーターも多い昨今ではありますが、韓国のアンコウ料理をご存知でしょうか? その名も「アグ(アグゥィ)チム」。

KOR_0701_0201

アンコウのことをアグ(アグゥィ)といい、チムとは蒸すという意味ですが、煮炒めといった調理法です。 もやしをふんだんに使って、アグ(アグゥィ)と一緒に炒めた、かなり辛い料理です。

KOR_0701_0202

日本でのアンコウ鍋と韓国のアグ(アグゥィ)チムは、アンコウのサイズが違います。 ですのでアグ(アグゥィ)チムは少し小骨が多い気がします。 この辛さで、しかも熱くて小骨が多いので、ちょっと食べにくいかなぁ…という気もしますが、日本よりも手軽に食べられるのがありがたいですね。

KOR_0701_0203

アグ(アグゥィ)チムに入っている不思議な海産物がこれ↑ 出汁用に入っているといっても過言ではない、ミドドクというハテナ?な生き物。 おそらくナマコの仲間なのでしょうが、噛めないほど固く、噛めたら噛めたで中から熱い汁がプシュッと吹き出すのです。 料理が出て来てすぐの熱々の時にはご注意くださいね。

KOR_0701_0204

しかしこれ。マニアな韓国人多いのです。 ミドドクだけあればいい、なんて人もいてゴォリゴォリと見事に噛み砕いています。 韓国人って固い物好きとは聞いていたけど、韓国料理は歯が丈夫じゃないと食べたいものも食べられないんですね(^_^;)

鷺梁津(ノリャンジン)水産市場で新鮮魚介類を食べよう!

02 7月
2011年7月2日

私事ですが、私は刺身が大好きです。 しかし韓国の海産物は正直、新鮮さに欠けるので日常的に食べるには無理があります。 また、これまた私事ですが私はアジやイワシなどの青魚が大好き!!! そしてこれもまた足の速い青魚の刺身は韓国ソウルでは、なかなか食べることができません(T_T)

KOR_0701_0101

アジやイワシは無理でも新鮮な海産物をどーーーしても食べたくなったら、鷺梁津(ノリャンジン)水産市場へゴー!です。 この豊富な種類には見た目も満足。

KOR_0701_0102

今回は刺身ではなく「カニ食べたーーーい!」ってことで、タラバを購入。 (ちなみに韓国ではタラバといっても通じません。キングクラブというそうです。) 2人だったので、そんなに大きいのは買いませんでしたが、前菜メニューとしてアワビ3匹とナマコを購入しました。 これだけ買って4万5千ウォン(3,500円くらい)なので安い~(T_T)

KOR_0701_0103

海鮮物を買ったら、あとは調理してくれるお店へゴー! 魚屋さんが紹介してくれて、わからなければ案内もしてくれるのでとっても便利です。 ヒラメなどの大型の魚は魚屋さんがさばいてくれるようなのですが、カニは食堂でボイルしてくれます。 調理費用はカニ1パイ3,000ウォンくらい。その他の調理もだいたい似たような感じです。 こちら鷺梁津(ノリャンジン)水産市場も一度お試しください。

KOR_0701_0104

タクシーの乗り方講座

27 6月
2011年6月27日

最近、日本人観光客は客層がガラリと一変しました。 以前はヨン様ファン系のおばさま方が、その多くを占めていたのですが、今では何やら20代の女子がたくさん。 これって、KARAや少女時代の影響なんでしょうね?

さてそのため、今までリピーターが多かった韓国旅行客も初心者が増えたようですので、今一度韓国旅行の注意点などを投稿してみようと思いました。 (リピーターの方には当たり前の話かもしれませんので、ご了承を)

KOR_0602_0201

ソウル市内では方向にもよりますが夜9時を過ぎると、なかなかタクシーがつかまりません。 それは乗車拒否が多いからなんですが、上記写真はタクシー運転手と交渉中の韓国人。 日本人観光客は、おそらく運転手には一目でわかるので乗せたい、乗せたくないタクシーはハッキリ分かれます。

ですので、できれば日本人とわからない雰囲気でタクシーを捕まえるのがいいでしょう。 それにはまず大人数ではないように見せかけること。そして荷物を隠すこと。

他にも色々あるのですが手っ取り早い方法としては、やはり黒い車体の模範タクシー、またはソウル市推奨のオレンジ色のタクシーをご利用ください。 そしてもう一つ、こんなタクシーがあります。

KOR_0602_0202

車内から撮ったので逆さですみません。 パッと見「不親切」なタクシーかと思ってしまいますが(^_^;) 表現が中国式なのでしょうか。ニコニコマークを見る限りは大丈夫なのでしょう…。 これ「不親切なら料金返還」と書いてあるのですね~。

KOR_0602_0203

車内にはさらに詳細な内容が書いてあります。 「不親切 料金返還/私たちの家族が親切に対応しなければ、料金は会社が返金致します。」 そして電話番号が書いてあるので、何かあったら会社に電話しろということなんですね。

タクシーにも色々ありますので、こういう情報をひとつでも持って韓国におこし下さい。

 

出前のポークスペアリブ!

22 6月
2011年6月22日

以前「出前のフライドチキン」という記事を投稿しましたが、その時に予告していたメニュー、 ポークスペアリブを今回注文してみました!!

KOR_0602_0101

このチェーン店はフライドチキンではなく、グリルチキンが売り。 なのでフライドチキンに比べると注文から配達まで少し時間がかかります。 今回注文したポークスペアリブも同様。 じっくりグリルしてくれて、たっぷり50分はかかりました。 (おなかが空いてる時は要注意)

KOR_0602_0102

しかし、待ってた甲斐がありました! このボリュームには、かなりびっくりしましたね。 これで16000ウォンだから、なんて安い。

骨から肉の身離れもよくて、これって本当に豚肉カルビだよね?と疑ってしまいそうなくらい。 韓国では偽造カルビが多いと聞くので、これもそうかなぁ~なんて、ちょっと思ってしまいました(^_^;)

KOR_0602_0103

また韓国は今、牛肉より豚肉が高いとニュースで持ち切りなのですが、今後このメニューの価格がどう変わるかちょっと心配です。

さてさて「出前のフライドチキン」でもご紹介したように、韓国ではホテルでもどこでも配達してくれるので、こちらもぜひ一度体験してみて下さい!

ビビンパ食べ放題!

12 6月
2011年6月12日

明洞のオダリチプというお店のランチは、ビビンパ食べ放題! どれだけ盛っても6000ウォンと安いので、若い子には人気のようです。

KOR_0601_0201

私的に気に入っているのは、洗面器のような器(笑) 皆さん、韓国ドラマで見たことないでしょうか? 私、初めて見た時は本当~~~~にショッキングでした。 何かのギャグなのかと思いつつ、恐るおそる韓国人に聞いてみたこともありました。 しかしながら、ギャグでもなんでもなく、フツーの事柄なんですよね(^_^;)

KOR_0601_0202

さて、こちらのお店のビビンパは上記写真のような感じでセッティングされていて、自分でご飯やナムルをお好みで器に入れます。 私好みのビビンパは、一番上の写真です。

KOR_0601_0203

他にもトッポッキやイカ天、お粥などのメニューもありますので、ビビンパだけで物足りない方はサイドメニューもオススメです。 (下の写真はイカ天です。)

KOR_0601_0204

こちらのお店は、夜は焼き肉もやっています。 またオーナーが元歌手!なので生演奏をしてくれたり、韓流スターの卵を育てていたりと、多種多様。 韓流スターの知り合いも多いらしいので、もしかしたら、もしかすることもあるかもしれません…?

韓国の屋台って…

02 6月
2011年6月2日

韓国に来て一番印象に残るのは、皆さんは何でしょうか? 私は「韓国と言ったら屋台よね~」と言いたいくらい屋台が一番印象に残ります。

KOR_0601_0101

さて道筋に常にある屋台もありますが、明洞や南大門は少し変わっていて、夕方から突然屋台が出没します。 こんな屋台みたことありますよね?上記写真はiPhoneケースの屋台。 他にもタオルやアクセサリー、カバンやベルト、洋服、食べ物まで。 とにかく、たくさんの屋台が明洞にひしめきます。

KOR_0601_0102

その屋台は、いったいどこから来るのか見た方はいるでしょうか? 実は明洞の大通りの向こう側から、道を渡ってくるんですね~。 上記写真、車がついてるのがわかりますでしょうか? この屋台、エンジン付きなんです。 それもそうですね。こんな重いものを押して長距離は歩けません。

KOR_0601_0103

今回、その屋台の出勤風景をシャッターチャンスしましたので、大公開! 矢印の部分、屋台の長い列が続いてるのがわかりますでしょうか? 屋台置き場から皆でわっしょいって感じです。 その先に横断歩道があるので、そこを渡ろうとしているのです。

しかし、この大通りにはここにしか横断歩道がないため、そこからさらに屋台を押して、来た道を戻るくらいの距離を行かなければなりません。 う~ん、ご苦労様です。 明洞ミリオレ前に横断歩道があったらいいのになぁと常々思っているところです。

Copyright© 2017 韓国情報 All Rights Reserved.