カテゴリー: 未分類

ソウルの昼食費は…?

05 11月
2010年11月5日

韓国人は、とてもコーヒー好きです。 韓国のお昼休みは、食後に広場でコーヒーを飲みながら雑談というのが一般的です。 その風景も最近では、ずいぶん様変わりしました。

KOR_1101_0101

上記写真のようなオシャレなコーヒーショップが次々に誕生。 道ばたにはテイクアウトコーヒーの店が、100m間隔で営業しているといっても 過言ではありません。

もちろんスタバなどのチェーン店も数多くあります。 そして、どの店も価格は3~4,000ウォンほどもするのです。

KOR_1101_0102

明洞で昼食をすると、最低6000ウォンほどかかります。 贅沢するなら1万ウォン以上の定食も少なくありません。 それに3~4,000ウォンのコーヒーですから、毎日1万ウォンとして月に20万ウォン(約1万5千円)も昼食だけに使う計算になります。

う~ん。日本よりお金持ち?と悩んでしまいますね…(^-^;

KOR_1101_0103

さて、そのカラクリはと言いますと。 就職条件で、韓国と日本の一番の違いが 日本=交通費支給(食費自己負担) 韓国=食費支給(交通費自己負担) これなのです。

日本では会社にもよるとは思いますが、食費を一部支給したり、社員食堂があったりと様々ですけれども、韓国は食費(一食分5,000ウォンほど)を支給して、交通費支給なしが一般的です。 恐らく交通費が安いこと、また食事が大事という文化ですから、そうなっているのでしょう。

KOR_1101_0104

上記写真のグレーの機器はインスタントコーヒーの自販機で、ほんの数年前までは食後の定番として欠かせない物でした。 コーヒー1杯の価格も3~400ウォンと、実に10分の1。 韓国経済の成長と共にオシャレで美味しいドリップコーヒーが台頭し、今はもう古い自動販売機は、その役目を終えようとしています。

 

Copyright© 2017 韓国情報 All Rights Reserved.