カテゴリー: グルメ

マクドナルドの配達

28 7月
2011年7月28日

ちょっとした用事でソウル市庁方面へ行きました。 久々なので散歩しながら明洞へ帰る道すがら、こんなものを見つけました。 「あれれ?これって配達用のバイク?しかもマクドナルド???」

KOR_0702_0201

マクドナルドって配達するんだ???と会社に帰って他の人に聞いてみたら、 随分前から配達してたらしいのです。知らなかったのは私だけだったらしい…。 そう言えば、明洞にはマクドナルドがありません。ということで数日後、注文してみました!

雨の日なのに配達を頼んでしまいましたが、バイトのお兄さん、がんばって来てくれました。 電話は代表番号で、近い支店につないでくれます。 明洞では一番近い支店は、やはりソウル市庁になるようです。

KOR_0702_0202

電話では30~40分かかると言われましたが、15分ほどで到着。早い! また配達用のメニューとクーポンを持ってきてくれました。クーポンは次回、使ってみましょう。

このマクドナルドの配達、実は韓国では不評なようです。 というのも配達費を取るのではなく、商品の価格を高く設定しているため。 一回の配達でいくら、ということであれば多数人で注文するとお得感もあるけれど、 これでは注文すればするほど高くなっていく計算になります。 また中華やピザ、フライドチキンなどの配達が発達している韓国では、他では無料なのになぜ?!とかなり不評なようです。

KOR_0702_0203

確かに今回の注文はスタッフ4人でしましたが、お店に行けば3000ウォンくらいなのに 配達だと3600~3800ウォンほどになります。 これはちょっとイタイですね。

マクドナルドでは、このスタイルを変更するつもりはないと強気の態度だそうです。 日本のマクドナルドはこの不況下において売上をさらに伸ばす勢いですが、 韓国マクドナルドは、さてさて、売上倍増は可能でしょうか。

韓国式アンコウ料理

12 7月
2011年7月12日

韓国料理で有名なのは、ビビンパやキムチチゲなどでしょう。 リピーターも多い昨今ではありますが、韓国のアンコウ料理をご存知でしょうか? その名も「アグ(アグゥィ)チム」。

KOR_0701_0201

アンコウのことをアグ(アグゥィ)といい、チムとは蒸すという意味ですが、煮炒めといった調理法です。 もやしをふんだんに使って、アグ(アグゥィ)と一緒に炒めた、かなり辛い料理です。

KOR_0701_0202

日本でのアンコウ鍋と韓国のアグ(アグゥィ)チムは、アンコウのサイズが違います。 ですのでアグ(アグゥィ)チムは少し小骨が多い気がします。 この辛さで、しかも熱くて小骨が多いので、ちょっと食べにくいかなぁ…という気もしますが、日本よりも手軽に食べられるのがありがたいですね。

KOR_0701_0203

アグ(アグゥィ)チムに入っている不思議な海産物がこれ↑ 出汁用に入っているといっても過言ではない、ミドドクというハテナ?な生き物。 おそらくナマコの仲間なのでしょうが、噛めないほど固く、噛めたら噛めたで中から熱い汁がプシュッと吹き出すのです。 料理が出て来てすぐの熱々の時にはご注意くださいね。

KOR_0701_0204

しかしこれ。マニアな韓国人多いのです。 ミドドクだけあればいい、なんて人もいてゴォリゴォリと見事に噛み砕いています。 韓国人って固い物好きとは聞いていたけど、韓国料理は歯が丈夫じゃないと食べたいものも食べられないんですね(^_^;)

鷺梁津(ノリャンジン)水産市場で新鮮魚介類を食べよう!

02 7月
2011年7月2日

私事ですが、私は刺身が大好きです。 しかし韓国の海産物は正直、新鮮さに欠けるので日常的に食べるには無理があります。 また、これまた私事ですが私はアジやイワシなどの青魚が大好き!!! そしてこれもまた足の速い青魚の刺身は韓国ソウルでは、なかなか食べることができません(T_T)

KOR_0701_0101

アジやイワシは無理でも新鮮な海産物をどーーーしても食べたくなったら、鷺梁津(ノリャンジン)水産市場へゴー!です。 この豊富な種類には見た目も満足。

KOR_0701_0102

今回は刺身ではなく「カニ食べたーーーい!」ってことで、タラバを購入。 (ちなみに韓国ではタラバといっても通じません。キングクラブというそうです。) 2人だったので、そんなに大きいのは買いませんでしたが、前菜メニューとしてアワビ3匹とナマコを購入しました。 これだけ買って4万5千ウォン(3,500円くらい)なので安い~(T_T)

KOR_0701_0103

海鮮物を買ったら、あとは調理してくれるお店へゴー! 魚屋さんが紹介してくれて、わからなければ案内もしてくれるのでとっても便利です。 ヒラメなどの大型の魚は魚屋さんがさばいてくれるようなのですが、カニは食堂でボイルしてくれます。 調理費用はカニ1パイ3,000ウォンくらい。その他の調理もだいたい似たような感じです。 こちら鷺梁津(ノリャンジン)水産市場も一度お試しください。

KOR_0701_0104

出前のポークスペアリブ!

22 6月
2011年6月22日

以前「出前のフライドチキン」という記事を投稿しましたが、その時に予告していたメニュー、 ポークスペアリブを今回注文してみました!!

KOR_0602_0101

このチェーン店はフライドチキンではなく、グリルチキンが売り。 なのでフライドチキンに比べると注文から配達まで少し時間がかかります。 今回注文したポークスペアリブも同様。 じっくりグリルしてくれて、たっぷり50分はかかりました。 (おなかが空いてる時は要注意)

KOR_0602_0102

しかし、待ってた甲斐がありました! このボリュームには、かなりびっくりしましたね。 これで16000ウォンだから、なんて安い。

骨から肉の身離れもよくて、これって本当に豚肉カルビだよね?と疑ってしまいそうなくらい。 韓国では偽造カルビが多いと聞くので、これもそうかなぁ~なんて、ちょっと思ってしまいました(^_^;)

KOR_0602_0103

また韓国は今、牛肉より豚肉が高いとニュースで持ち切りなのですが、今後このメニューの価格がどう変わるかちょっと心配です。

さてさて「出前のフライドチキン」でもご紹介したように、韓国ではホテルでもどこでも配達してくれるので、こちらもぜひ一度体験してみて下さい!

ビビンパ食べ放題!

12 6月
2011年6月12日

明洞のオダリチプというお店のランチは、ビビンパ食べ放題! どれだけ盛っても6000ウォンと安いので、若い子には人気のようです。

KOR_0601_0201

私的に気に入っているのは、洗面器のような器(笑) 皆さん、韓国ドラマで見たことないでしょうか? 私、初めて見た時は本当~~~~にショッキングでした。 何かのギャグなのかと思いつつ、恐るおそる韓国人に聞いてみたこともありました。 しかしながら、ギャグでもなんでもなく、フツーの事柄なんですよね(^_^;)

KOR_0601_0202

さて、こちらのお店のビビンパは上記写真のような感じでセッティングされていて、自分でご飯やナムルをお好みで器に入れます。 私好みのビビンパは、一番上の写真です。

KOR_0601_0203

他にもトッポッキやイカ天、お粥などのメニューもありますので、ビビンパだけで物足りない方はサイドメニューもオススメです。 (下の写真はイカ天です。)

KOR_0601_0204

こちらのお店は、夜は焼き肉もやっています。 またオーナーが元歌手!なので生演奏をしてくれたり、韓流スターの卵を育てていたりと、多種多様。 韓流スターの知り合いも多いらしいので、もしかしたら、もしかすることもあるかもしれません…?

韓国のしゃぶしゃぶ

26 5月
2011年5月26日

しゃぶしゃぶというと日本料理か中国料理か…? 日本で有名な料理ではありますが、韓国でも有名で韓国人の大半は日本料理と思っているようです。 (ただし中華料理店にも、このメニューがある場合があります。) また韓国では日本料理ブームの最中で、しゃぶしゃぶは競争率が高い飲食店です。

KOR_0502_0201

そんな中、最近は2種類の味が楽しめる鍋が当たり前。 片方は肉、もう片方は海鮮類と言った具合で、だいたいが肉側が辛いスープです。

KOR_0502_0202

日本ではあまり煮込まず、素材の味を楽しむのがしゃぶしゃぶという料理ですが、韓国では野菜や海鮮類はドカドカと鍋に入れて煮込むし、日本で食べるしゃぶしゃぶを想像すると色んな思いにかられます(^_^;) しかし、これはもう違う料理と考えた方がいいかもしれません。

KOR_0502_0203

それでも肉だけは1枚1枚各自でしゃぶしゃぶできますので、ちょっとホッとします(^_^;) ただし韓国人と行くと、肉も全部入れられたりする時があるので、ご注意ください(笑)。

KOR_0502_0204

もうひとつ注意していただきたいのは、こういったお店は韓国式におかずや付け合わせ、野菜などのお代わり自由ではありませんので、そこはよくお確かめの上、注文して下さい。

牡蠣(クル)専門店のメニュー

23 5月
2011年5月23日

韓国料理というと肉類が多い気がしますが、韓国人は意外と(?)海鮮類が好きです。 なかでも牡蠣(クル)は食べやすさもあってか専門店があるほど。 韓国で牡蠣をどう食べるかというと、日本人に有名なところではチヂミ(パジョン)に入っていたり、韓国人に定番のメニューは牡蠣(クル)クッパという汁物です。

KOR_0502_0101

今回ご紹介したいのは、その牡蠣(クル)クッパの専門店。 明洞(ミョンドン)にあるクルサランというお店です。 普通に牡蠣(クル)クッパを紹介しても面白くないので、変わりメニューを紹介します。 ひとつは「パンゲタン」というメニュー(上写真)。

KOR_0502_0102

見た目は、あの有名な參鶏湯(サムゲタン)ですが、通常一羽入っている鶏が半身と牡蠣(クル)が入っているため、その名も「パンゲタン」。 冗談のようなネーミング(^_^;) そして鶏と牡蠣が合うのかなぁ…と思いきや、意外とクセがなくていけます。 価格も7000ウォンほどとお手頃なので、あれこれ食べたい欲張りな方にはオススメです。

KOR_0502_0103

もうひとつは、知る人ぞ知る「純豆腐(スンドゥブ)」。 これにも牡蠣が入っていますので、普通の純豆腐(スンドゥブ)より、出汁がよく出て美味しい!

KOR_0502_0104

そろそろ違う韓国料理を食べたい方には、こんな裏メニュー(?)オススメです。

韓国の健康食『コンビジタン』

02 5月
2011年5月2日

韓国料理によく登場するのが「コン」と呼ばれる豆もやし。 ナムルというおかずでも定番、コンナムルクッという汁物や海鮮鍋のヘムルタンにも入ってるし、とにかくお目にかからない日はないほど利用されている食材です。

KOR_0501_0101

今回ご紹介したいのは「コンビジタン」という料理。 「コンビジ」というのは日本で言う「おから」のこと。 ですので日本語に訳すと「おから汁」ということになりますね。 このメニュー、韓国料理とは思えないほど薄味なので、醤油などでお好みの味に整えます。 非常にシンプルで健康的な料理です。

KOR_0501_0102

「コンビジタン」がメニューにあるお店は、だいたいが「コン(大豆)」専門店。 豆腐などがメインのヘルシー料理店です。 日本人にも人気のスンドゥブ(純豆腐)などは、こういうお店で食べると美味しいんです。 他には「コンカス」というトンカス(トンカツ)ならぬ、豆腐カツのようなメニューもあるのでこちらもオススメです。

KOR_0501_0103

また、こういったお店ではご飯を石釜で炊いて出してくれることが多く、これが韓国人にはたまらないらしいのです。 何がたまらないかというと、ご飯ではなく石釜に付いた「おこげ」。 これ、ホントに韓国人は好きです。 ご飯は別の茶碗に盛って、残ったおこげにお湯を注ぎます。 ご飯やおかずを食べきったころ、おこげはふやけていい感じに。

KOR_0501_0104

この香ばしいおこげとおこげスープが食後の口中をさっぱりとしてくれます。 確かに美味しい。この韓国人的食べ方、ぜひお試しください。

うなぎ(チャンオ)専門店

23 3月
2011年3月23日

観光地ではあまり見かけない「うなぎ(チャンオ)専門店」に行って参りました。 このお店の昼食のメニューは・ウナギ定食15000ウォン、刺身定食15000ウォン、刺身丼6000ウォン、うな丼6000ウォン、ホヤ丼5000ウォン、鍋(2人前から)5000~7000ウォンなどです。 写真は「うな丼」ですが日本人だったら「これは何?」と思うことでしょうね(笑)。

KOR_0302_0101

韓国料理のどんぶりモノは「○○トッパプ」といいますが、大体ビビンパのように激しく混ぜるのが特徴です。

これもその一種でしょうが、ウナギをぐちゃぐちゃに混ぜるのは、あまりに勿体ないので、私はご飯と野菜だけを混ぜて、その上にウナギを乗せました。 日本でのうな丼は少しのお新香と、うなキモのお吸い物がついてるだけでしょうが、やはり韓国、おかずは沢山です。

KOR_0302_0102

韓国人が、日本に旅行に行った時に大部分がっかりするのが、このおかずのなさだそうです。 日本では頼んでないのにツキダシが出てきて、しかも請求されますしね(^-^;

さて日本との違いのもう一つは、日本ではウナギを一度蒸しますが、韓国ではそのまま焼きます。

なので、ふわっとした食感はあまりないようです。 このお店も外はカリッと中はやわらか、といった感じです。

KOR_0302_0103

韓国でもウナギは高級食材ですので、土地単価の高い観光地では経営が難しい食堂だと思います。 ですので日本人観光客の目にとまることがあまりないでしょう。 うなぎ(チャンオ)専門店のほとんどは店の前に水槽があり、生きたうなぎを炭火で焼くというのが一般的です。 私もピチピチ動くうなぎを焼く様を見たのは、韓国に来て初めてでした。 ちなみに夜のメニューは、お刺身(うなぎではない)盛り合わせ(大~小)5万~3万ウォン位、ウナギ(大3匹/約2人前)4万ウォン位などです。 ※お店によって価格は変わります。

日本とは違った韓国流の食べ方でぜひ、うなぎを堪能してみてください。

 

韓国洋食事情【パスタ編】

03 3月
2011年3月3日

少し前になりますが、韓国ドラマ『パスタ』が人気を博しておりました。 現在は日本でも放送されているとは思いますが、ドラマの話はまたにしてパスタのお話です。

個人的な話で恐縮ですが、私はもともと洋食や麺類があまり好きではありません。 頑固なまでのご飯党ですから、ご飯でない炭水化物でお腹を満たすことを良しとはできないようです。

そんな私でも、たま~~~~に麺類が食べたくなる時があります。 そういう場合は大体うどんを選択しますが、ごくごくたまにパスタを食べたいなどと奇跡のような瞬間があるわけです。

しかし今までの韓国では(ただでさえ好きではない洋食なのに)「マズい上に高い韓国洋食」として、絶対に食べたくない料理のダントツ一位となっていたわけです(苦笑)。

KOR_0301_0101

それが今や、どうでしょう!こんなにオシャレに!しかも美味しく進化しました(TT)

マズいのは解消されましたが高いのはまだまだで、これで9900ウォンです。 と言っても、2人で食べても十分なほどの量はあります。

KOR_0301_0102

ピザは7900ウォンで、これはお腹を満たすには十分ではないようです。 しかし、やっとこのレベルのピザが登場したことがすばらしい! 高くても、たまには食べたいという気にさせてくれただけでも非常にありがたいことです。

KOR_0301_0103

こちらのサラダはサービスでついてきました。 明洞にできた最近のパスタ専門店は、どこもこの位のレベルのようです。

今回の投稿、かなーり個人的な主観が入っておりますが、韓国旅行中でも洋食が食べたくなったら迷うことなくパスタ、おすすめです!

 

Copyright© 2017 韓国情報 All Rights Reserved.