月別アーカイブ: 11月, 2010

ホテル、ビュッフェ、韓流スター。なんて便利なビル!

28 11月
2010年11月28日

ソウルでは今、ホテルがとても不足しているようです。 今までオフィスビルだった建物の上階3~5階分をホテルにするなど、苦肉の策が取られつつ、 それでもいつも満室で日本人のみならず、中国人からも不満の声が後をたたないようです。 さてそんな中、明洞の一等地にホテルやビュッフェ、韓流スターカフェを有するビルとして新生した建物があります。

KOR_1102_0201

今や日本でも大人気の少女時代やスーパージュニアをイメージモデルにした「SPAO」というファッションメーカーが1~3階。 4階はスターグッズ販売やスターとのプリクラが撮れるカフェになっています。 そしてスカイパークホテルが8~11階を占め、ビュッフェは5階に位置します。

KOR_1102_0202

KOR_1102_0203

この「ASHLEY」というビュッフェ。 ランチ12,900ウォン、ディナー22,900ウォンという価格帯で非常にリーズナブル。 これで食べ放題なんですから十分、元が取れますね! 但し、ちょっと惜しいのが韓国料理ではないこと。 ほとんど洋食なので、お間違えのないように。

KOR_1102_0204

さて、私好みのお皿。 盛りつけはあまり上手くないのですが、スパゲッティとピザ、サラダをメインにしてみました。 メニューはステーキの追加(別料金)なども可能で、もちろんフルーツやデザート、ジュース、コーヒーもお代わり自由です。

KOR_1102_0205

席は窓際で、天井から床まですべてガラス張り。 しかもガラスを斜めに施工してあるので、落ちそうな気分です。

KOR_1102_0206

ゴチャゴチャした明洞では、眺めが良いとはお世辞にも言えませんが、上から眺める明洞も風情があるのかもしれません。

 

11/11はペペロディ。11/8は…?

17 11月
2010年11月17日

韓国通の方は、11月11日のペペロディというのをご存じでしょう。 知らない方のために説明しますと。 ペペロとは、お菓子の商品名で日本でいうポッキーのこと。 (ポッキーのライセンス商品だと思うのですが…たぶん。)

KOR_1102_0101

棒のような模様の数字が「1111」と4つ続くので、その日をペペロの日と決めたようです。 恋人同士のイベントは数あれど、友達同士のイベントは少ないとのことで、この日は友人同士でプレゼントしよう!というコンセプトで始まりました。 しかし今では恋人同士、会社の同僚、上司などへプレゼントしあう日になったようです。

KOR_1102_0102

巨大ペペロはこの時期にしかないので、私もこの日ばかりは、でっかいペペロを求めてスーパーへ買いに走ります。 そして、みんなで食べるのが韓国式なのです。

KOR_1102_0103

さて、そのペペロディの話をしている最中に小耳に挟んだ情報が11/8は「ブラディ」。 んむむ?聞いたことないのですが…? よく聞くと11をヒモに見立て、8を横にする。 すると・・・「ブ、ブラジャーの日!?」なのだそうです(^-^;

KOR_1102_0104

この日は、男性が女性にブラジャーを贈る日だとか。 しかし男性が女性下着専門店に行くのは無理でしょう。このイベントは流行らないな。 と思って、お店を見に行きましたところ、いました?男性が! しかも女性と一緒に下着を選んでる!

すごい。日本では考えられない光景です。

バレンタインの時も花束かかえて誇らしげに歩いている韓国人男性をよく見かけますが、こういうの恥ずかしい部類ではないのでしょうね…?

となると、この「ブラディ」。定番イベントになる可能性があるかもしれません。

南大門のポジャンマチャ(屋台)

09 11月
2010年11月9日

韓国は本当に屋台が多いのですが、今回は南大門のポジャンマチャ(屋台)を紹介します。 正直に言うと夏場はちょっと気をつけて欲しいのですが、そろそろ涼くなってきたのでポジャンマチャ(屋台)を楽しむには良い季節です。

KOR_1101_0201

数多いポジャンマチャ(屋台)でも、地域によっては特徴があります。 南大門のポジャンマチャ(屋台)は呑兵衛メニューとでも言うのでしょうか(^-^; 上の写真、奥からサザエ、砂肝、タコ、ヤツメウナギ、エビです。

このヤツメウナギ、韓国語ではコムジャンオと言います。 見た目はグロテスクなのですが料理として出てくるとそんなに気になりません。 コリコリした食感で、精力モリモリになるそうです。 男性にオススメの一品。

KOR_1101_0202

上の写真は同じ屋台の上を撮ったものですが、これだけの材料が所狭しと並んでいるのは見るのも楽しくなります。 最近は焼き鳥も多く見かけるようになりました。 手前右は正肉、左はハツです。奥は左からオドルピョ(ナンコツ付豚バラ)、テジコプテギ(豚皮)、タクパル(鶏足)! 名前だけ聞くと引いちゃうかもしれませんが、豚皮、鶏足はコラーゲンたっぷりの美容食です。女性にオススメ!

KOR_1101_0203

さて呑兵衛メニューはノーサンキューという方には、定番のチヂミやトッポッキなどのメニューもあります。 価格は大体、一皿1万ウォンくらい。ちょっと高めに感じますが韓国は量が多いのが特徴です。 呑兵衛の私としてはお気に入りの屋台です。 屋台はちょっと恐いなぁと思ってた方も、ぜひ一度トライしてみて下さい。

 

ソウルの昼食費は…?

05 11月
2010年11月5日

韓国人は、とてもコーヒー好きです。 韓国のお昼休みは、食後に広場でコーヒーを飲みながら雑談というのが一般的です。 その風景も最近では、ずいぶん様変わりしました。

KOR_1101_0101

上記写真のようなオシャレなコーヒーショップが次々に誕生。 道ばたにはテイクアウトコーヒーの店が、100m間隔で営業しているといっても 過言ではありません。

もちろんスタバなどのチェーン店も数多くあります。 そして、どの店も価格は3~4,000ウォンほどもするのです。

KOR_1101_0102

明洞で昼食をすると、最低6000ウォンほどかかります。 贅沢するなら1万ウォン以上の定食も少なくありません。 それに3~4,000ウォンのコーヒーですから、毎日1万ウォンとして月に20万ウォン(約1万5千円)も昼食だけに使う計算になります。

う~ん。日本よりお金持ち?と悩んでしまいますね…(^-^;

KOR_1101_0103

さて、そのカラクリはと言いますと。 就職条件で、韓国と日本の一番の違いが 日本=交通費支給(食費自己負担) 韓国=食費支給(交通費自己負担) これなのです。

日本では会社にもよるとは思いますが、食費を一部支給したり、社員食堂があったりと様々ですけれども、韓国は食費(一食分5,000ウォンほど)を支給して、交通費支給なしが一般的です。 恐らく交通費が安いこと、また食事が大事という文化ですから、そうなっているのでしょう。

KOR_1101_0104

上記写真のグレーの機器はインスタントコーヒーの自販機で、ほんの数年前までは食後の定番として欠かせない物でした。 コーヒー1杯の価格も3~400ウォンと、実に10分の1。 韓国経済の成長と共にオシャレで美味しいドリップコーヒーが台頭し、今はもう古い自動販売機は、その役目を終えようとしています。

 

Copyright© 2017 韓国情報 All Rights Reserved.