月別アーカイブ: 5月, 2011

韓国のしゃぶしゃぶ

26 5月
2011年5月26日

しゃぶしゃぶというと日本料理か中国料理か…? 日本で有名な料理ではありますが、韓国でも有名で韓国人の大半は日本料理と思っているようです。 (ただし中華料理店にも、このメニューがある場合があります。) また韓国では日本料理ブームの最中で、しゃぶしゃぶは競争率が高い飲食店です。

KOR_0502_0201

そんな中、最近は2種類の味が楽しめる鍋が当たり前。 片方は肉、もう片方は海鮮類と言った具合で、だいたいが肉側が辛いスープです。

KOR_0502_0202

日本ではあまり煮込まず、素材の味を楽しむのがしゃぶしゃぶという料理ですが、韓国では野菜や海鮮類はドカドカと鍋に入れて煮込むし、日本で食べるしゃぶしゃぶを想像すると色んな思いにかられます(^_^;) しかし、これはもう違う料理と考えた方がいいかもしれません。

KOR_0502_0203

それでも肉だけは1枚1枚各自でしゃぶしゃぶできますので、ちょっとホッとします(^_^;) ただし韓国人と行くと、肉も全部入れられたりする時があるので、ご注意ください(笑)。

KOR_0502_0204

もうひとつ注意していただきたいのは、こういったお店は韓国式におかずや付け合わせ、野菜などのお代わり自由ではありませんので、そこはよくお確かめの上、注文して下さい。

牡蠣(クル)専門店のメニュー

23 5月
2011年5月23日

韓国料理というと肉類が多い気がしますが、韓国人は意外と(?)海鮮類が好きです。 なかでも牡蠣(クル)は食べやすさもあってか専門店があるほど。 韓国で牡蠣をどう食べるかというと、日本人に有名なところではチヂミ(パジョン)に入っていたり、韓国人に定番のメニューは牡蠣(クル)クッパという汁物です。

KOR_0502_0101

今回ご紹介したいのは、その牡蠣(クル)クッパの専門店。 明洞(ミョンドン)にあるクルサランというお店です。 普通に牡蠣(クル)クッパを紹介しても面白くないので、変わりメニューを紹介します。 ひとつは「パンゲタン」というメニュー(上写真)。

KOR_0502_0102

見た目は、あの有名な參鶏湯(サムゲタン)ですが、通常一羽入っている鶏が半身と牡蠣(クル)が入っているため、その名も「パンゲタン」。 冗談のようなネーミング(^_^;) そして鶏と牡蠣が合うのかなぁ…と思いきや、意外とクセがなくていけます。 価格も7000ウォンほどとお手頃なので、あれこれ食べたい欲張りな方にはオススメです。

KOR_0502_0103

もうひとつは、知る人ぞ知る「純豆腐(スンドゥブ)」。 これにも牡蠣が入っていますので、普通の純豆腐(スンドゥブ)より、出汁がよく出て美味しい!

KOR_0502_0104

そろそろ違う韓国料理を食べたい方には、こんな裏メニュー(?)オススメです。

梨泰院のバー

17 5月
2011年5月17日

ソウルにある梨泰院(イテウォン)といえば、外国人の多い街。 アメリカ軍が近くにあることから、昔から異国情緒あふれる雰囲気を醸し出しています。 軍服や革製品、アクセサリーからレストランなど外国人(軍人?)が好むショップが立ち並んでいます。

KOR_0501_0201

さて今回は、ハミルトンホテル前にある「SEOUL PUB」というバーに行ってみました! この辺は知らない店って、ちょっと入りにくい…。 どんなものかと興味津々で入ってみたら。

KOR_0501_0202

すごい。外国人ばかり…(いや私も外国人か…)。 韓国のソウルにいることを忘れてしまいそうなほど、ここは外国。 中には韓国人もいるようですが、会話は英語…? なにか場違いなところに来てしまった気分です(^_^;)

KOR_0501_0203

奥ではビリヤードをやっていたり、座って話している人もいますが、立って飲んだり話したりと店内はもう行き交う人でグチャグチャ。 そんな状態なので、オーダーは現金でその場で払います。

まるでハリウッド映画で見たシーンそのままです。 誰にも関心がないようでいて、目が合うとジーーッと見つめたりするのは外人ですねぇ(^_^;) ちょっとタジタジです。

しかも、うるさい。 一緒に行ったメンバーと会話が聞こえないので、自ずと距離が近くならざるを得ず、声も大きく話さなくてはいけないので帰る時は声がガラガラになってしまいました。 近場でアメリカ体験(?)、たまにはいいかも…です。

 

韓国の健康食『コンビジタン』

02 5月
2011年5月2日

韓国料理によく登場するのが「コン」と呼ばれる豆もやし。 ナムルというおかずでも定番、コンナムルクッという汁物や海鮮鍋のヘムルタンにも入ってるし、とにかくお目にかからない日はないほど利用されている食材です。

KOR_0501_0101

今回ご紹介したいのは「コンビジタン」という料理。 「コンビジ」というのは日本で言う「おから」のこと。 ですので日本語に訳すと「おから汁」ということになりますね。 このメニュー、韓国料理とは思えないほど薄味なので、醤油などでお好みの味に整えます。 非常にシンプルで健康的な料理です。

KOR_0501_0102

「コンビジタン」がメニューにあるお店は、だいたいが「コン(大豆)」専門店。 豆腐などがメインのヘルシー料理店です。 日本人にも人気のスンドゥブ(純豆腐)などは、こういうお店で食べると美味しいんです。 他には「コンカス」というトンカス(トンカツ)ならぬ、豆腐カツのようなメニューもあるのでこちらもオススメです。

KOR_0501_0103

また、こういったお店ではご飯を石釜で炊いて出してくれることが多く、これが韓国人にはたまらないらしいのです。 何がたまらないかというと、ご飯ではなく石釜に付いた「おこげ」。 これ、ホントに韓国人は好きです。 ご飯は別の茶碗に盛って、残ったおこげにお湯を注ぎます。 ご飯やおかずを食べきったころ、おこげはふやけていい感じに。

KOR_0501_0104

この香ばしいおこげとおこげスープが食後の口中をさっぱりとしてくれます。 確かに美味しい。この韓国人的食べ方、ぜひお試しください。

Copyright© 2017 韓国情報 All Rights Reserved.