韓国の春はケナリ(レンギョウ)

25 4月
2011年4月25日

KOR_0402_0101

震災の影響で、日本では花見を自粛する雰囲気のようですね。 確かに被災者の方々を思えば、呑んでる場合じゃないと思いますが、 何か沈んだ心を和ませるために花を見て過ごし、明日への活力になるなら 花見も良いのではないかと思うのです。 お酒を飲まなくても、花見に行かなくても、せめてネット上で桜を楽しんでいただければ幸いです。 上記写真はソウルの桜です。

KOR_0402_0102

さて、日本では春と言えば「桜」ですが、韓国に一番に春を告げるのは「ケナリ(レンギョウ)」の黄色い花です。 韓国人は、この花をこよなく愛しているように見えます。 ただ、その表現方法は日本人とはまた違って「密かに愛でる」といった感じでしょうか。

意外な感じがしますが、韓国では花見でフィーバーする風習はありません。 また、韓国人の豪快な性格を思えば、この花は小さくて可憐で、韓国人にそぐわない印象があります。 しかし豪快で性急で大胆で、という一方で静かに悲しみを忍耐し受け入れようとする「恨(ハン)の心」という性格も持ち合わせているのが韓国人です。 私はそんな韓国人の性格の一端をこのケナリが象徴しているように感じるのです。

KOR_0402_0103

紹介している写真は、ソウルの蚕室(チャムシル)にあるロッテワールドに隣接する石村湖の岸辺です。 今の時期はケナリを楽しめますが、ソウルの花見の時期は4月後半〜5月初旬です。 日本で桜を楽しめなかった方は、ぜひソウルで楽しんでください。

KOR_0402_0104

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 韓国情報 All Rights Reserved.