タクシーの乗り方講座

27 6月
2011年6月27日

最近、日本人観光客は客層がガラリと一変しました。 以前はヨン様ファン系のおばさま方が、その多くを占めていたのですが、今では何やら20代の女子がたくさん。 これって、KARAや少女時代の影響なんでしょうね?

さてそのため、今までリピーターが多かった韓国旅行客も初心者が増えたようですので、今一度韓国旅行の注意点などを投稿してみようと思いました。 (リピーターの方には当たり前の話かもしれませんので、ご了承を)

KOR_0602_0201

ソウル市内では方向にもよりますが夜9時を過ぎると、なかなかタクシーがつかまりません。 それは乗車拒否が多いからなんですが、上記写真はタクシー運転手と交渉中の韓国人。 日本人観光客は、おそらく運転手には一目でわかるので乗せたい、乗せたくないタクシーはハッキリ分かれます。

ですので、できれば日本人とわからない雰囲気でタクシーを捕まえるのがいいでしょう。 それにはまず大人数ではないように見せかけること。そして荷物を隠すこと。

他にも色々あるのですが手っ取り早い方法としては、やはり黒い車体の模範タクシー、またはソウル市推奨のオレンジ色のタクシーをご利用ください。 そしてもう一つ、こんなタクシーがあります。

KOR_0602_0202

車内から撮ったので逆さですみません。 パッと見「不親切」なタクシーかと思ってしまいますが(^_^;) 表現が中国式なのでしょうか。ニコニコマークを見る限りは大丈夫なのでしょう…。 これ「不親切なら料金返還」と書いてあるのですね~。

KOR_0602_0203

車内にはさらに詳細な内容が書いてあります。 「不親切 料金返還/私たちの家族が親切に対応しなければ、料金は会社が返金致します。」 そして電話番号が書いてあるので、何かあったら会社に電話しろということなんですね。

タクシーにも色々ありますので、こういう情報をひとつでも持って韓国におこし下さい。

 

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 韓国情報 All Rights Reserved.