カテゴリー: 観光

『マレー系民族衣装 バジュコロン—マレーシア滞在中にはぜひオーダーメイドを』

28 7月
2011年7月28日

日常でも民族衣装を着るのが当たり前なマレーシア。チャイナチョンサムやインドサリーは結婚式やパーティーなどで主に着用されているようだが、マレー系のバジュコロンは普段着としても定着している。 続きを読む →

『ストライクゾーンで気持ちのいい汗を流そう!—– バッティング・ケージ』

23 6月
2011年6月23日

初心者からプロ志望者まで楽しめるダマンサラ ショッピングモール1ウタマ屋上の「バッティング・ケージ(Batting Cage)」へようこそ!!
ハイ・ストリートにあるパークソンに一番近いエレベーターでUR(屋上)にいくのが一番近道だが、グランドフロアと1階のOvalインフォメーションカウンターからフロアにステッカーが貼られているので、それをフォローしても到着できる。 続きを読む →

「キャンプ5(Camp5)」で楽しさの追求!

16 6月
2011年6月16日

気持ちよい環境のインドアでフィールド・アドベンチャーを楽しもう!
ロッククライミングは、登りきった時の爽快感、今までできなかったルートをクリアした時の充実感が魅力なスポーツだ。 続きを読む →

『インドの100%ナチュラルハーブで癒すアユルベディウム』

07 6月
2011年6月7日

「火、水、風のドーシャ」というのを聞いたことがあるだろうか?インド古来から伝わる伝統的な医療「アユルヴェーダ」で説いているもので、人間の身体には、それぞれ生まれ持った体質があり、それは3つの要素「火、水、風」から成り立っているというもの。この「アユルヴェーダ」で癒しを体感できるスパがKL、ブキ・ビンタンの高級ショッピングセンター、スターヒル・ギャラリー内にある。インドへ行かなくてもアーユルヴェーダが体験できるのだ! 続きを読む →

『ようこそペトロサインス(Petrosains)へ!』

10 5月
2011年5月10日

科学、テクノロジー、石油に関する知識を興味深く展示している「ペトロサインス(正式名:ペトロサインス・ザ・ディスカバリーセンター)」は、ペトロナス・ツインタワー内にある近代的な科学博物館で、家族連れや学生にとても人気があるスポットだ。盛りだくさんのアトラクションに、小さい子供から大人まで半日は楽しめることあって特に休日や学校の休暇ともなれば子供連れが長い列を作る。
同娯楽博物館は、マレーシア国営の石油会社「ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)」によって1999年3月25日にオープンしており、外の入り口からは想像できないほどの広い館内は、7,000平方メートルという広さだという。先端技術を駆使したおもしろい展示品やアトラクションが多く、興味深い科学装置を触ったり、引いたり、押したりしてイントラクティブに科学を、そして石油に関する科学技術の発展を学ぶことができる。
MR0501_0201

工業国となってからのマレーシアは、IT関連機器や国産自動車の生産も盛んだが、なんと言ってもマレーシアの主要産業は古くから天然ゴムや錫、そしてなにより石油と天然ガスだ。

MR0501_0202

入場は小さなトロッコに乗って真っ暗な闇の中へ。
すぐに周りはレインフォーレストとなり、あたかもジャングルの中にいるようだ。そのうち、そのまま飛行して山の頂上に行ったと思ったら、いきなり海中へと突き進む。―――最後には資源の豊富なマレーシアの様子が映し出され、ようこそ「ペトロサインス」へと出たところで到着だ。
ここからは、トロッコから降りて自分で歩いていく。

MR0501_0203

エキサイティングなおすすめアトラクションには、3Dシアターやバーチャルヘリがある。ヘリコプターのシュミレーションを体感するスリル満点のアトラクションは、トレンガヌ沖合の油田を目指してテイクオフ!100キロメートル海上飛行中急に雲行きがおかしくなり、悪天候の末、無事巨大なヘリポートに着陸するという設定だ。また、地震が小・中・大と段階のレベル(震度4~8)でが体験できるコーナーもある。地震のないマレーシアで、唯一地震を体験できる場所かもしれない。
一般科学知識を集めた展示やアトラクションもとてもよく作られているが、やはりとても関心をせざるを得ないのは、石油に関するありとあらゆる展示品と解説ではないだろうか。「太古の世界」から作られている原油という物質を、地学、生物学、細胞学、エネルギー、技術、と様々な角度から解説した展示が繰り広げられており、興味が沸いてくる。海上プラットフォームの建設。巨大な掘削櫓を固定し、海底ボーリングを行う様子なども。

MR0501_0204

40億年前に生命が誕生し、変動する地球環境に適応して多様な生物が進化してきた太古の歴史から遡るコーナーもある。
化石の探し方、死んだ動物の塵が積もる様子、鉱石の種類、石油のでき方、石油は恐竜がいたころにできたことを見ながら進み太古の自然・地理・地質学を学ぶ。火山が活発だった恐竜時代の空気の臭いが嗅げるユニークなアトラクションも見ものだ。

MR0501_0205

イントラクティブな科学館なので、説明を読むだけではなく、自分で聞いて、触って、体験して欲しい。
また、所々にスタッフがいるのでわからないことは質問してみては。赤い制服を着たスタッフと黄色の制服を着たスタッフがいるが、黄色の制服のスタッフはボランティアさん。200人以上も交代でいるとか。
本館も「ペトロサインス・スピード!」の方も、科学の実験コーナーがあって本格的な教育エンターテイメント施設といった感じだ。ディズニーランドばりのアトラクションを擁するいわば石油のテーマパークで3時間以上たっぷり遊べるだろう。また、ベビーカーも身障者用車椅子もラクラクに動けるバリアフリーの環境だ。

<一口メモ>
ペトロナス (Petronas) は、1974年8月17日に創設されたマレーシアの石油・ガスの供給を行う国営企業。
トレンガヌ州海域やジョホール州海域、サバ、セラワク州沖合いにある油田の他にも、海外でも石油・天然ガスの探鉱、開発および生産事業を展開している。
1998年に完成したペトロナスツインタワーは、20世紀の高層建築としては最も高いうちの一つ、高さ452メートルの88階建てで、ペトロナスによって建築された。

住所:Level4, Suria KLCC, PETRONAS Twin Towers, 5008 KL
電話:03-2331-8181

大空高く舞い上がるバルーンを見上げる人に新鮮な驚きと感動を与える「プトラジャヤ国際熱気球フィエスタ2010」

08 4月
2011年4月8日

3月17日から20日までの4日間、「プトラジャヤ国際熱気球フィエスタ2010」がプトラジャヤのアラフ・バル記念碑に隣接するPrecinct2で開催された。
2009年から毎年恒例とされている同フェスタは毎年3回目を迎え、学校休暇の最後の数日とあって、家族連れで賑わい最終日は天気もとってもよかったので、美しいプトラジャヤの町並みとグリーンの景色の中、立ち上がっていくバルーンはさらに鮮やかに映えていた。
MR0401_0201
マレーシア・スポーツ航空連盟とAKA熱気球社主催による同ファスティバルの参加国はベルギー、USA、日本、オランダ、フランス、スイス、マレーシアなど14カ国で参加するバルーンの数は27個。飛行エリアは高度1000フィート以上、半径5キロ以内、プトラジャヤ内の別の空地に着地する。

MR0401_0202

数々のバルーンの中でも特に目を引くのはドラえもん。
マンガ大国を象徴した日本からのバルーンだ。
30年の熱気球飛行経験のあるベテラン伊藤さんが舵をとるドラえもんは、フェスタの中でももっとも人気のあるスターだ。何処の国でもいつの世代にでも有名で人気のあるドラえもんのバルーンは、マンガを出版している講談社にリクエストして作ったもので、初めての飛行は1990年アメリカのコロラドだったという。
3月11日に日本は大地震・津波による災害で大打撃を受けたが、伊藤さんは今は自分の出来る事を全うしたいと参加を決意したのだという。
子供から大人まで年齢を問わずにだれでも見て楽しめる夢とロマンを感じさせてくれた。

MR0401_0203

MR0401_0204

テイクオフ後は観客やビジターのために様々なアクティビティが行われていた。
午前8時から11時、午後6時から9時まで、一般客対象の繋留気球の試乗はRM10で ちょっとした空中散歩が楽しめる、そしてパラモーターショー(パラグライダーのハーネス部分にエンジンユニットを背負い、 推力を得て飛行するスカイスポーツ)、大会の名物となった夜間係留イベント。宵闇の中に、バーナーの炎だけで照らし出されたスペシャルプログラムも。
またキッズ用に塗り絵、スナップショット、ブロックビルディング、飛行機折り紙など様々な大会、ヘリコプター試乗、バザー、地元アーティストのチャリティー・コンサート、最終日の花火打ち上げなど。今年の観客動員数は30万人で、なんと昨年の2倍だった。
MR0401_0205

今年は、日本の大地震・津波のためにはマレーシア赤十字によって募金箱が4箇所に設置されていた。

MR0401_0206

MR0401_0207

『ブキ・ティンギを眺めながらゆったりと乗馬トレッキング!!まさに馬好きな人には天国の地がある!!』

01 4月
2011年4月1日

クアラルンプール市内から1時間もかからない郊外にあるブキ・ティンギのベルジャヤ・ヒルズ・ホース・トレイル・ライズ(Berjaya Hills Horse trail rides
)。パハン州だが、バツケーブ(Batu Cave)近くのKarak高速Gombak料金所から28キロメートルほどに位置し、Exit805のゲンティンハイランドへ行く途中。
KLからこんな近くに高地で涼しい場所があるなんてちょっと信じられない。ここにはKL周辺から乗馬のために通ってくる人や、ホーストレッキングを体験しに来る観光客も多く、学校の休暇期間や乗馬大会があるときにはとても賑やかになる。
ここでは、乗馬トレッキングガイドとして経験豊富なインストラクター資格保持者が勢ぞろいしている。

MR0401_0101

乗馬ファームのマネージャー、ローレインさんは、フレンドリーで笑顔がとってもキュート。小さなころから毎日馬に乗っており、何よりも馬を愛する「ホースレディー」だ。
ローレインさんによると、会員にならなくても、また乗馬衣服を揃えなくてもよいなどと、前よりも気軽に乗馬ができるようになったために、乗馬を楽しむ人が増えてきている、という。
またこの乗馬ファームは、個人の趣味がてらに経営しているファームではなく、イギリスやオーストラリア、その他様々な乗馬協会から認証されている乗馬ファームだ。
いろいろな国で何十年も乗馬ファームや乗馬協会運営の経験があるローレインさんがオーストラリアやアルゼンチンから、自分の目で確かめて、賢い、おとなしい性格の馬を選りすぐって買い付けているので、18頭の馬たちは全部従順でおとなしい性格ばかりで安全だ。実際、馬という動物は人間が怖がらせなければ、とってもやさしいのだという。

MR0401_0102
MR0401_0103

実際に乗馬にチャレンジしてみたが、女性の初心者の私には特におとなしい馬を割り当ててくれた。名前は「チャーリー」といって女性に一番人気の、とっても素直で乗りやすい馬。
スタッフは分かりやすい英語で乗り方を丁寧に教えてくれる。乗馬未経験者や初心者に安心感を持もらうよう、お客さんの気持ちを重視したレッスン・ガイドを心がけているとのことだ。
レベルに合わせて簡単なレッスンをファーム練習場内で受けてから、舗装道路を越え、森を抜ける乗馬トレッキングへ。
大自然の中を行くホース・トレッキングは格別だ。馬の上に座ると結構高くなるので、すれ違った乗用車を見下げる格好となるのも気持ちがいい。
2時間も乗り続けていると「もうお尻が痛い・・・」となるが、自分で綱をコントロールしたり小走りをしたりできるようになると楽しいし、年齢を問わずこんな貴重な体験は一生の思い出になることだろう。

MR0401_0104

MR0401_0105

10分のお試しや30分の乗馬レッスンなどの気軽に参加できるお手軽コースから、馬とのコミュニケーションを大切に考えたピクニック1日コースまで、多彩なコースがある。
いずれのコースも、出発前に馬場内で基本操作をレッスンするので、未経験者・初心者も安心して参加できる。3才の子供からシニアまで幅広く楽しめる。

MR0401_0106

MR0401_0107

Berjaya Hills Horse trail rides
28750 Bukit Tinggi, Bentong, Pahang Darul Makmur
09-288-8888

<珍しいパンの博物館—–ブレッド・タウン>

22 3月
2011年3月22日

開館してすでに数年の「ブレッド・タウン」は、パン工場内にあるパン博物館としてはアジアで初。毎日のようにシンガポールや香港、台湾、インドネシアからの外国人ツアー団体客や日本人学校、現地の学校から生徒が見学に訪れるという。「少しでもパンに興味を持って欲しい」と願って建てられたこの博物館は、教育とエンターテイメント的な要素が一緒になっていてパン好きの人にとってはとても興味深いだろう。

MR0302_0201

館内に入って、すぐにパンの歴史についてのスライドを約7分見る。スライドが終わったあとは、ガイドさんの説明を受けながら館内を見学。5,000年前、古代エジプトでパンが偶然に作れらて以来、時代の流れとともに移り変わっていく様子、原材料や小麦の挽き方、焼き方、機器の変化、国別による違いなどを、実物やレプリカを通して見ていく。古代エジプトから石器時代、ローマ時代、中世期と、どのようにパンが今のようにおいしく進化していったかがよくわかる。

MR0302_0202

「これは面白い」と思ったのが、パン工場内の上部に、端から端まで横切るように作られたガラス張りのチューブの通路。この通路は約300メートルもあり、見学者は、工場内でパンを作っている様子が上から見れるようになっている。形作られた小さなパン生地が、ベルトコンベアで流れ巨大オーブンに入り、大きくなって出てくる様子やパンを冷ます巨大なクーラー機は圧巻だ。
MR0302_0203

未来のパンコーナーも面白い。例えば、500円玉大の丸いピザ。太陽に当てて大きくして食べる。小エビのような小さなクロワッサン。水を少しかけるだけで大きくなり、食べたら3日もお腹がすかない、というパンも。すでに開発研究が済んでいるものもあるとか。商品化は実現するのだろうか、とても楽しみだ。
MR0302_0204

博物館の隣に145人が収容できる大型カフェテリアもオープンし、博物館の今後の計画には、電気光線でパンを焼いて絵を作るのが有名な、ニュージーランドのモーリス・ベネット氏を招いてのデモンストレーション、さらにベイカリー教室も計画している。

電話:03-5192-2888
住所:Lot72, Persiaran Jubli Perak, Seksyen21, 40000 Shah Alam Selangor
開館時間:午前9時~午後6時(木曜日は閉館)必ずガイド付きで見学をするので、電話による予約要。
料金:大人RM15、学生RM15、子供(6~12才)RM12

『Pyramid Ice—サンウェイ ピラミッドのアイススケートでクールに汗を流そう』 

15 3月
2011年3月15日

オープンして早くも10年以上たつ「ピラミッド・アイス(Pyramid Ice)」は、マレーシアで唯一のアイス・スケートリンクだ。シンガポールのフジ・アイスパレスよりも広く、300人が一度に滑れる収容力。熱い国のマレーシア人にとってアイス・スケートはなじみが薄いものだったが、今では有名な観光地となり、学校の休暇には地方からやってくるほど。ここピラミッドアイスでは、80才になる高齢者の常連さんもいるとか。アイス・スケートは子供は3才くらいから、高齢者でもトライできるスポーツとはよく言われたもの。年中トロピカルのマレーシアでアイススケートなんてピンとこないかもしれないけど、「スケートって夏が最高!!」かも。

MR0302_0101

ここではアジア・アイススケート協会(I.S.I.ASIA)によるアイススケートレッスンもある。早朝6時から個人レッスン、グループレッスンとあり、外国人コーチも指名できるようになっている。外国人コーチだとローカルコーチより20~30リンギ高め。定期レッスンに参加していなくても、初めての人のために、「ワン・タイム ウォーク・イン・レッスン」という30分間のレッスンも可能だ。

MR0302_0102

また、本格的にアイス・ホッケーなどの試合も出来る充実した施設にもなっている。アイスホッケー協会など2クラブからアイスホッケーの練習や大会も開かれており、アジア・スケート・トーナメント、ワールド・アイスホッケー、国内スケート大会など、いろいろな国際大会も開催している。

MR0302_0103

貸し靴のサイズは、3,4歳の子供用から超ビッグサイズまで、ソックスと手袋は必需品だが持ってこなかった人でも購入できるようになっている。
スケート靴やアクセサリーが買えるショップとともに、スケートリンクの周りは、ティーンのお好みのショップが立ち並ぶ。スケートをしない人でも、リンクを眺めながら軽食が取れる場所がある。

Pyramid Ice
LL3, Sunway Pyramid, Jalan PJS 11/15, Bandar Sunway, 46150 Petaling Jaya, Selangor D.E.03-7492-6800
www.sunway.com.my/pyramid

『総合駅クアラルンプール・セントラル駅(KL セントラル) 情報』

09 3月
2011年3月9日

2001年4月16日、正式にオープンしたKLセントラル駅は、72エーカーに及ぶ敷地内のモダンな5層からなる巨大な建物で、日本の建築家、黒川記章氏によってデザインされた。運営は、マレーシアン・リソーシーズ・コーポレーションの子会社であるセマサ・セントラル。KTMコミュター、近郊電車路線 のKTMインターシティー、高架鉄道のプトラLRT、KLIA空港とを結ぶKLIAエキスプレス(ERL)、と4種の鉄道網が交差する統合駅だ。2004年9月には、駅敷地内に高層ビルのヒルトンホテルとメリディエンホテルがオープンし、2006年には駅建物外の地上階にあたる自動車通行帯が、ラピッド KLバスのハブ、KLIA格安ターミナル行きバスの発着場になった。
MR0301_0201

1階
この階のコンコース両側がKTMコミュターとプトラLRTの切符売り場及び改札口。KTMコミュターとプトラLRTは互いに隣り合う形だが、どちらの路線からも1度コンコースに出て、改札しなければならない。KLIAエキスプレス乗り場に通じる通路は、コンコースに2本ある。

KTMコミュターは、全部で42駅、市内と近郊(セレンバンやラワン、クランまで)をカバーしており、昼間は15分間隔、夜9時から12時までは30分間隔で運行している。3~6番線がグランドレベルで、1階のトランジット・コンコースからもアクセス可能。
KTMコミュターを利用している人は、1日平均9万人で、KLセントラル駅の訪問客数は1日平均1万5000人。鉄道を使ったホリデーパッケージもあるので、ウェブサイトwww.ktmb.com.myをチェックしてみよう。
またプトラLRT( http://www.putralrt.com.my/)では、プトラ線とバスのラピッドKL両方を使う人のための定期券が大変お得だ。

MR0301_0202

国際空港 (KLIA)とKL セントラル駅を結ぶ鉄道KLIAエキスプレス(ERL)が2002年4月14日に正式開通しさらに便利になった。(www.kliaekspres.com)。また、KLIAに行く電車には、もうひとつ3駅に停車するKLIAトランジットがある。座席数は156席で指定ではない。全区間57キロメートルを、KLIAエキスプレスの場合はノンストップで28分、KLIAトランジットの場合はバンダル・タシッセラタン、プトラジャヤ&サイバージャヤ、サラッティンギに停車し、35分で結んでいる。
飛行便のチェックインカウンターなどの施設を備えた部分を、シティーエアターミナル(CAT)という。1階には、CATの乗り場フロアに通じる通路もある。CATへの入り口に向かうコンコースのはずれにサインボードとともに、切符の自動販売機と切符カウンターが設置され、マレーシア航空のチケットオフィスがあり、午後4時半から12時まで営業。マレーシア航空便、キャセイ航空とブルナイ航空、エアアジアの乗客に限って、出発時の預け荷物の預け入れと搭乗券の発行といったチェックイン手続きができる。

MR0301_0203

この階にはエアアジアの切符販売オフィスもある。たくさんの店がある。薬局のガーディアンの角を左に曲るとトイレがあり、そのトイレの所を行きすぎてすぐ左に曲がった廊下の右側にお湯が出るシャワー室がある。夜行列車の前または後の利用には好 適だろう。更衣室はシャワー室とは別で、それぞれ3室ある。
バスの乗り場は1階。エアアジアなどのバジェト・エアラインの発着するターミナル(LLCT)行きのスカイバスと、KLIA直行のエキスプレスコーチ、市内とその近郊を巡回しているラピッドKLが乗り入れている。
荷物一時預かり窓口は午前7時から午後10時半までのオープン。
ゲンティンハイランドとの間を直行で結ぶバス便が開始されたので、その切符売り場もある。ゲンティンハイランドへのバスの運行は毎日午前8時から午後7時まで、1時間毎に1本。同じ2階だが、切符売り場や銀行とは違う場所から出発している。

MR0301_0204

2階
2階建物出入り口のすぐ外側がタクシー乗り場バス発着となっている。この場からタクシーに乗る場合は、あらかじめ建物出入り口 の手前にあるチケット窓口でクーポンを購入。その他には2階にはブックショップや銀行 、ATM 、外国通貨両替所などの店舗が、そしてインフォメーションカウンターがある。(インフォメーションカウンターはトランジット・コンコースにもある。)

3階
プトラLRTの上り下りのプラットフォームがあり、1階のプトラLRT改札口からエレベータで結ばれている。またVIPラウンジやファーストクラス・ラウンジを備え、フードコートは広くゆったり したスペースにイスとテーブルが十分備わっているので、列車出発まで飲食後待ち時間を過ごせる。

MR0301_0205

その他お役立ちinfoとして、
*同駅の駐車場は820台収容可能だ。
*警察所は2階の北入り口にある。防犯カメラ(CCTV)も設置。紛失届については1階か2階のインフォメーションカウンターで詳細を。*診療所 は2階で午前9時~午前12時までオープンしている。*ロッカーは1階と2階にあり、1日1リンギ(50セント2枚必要)(約65円)。*バリアリーフ構造で車イスの人にも安心。
*また、赤ちゃんケアのために必要な母 親用の部屋もある 。
あちこちに吊り下げられている案内・情報板には親切にも日本語も併記されているので、迷うことはないだろう。

Copyright© 2017 マレーシア情報 All Rights Reserved.