月別アーカイブ: 8月, 2008

ランカウイ島 マングローブツアー

20 8月
2008年8月20日

ランカウイで人気のツアーといえば、
海洋公園であるパヤ島へのダイビングとシュノーケリングのツアーですが、
もう一つ人気のツアーが、マングローブツアーです。

島の北側にあるタンジョン・ルー(Tanjung Rhu)の海岸は、
川からの淡水と海水が入り混じっているのでマングローブが多く生育しています。

02_01
白い砂浜のタンジョン・ルー・ビーチ。

ビーチから程近い船着場からボートに乗ります。
船着場から既にマングローブが辺り一面に生育しています。

02_02

川を少し進んで、鷹の餌付けポイントへ。
天気が良い日は野生の鷹がボートの近くまで飛び回ります。

02_03
迫力満点!

鷹を一通り堪能した後はまた川を進みワニ洞窟と呼ばれるポイントへ。

02_04

私が訪れた時は生憎満ち潮でしたが、
引き潮の際は、向こう側まで突き抜けることが出来ます。
なぜワニ洞窟と呼ばれているのかというと、
この洞窟内にいたワニを目撃した人が沢山いるからだそうです!

次はコウモリ洞窟。
小さいながらも鍾乳洞の中に入ると、天井には睡眠中のコウモリがわんさか!

02_05
懐中電灯で照らしても寝たままです。
フラッシュ禁止でしたので暗い画像ですみません。

02_06
ガイドの方によると、この鍾乳洞は数億年前からあるそうです。

02_07
鍾乳洞の外には猿がいました。

コウモリ洞窟の後は海に浮かぶ養殖場にお邪魔して、
カブトガニやエイなどを目の前で餌付けしてくれたりと、盛り沢山な2時間半のツアーです。
帰りは海側を回って船着場に帰るので、ボートで風を切りながら眺める海や島は最高です。

02_08
この辺り一帯はユネスコのGeoforest指定区域。
大自然を満喫できます。

ボートチャーターは定員8名まで。
お友達やご家族だけでチャーターして出掛けることができるのが嬉しいですね。
他にはカヤックでこのマングローブツアーを行っている会社もありますので、
そちらもお勧めです。

日本とは違う、深い緑色をしたランカウイの海をぜひ満喫してください。

ランカウイ島 ケーブルカー

19 8月
2008年8月19日

ランカウイ島(Pulau Langkawi)は、西マレーシア北のアンダマン海に位置する島です。

エコツーリズムを推奨している島として、2007年にユネスコのジオパーク(Geopark)に指定され、
また免税の島としても有名で、一年中観光客で賑わう島です。

01_01
ランカウイのシンボル、鷹。
ランカウイの「ラン」は鷹、「カウイ」は大理石という意味です。

大自然に囲まれたランカウイ。
ダイビングやシュノーケリングなど、マリンスポーツが盛んですが、
島内にも大自然を満喫できる観光名所が沢山あります。

そんな観光名所の中でもお勧めなのがケーブルカーです。

01_02

マッチンチャン山の海抜700mまでケーブルカーで上ることが出来ます。

01_03

01_04
遠くに見える乗り場。

01_05
まだまだ上へ。

ここの目玉は何といっても吊り橋。
頂上から少し歩いた所に掛かっているのですが、スリル満点です。

01_06
怖くて泣いてしまう子供も。

晴れた日にひんやりとした空気の中、頂上から眺める景色は素晴らしいです。

01_07

01_08

雨や風が強い日は運休してしまうので、晴れた時に訪れることをお勧めします。

Langkawi Cable Car
Oriental Village
Jalan Teluk Burau, 07000 Langkawi
Tel. No : 604-959 4225
Fax No : 604-959 4121

Friday – Sunday – 9.30 am – 7.00 pm
Monday – Thursday – 10.00 am – 6.00 pm
Wednesday – 12.00 noon – 6.00 pm

大人1人RM25
子供1人(3歳~12歳)RM18

ノンアルコール香水

14 8月
2008年8月14日

マレーシアに住むマレー系国民は、イスラム教徒です。

ご存知の通り、イスラムでは豚を食すこととアルコールを飲むことはご法度です。

従って、アルコール成分が入っている香水を身に着けないという、徹底した人も中にはいるのです。
(もちろんイスラム教徒でもアルコール成分入りの香水を使う人は沢山いるのですが…)

そんな中、アラブ諸国をはじめとするイスラム国家では、ノンアルコール香水がメジャーです。

ノンアルコール香水の特徴は、香りの持続です。
香りを飛ばすアルコール成分が入っていないので、香りが蒸発していかないのです。
少量をつけるだけで朝から晩まで香ります。

マレーシアでは、Minyak Wangi(ミニャッ・ワンギ=香油)と呼ばれ、
ロールオンタイプのミニボトルに入って売られています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
小さいですが、一塗りで一日中香るので、使い切るのは至難の業。

ペナンにある有名な香油ショップは、1917年創業の「S.M. Badjenid & Sons」という老舗。
オリジナル香油はもちろん、海外有名ブランドの香りを再現した香油など、種類も豊富です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
S.M. Badjenid & Sonsの店内。
店員のおじさんの後ろの棚にずらーっと並ぶのが香油。

ミニボトル1本のお値段はRM10~RM20(約330円~約660円)とお手頃。
沢山の好みの香りをストックできるのが嬉しいですね。

S.M. Badjenid & Sons
Lebuh Pantai, 10300 Georgetown, Penang.
Tel: 604-261 1222
(土曜日は午前中のみ開店。日曜日は終日閉店)

ペナン盆踊り大会

09 8月
2008年8月9日

7月19日(土)にペナン盆踊り大会が開催されました。

日本領事館や日本人会主催の元、毎年7月に催しされる、
親日家の多いマレーシアではとても人気のあるイベントです。

日本から招待された伝統芸能はもちろんの事、
沢山並ぶ屋台(日本食を含む)も人気の秘密です。

01_01
東京からお越しになられた和太鼓演奏の方々。
力強いな演奏で盛り上がりました。

01_02
沖縄からお越しになられた琉球舞踊の方々。
踊りも衣装も音楽も素晴らしく、ローカルの皆を魅了しました。

01_03
出店が並んだ通りは人だらけ。
「食のペナン」ならではの風景。

01_04
注目は移動回転寿司のお店。
長い列が出来ていました。

そしてこの盆踊り大会の目玉は、なんといっても花火です!
ペナン周辺の日系企業からの寄付金で毎年の花火が実現しています。

01_05

01_06

日本の花火大会のように大規模ではありませんが、今年の花火も盛大でとても綺麗でした。
来年の7月にご旅行を予定されいてる方は、浴衣持参で参加してみてくださいね。

Copyright© 2017 マレーシア情報 All Rights Reserved.