月別アーカイブ: 3月, 2009

フェリー

25 3月
2009年3月25日

ペナン島と半島を行き来するには、ペナン大橋を渡るか、フェリーで移動するかのどちらかになります。
特に、ペナン大橋は徒歩では渡れない為、歩行者の移動はフェリーがメインです。

フェリーには、歩行者はもちろん、自転車、バイク、自動車や軽トラックでの乗り入れも可能です。
通常は一階部分はバイクや車専用で二階部分は歩行者専用ですが、
通勤ラッシュの際は二階部分も車両乗り入れになる場合があります。

02_01
今回はバタワース(半島側)からペナン島へ向かいました。
ラッシュ時だったこともあり、二階部分も車両乗り入れでした。

02_02
通常はこのように一階は車両専用、二階は歩行者専用です。

02_03
バタワースのフェリー発着場横には、漁船が泊まっています。

02_04
対岸には約20分で到着します。
ペナン島のシンボル、コムタービルを眺めながらゆっくりと進んでいきます。

02_05
ペナン島側のフェリー乗り場。

1985年にペナン大橋が完成する前は、フェリーが島と半島を結ぶ唯一の交通手段でした。
ペナン大橋を横目に景色を楽しみながら移動できるフェリーは、観光客にも人気の移動手段です。

観光の際に半島側に移動することがあるのなら、片道だけでもフェリーで移動してみてはいかがでしょうか。

Penang Ferry Service
http://www.penangport.com.my/english/facilities/ferry_cruise.htm

マレー風スポーツカフェ

17 3月
2009年3月17日

マレーシア国民は、サッカー観戦が大好きです。

英国領だったこともあり、マレーシアのサッカーリーグよりも、
イギリスのプレミアリーグ観戦がメインで、プレミアリーグのシーズンになると、
テレビがあるカフェに大勢のファンが集まり、楽しそうに観戦するのがマレーシア流。

ペナン島はバトゥ・ランチャン(Batu Lanchang)にあるカフェは、
サッカーファンが集う場所として有名です。
なぜかというと、店名が「ナシ・レマ リバープール」といい、
リバープールサポーターのオーナーによって営業されているから。

01_01

01_02

リバープールのカラーである赤に染まった店内には、
「リバープール・フォーエバー」なんて書かれています!

ここが有名なのは、このリバープールだらけのインテリアの他に、
店名にもなっている、ナシ・レマ(Nasi Lemak)というマレー軽食がとっても美味しいから。

ナシ・レマとは、ココナッツミルクで炊いたご飯に、辛いアンチョビチリソースがかかっていて、
ゆで卵、ピーナツ、きゅうりの付けあわせと頂く、マレーシアの代表的な軽食。
主に朝食として食べられていますが、このお店では夜でも味わえます。

01_03

01_04

大概、このようにバナナの葉に包まれて売られています。
お値段は付け合せや量によって様々ですが、典型的なこのサイズのナシ・レマですと、
RM1.00~RM2.00(約27円~54円)。

マレー系オーナーが経営しているので、アルコールは置いていませんが、
飲み物とナシ・レマを合わせて2人で300円もかからずお食事でき、サッカー観戦も出来る、
懐に優しいマレーシア流サッカー観戦が出来るこのお店、人気なのもうなずけます。
もちろんナシ・レマ以外の軽食もあります。

ちなみに私が訪れたこの日は、リバープールの試合ではなく、
マンチェスターユナイテッドの試合の日でした。
リバープールサポーターは全くいなかったかもしれませんが、
サッカーファンなら誰でもウェルカムな精神が、なんともマレーシアらしいところです。

60階からの眺め

10 3月
2009年3月10日

ペナンのランドマークと言えば、ジョージタウンある60階建てのコムター(Komtar)ビル。
政府関係のオフィスが多数入り、ショッピングセンターも含む複合ビルです。

バスステーションもあり、観光客で賑わうこのコムターの最上階は、
一般が入場できる展望フロアになっています。

02_01

以前はお土産屋さんやカフェなどがあったのですが、今は改装予定があるそうでガラリとしていました。
その為、ゆっくりと景色を楽しむには最適かもしれません。

02_02
ガーニードライブ(Gurney Drive)エリア。

02_03
海の上にうっすらと見えるのは、ペナン大橋。

02_04
ユネスコ世界遺産指定の、ジョージタウンエリア。

コムターまでお越しの際は、ペナンで一番高いビルの最上階からの眺めをぜひお楽しみください。

*****
入場料金:大人RM15.00(約400円)子供RM7.50(約200円)
営業時間:午前9時~午後9時
改装期間は現在未定。

チェンドル

09 3月
2009年3月9日

ジョージタウンはペナンロード(Penang Road)にある、いつ行っても賑わっている名物屋台があります。

01_01
平日の昼間もこの混み様。

ここはチェンドルを売っている屋台です。
チェンドル(Cendol)とは、マレーシアのカキ氷風デザート。

正確には、パンダンの葉で色と味をつけた緑色のゼリーをチェンドルというのですが、
それを乗せて食べるこのデザート自体をチェンドルと呼んでいます。

01_02
手前の容器に入っている緑色の細かいゼリーが、チェンドルです。

カキ氷に、煮た赤インゲン豆(小豆の場合も)とチェンドルを乗せ、
パームシュガーシロップとたっぷりのココナッツミルクをかけて頂きます。

01_03
一杯、RM1.70(約45円)です。

正直、見た目は余り良くないのですが、これがとても美味しく、私も大好きなデザートです。
この屋台の他にも、ペナンには沢山のチェンドル屋台があり、お持ち帰りも出来ますので、
ココナッツミルク好きの方はぜひ試してみてくださいね。

Copyright© 2017 マレーシア情報 All Rights Reserved.