月別アーカイブ: 5月, 2009

Nando’s

25 5月
2009年5月25日

多民族が暮らすマレーシア。

イスラム教徒はポーク、ヒンズー教徒や仏教徒の一部はビーフを食すことが出来ないため、
一番よく食べられているのはチキンです。

従って、レストランもチキンをメインにしたお店は、
どの民族も利用できるため、チェーン店が多いのが特徴です。

その中のひとつが、南アフリカが発祥の、
ポルトガルスタイルのグリルチキンをメインにしたNando’s(ナンドス)です。

02_01

スパイシーなオリジナルソースでマリネしたチキンを焼いたシンプルな料理なのですが、
シンプルだからこそ引き立つのはレモンの酸味がきいたオリジナルのソース。
辛くてスパイスたっぷりな食べ物が大好きなマレーシア人を虜にした、魔法のソースなのです。

辛さは4段階あって、自分の好きな辛さを選べます。

02_02
Nando’sの定番はクォーター(1/4)チキンセット。
サイドが2種類選べます。

そして、もうひとつの人気メニューはこちら。

02_03
ケバブのような串刺しチキン。
アラブからの観光客に特に人気のメニューです。

私はいつも、Hot Peri Periソースを頼みますが結構辛いです。。。
辛いものが得意の方は、その上のExtra Hot Peri Periソースに挑戦してみてください。

ペナン島には、Gurney Plaza(ガーニープラザ)とQueensbay Mall(クイーンズベイモール)にあります。

Nando’sウェブサイト
www.nandos.com

オランウータン・アイランド

15 5月
2009年5月15日

ペナン島から車で1時間ほどのペラ州にある、
Bukit Merah Laketown Resort(ブキッメラ・レイクタウンリゾート)。

このリゾートの目玉は、オランウータン・アイランドです。

オランウータン・アイランドは、広大な人工池に浮かぶ島全体が保護基金になっており、
オランウータンのリサーチやリハビリが行われています。

そもそも、オランウータン(Orang Utan)とはマレー語で「森の人」という意味。
現在も東マレーシアのボルネオに多く生息しています。

オランウータン・アイランドには、ボートで10分程で到着します。

01_01
ボート乗り場。

01_02
アイランド入り口。

この島では、オランウータンが主役。
人間は檻に囲まれた通路から、オランウータンたちを観察します。

01_03

01_04

ここで生活しているオランウータンたちは、母親が育児放棄をしたり、
病気を患ったりと、ジャングルでは生活できずに保護されたオランウータンたちです。
この島でリハビリを行い、最終的には森に返されます。

01_05
この生後4ヶ月の赤ちゃんは、母親が育児放棄をしたため保護され、
現在は施設スタッフが面倒を見ています。

ある程度大きくなったら、木にぶら下がる練習、巣を作る練習などのリハビリを経て、
他のオランウータンと交流し、自然に慣れたらジャングルへ還されるそうです。

01_06
オランウータンの子供たちが遊ぶエリア。
遊びながらジャングルでの生活に慣れさせているそう。

オランウータンの平均寿命は50歳だとスタッフが教えてくれました。
長い人生を故郷のジャングルで過ごしてもらうためにも、
この保護基金に関わっているスタッフたちは、毎日一生懸命努力しています。

ペナン島からは少し遠いのですが、オランウータン保護基金に興味のある方は、
ぜひぜひ訪れてみてください。

*****
Bukit Merah Orang Utan Island Foundation

Bukit Merah Laketown Resort,
Jalan Bukit Merah, Semanggol
34400 Perak, Malaysia
Tel: +605-890 8888
Fax: +605-890 8000
www.orangutanisland.org.my
寄付金、随時受付中。
*****

優雅にアフタヌーンティー

09 5月
2009年5月9日

シンガポールのラッフルズホテルを設計したことで有名な、サーキーズ兄弟。

この兄弟が、ラッフルズを手掛ける2年前の1885年に設計しオープンさせたのが、
ジョージタウンにあるEastern & Oriental Hotel(通称E&O)です。

コロニアル調の由緒あるこのホテルは、チャップリンが泊まった事でも有名で、
今も昔も、世界中の著名人たちに愛されています。

今回ご紹介するのは、ホテル内のレストラン「1885」で楽しめるアフタヌーンティー。

02_01
レストラン「1885」

イギリスの植民地だったこともあり、マレーシアではイギリス式のアフタヌーンティーがポピュラーで、
ここ「1885」では海を眺めながら優雅に時を過ごすことができます。

02_02

02_03

12種類ある紅茶から好きなものを選んだら、
サンドイッチ、スコーン、デニッシュ、タルトやミニケーキなどが運ばれてきます。
特に、ジャムとクリームを乗せて食べる焼きたてのスコーンは絶品です。

歴史あるE&Oで優雅にアフタヌーンティ、お勧めです!

*****
Eastern & Oriental Hotel
10 Lebuh Farquhar,
10200 Penang, Malaysia
Tel : +604 222 2000
Fax : +604 261 6333
www.e-o-hotel.com
アフタヌーンティー:
大人一人RM42++(税込み約1300円)
毎日午後2時半~5時まで。
席に限りがあるので事前予約することをお勧めします。
*****

Tune Hotel

01 5月
2009年5月1日

4月1日にジョージタウンにオープンした、Tune Hotel。
格安航空Air Asiaが運営する、ホテルチェーンです。

01_01

このホテルの最大の魅力は、激安の宿泊料金。
今現在は、来月のスクールホリデーにあわせて、
最低価格がなんと一泊RM8.00(約220円)からになっています。
この基本料金に、税や手数料が加わりますが、それでも合計RM20.00(約550円)程度!

低価格のカラクリは、オンライン予約のみ、そして部屋の予約状況によって変動するシステムにあります。
予約した時に、予約希望日の空き部屋が多ければ多いほど最低価格から予約が出来ます。

もうひとつのカラクリは、徹底したサービス削減システム。
部屋のエアコンも時間制で加算されます。
また、バスタオルを含むアメニティーも加算制。
使った分だけを払うという、とても合理的なシステムを導入しているホテルなのです。

安からといって設備やサービスが悪いわけではありませんので、
マレーシアではTune Hotelを利用する人が多くなってきていますし、
バックパッカーにも人気があるのもうなずけます。

ホテルは寝るだけ、という活動的な旅行者には最適のTune Hotel。
宿泊代を抑えて、ショッピングや観光に専念されたい方にはお勧めです。

Tune Hotel(チューン・ホテル)
http://www.tunehotels.com/

Copyright© 2017 マレーシア情報 All Rights Reserved.