月別アーカイブ: 11月, 2009

マレー風マンゴーサラダ

26 11月
2009年11月26日

タイ料理では日本人にも人気メニューの、パパイヤサラダとマンゴーサラダ。

マレー料理にもマンゴーサラダはあるのですが、タイ料理と一味違ったレシピになっています。
私もマンゴーサラダが大好きで、よく夕食のおかずの一品として作るので、
今回は、マレー風マンゴーサラダのレシピをご紹介します。

まずは材料。

02_01

左上時計回りで、マンゴー、レモン、チリ、玉ねぎ、ブンガ・カンタン。

マンゴーは熟していない、青くて酸味のあるものを選びます。
レモンは絞り汁を使います。ライム汁やお酢でも代用可能です。
チリは好みの辛さで使う量を調整してください。

マレー風マンゴーサラダのポイントは、ブンガ・カンタンと呼ばれる、食用花。
赤い蕾の部分を使います。
このブンガ・カンタン、独特の酸っぱい香りがして、サラダ、ラクサやスープ等に使われます。

材料の準備ができたら、材料を切ります。

02_02

マンゴーは千切り、レモンは絞っておき、玉ねぎは薄切り、
チリ、ブンガ・カンタンは小さく刻みます。

切った材料をボウルに入れ、フィッシュソース、レモン汁と
砂糖(ガムシロップでも可)を混ぜ合わせ、好みの味に仕上げます。
フィッシュソースの塩分が強いので、お塩は不要です。

よく混ぜたら、10分ほど置きしんなりさせ、味を落ち着かせます。

これで出来上がりです。

02_03

コリアンダーを仕上げに加えると更に風味が増します。

また、ブンガ・カンタンを使わずに、他の材料に加え、
干しえびや炒って砕いたピーナッツを混ぜ合わせるとタイ風マンゴーサラダに大変身です。

マレーシアでは年中買うことのできる安い食材で作れるこのマンゴーサラダ。
日本で手に入る食材でぜひお試しください。

HomeDec 2009

18 11月
2009年11月18日

リフォームやインテリアデザインがブームのマレーシア。

年に2回、6月と11月に開催される、HomeDecというイベントは大盛況します。

01_01

家具から家電、インテリアグッズ、リフォームグッズなどを扱っている
企業がブースを出し、商品を展示・販売しています。

01_02

01_03

インドアスタジアムを貸しきってのこのイベント、
3日間行われ、朝から夜9時までオープンしており、イベント会場内は大賑わいです。

やはり来場者の目当ては、HomeDecプロモーションと謳い、
格安の特別価格で販売されている商品です。

正規価格から50%~70%オフはもちろんのこと、今回は50インチテレビを購入すると、
32インチのテレビが無料でついてくるという驚きのプロモーションもありました。

まだまだマレーシアのインテリア熱は続きそうです。。。

ミーゴレン

15 11月
2009年11月15日

ミーゴレン(Mee Goreng)は、マレーシア風、またはインドネシア風の焼きそばです。
Meeは麺、Gorengは炒める・揚げるという意味です。

地域によって辛さや、味付け、具などが異なりますが、
マレーシアを代表する軽食のミーゴレン。
特に食のペナンで食べることができる、
インド系ムスリムのミーゴレンはとても有名な一品です。

02_01

ガーニードライブのフードコートにある、ミーゴレンの屋台。
一見普通に見える小さな屋台ですが、ペナン島民だけではなく、
他州からの観光客にもポピュラーな屋台です。

こちらがこの屋台のミーゴレン。

02_02

上に載っているライムを搾って頂きます。
砕いたピーナッツが隠し味のチリをベースにしたたれを絡めて
炒めた黄色のたまご麺(たれが赤くて麺の黄色が見えませんが・・・)
に、イカ、もやしや揚げ豆腐が入っています。

結構な辛さですので、辛い食べ物に慣れていないお子様には不向きですが、
辛いもの大好きな方には気に入って頂けると思います。

ガーニドライブ散策時にはぜひお試しを!

Famous Edgecumbe Road Mee Goreng
Kompleks Gerai, Persiaran Gurney,
10250, Penang
毎日営業 営業時間11AM-5PM
*ここのフードコートには、「お勧め軽食」という記事で以前紹介した屋台も営業しています。

水上モスク

01 11月
2009年11月1日

ペナン島北部タンジョン・ブンガ(Tanjung Bungah)にある水上モスク。
イスラム教徒には有名な観光名所です。

01_01

他州から訪れる観光客は、ここに訪れその記念に礼拝をしていきます。

01_02

以前は小さなモスクが建っていましたが、改装する際に水上に飛び出る増設案が採用され、
新たな観光名所が誕生しました。

イスラム教徒以外はモスク内には入れませんが、外観の写真撮影はOKです。

リゾート地バトゥ・フェリンギに向かう道中にありますので、
ご興味のある方は見事なイスラム建築デザインを堪能してみてください。

Copyright© 2017 マレーシア情報 All Rights Reserved.