月別アーカイブ: 12月, 2009

ココナッツゼリー

18 12月
2009年12月18日

最近の私のお気に入りのココナッツゼリー。
ココナッツミルクではなく、ココナッツジュースの爽やかゼリーです。

02_01

ココナッツの実を外側から中心部まで削いだ器の中にゼリーは入っています。

02_02

ふたを開けると一見ジュースのように見えるのですが、
とろーり緩めのゼリーになっています。

02_03

ぷるぷるしていてやさしい口当たり、そしてほんのり甘いゼリー。
私のようなココナッツジュース好きにはたまりません。

要冷蔵なので、買って直ぐに食べるか、お持ち帰りして食べるかなのですが、
やはりお勧めは持ち帰って冷蔵庫でキンキンに冷やして食べるのが一番。

このゼリー、ココナッツジュースにゼラチンや寒天を混ぜて作られているのではなく、
新鮮なココナッツを丸ごとオーブンで熱したあとすぐに冷やすことで、
ジュース内に含まれる成分が熱気と冷気に反応しゼリー状になるのだそう。
従って、無添加で砂糖も加えられていないので
ココナッツジュースそのものの味を楽しむことができます。

お子様も安心して口にできる自然の恵みたっぷりのゼリー。
ぜひペナンでお試しください。

Penang Coconut Jelly
201, Jalan Dato Kramat
10150 Penang, Malaysia

クリスピークリーム

12 12月
2009年12月12日

記事名でピンと来た方、そうなんです!
マレーシアにもクリスピークリームドーナツの店舗があるんです。

残念ながらペナン州にはないのですが、
首都クアラ・ルンプールに数店舗展開されています。

01_01

日本に帰る度、クリスピークリーム店舗前の
長蛇の列を目の当たりにして毎回購入を諦めていたのですが、
マレーシアでは並ぶことなく直ぐ買えてしまいました。

01_02

全店舗ショッピングセンター内にあるので、
お買い物に疲れたら甘いドーナツとコーヒーで休憩してみてはいかがでしょう。

Krispy Kreme Doughnuts
マレーシアのウェブサイト
http://www.krispykreme.com.my/

なまこ製品

09 12月
2009年12月9日

マレーシアの有名ビーチリゾート地である、ケダ州ランカウィ島。
ランカウィ島の特産品といえば、なまこ製品の数々です。

02_01
なまこエキス、なまこオイル、なまこ石鹸などの製品。

なまこには再生機能があり、切り傷などになまこオイルを塗ると
傷口の再生を促し早く回復します。

私は以前調理中に手の小指の先をざっくりと包丁で切ってしまったことがあったのですが、
その時に活躍したのが写真の大きいボトルに入ったなまこエキス。
臭いはあるのですが、絆創膏のガーゼ部分になまこエキスを含ませ、
その部分を傷口に当てるように貼っておいたら、傷の直りが早くて驚いたものです。

また、なまこ石鹸には肌を滑らかにする働きがあり、
臭いも全くしないことから女性に人気の特産品です。

日本人女性にも評判が良いので、自分用として購入する方が多く、
更に値段も安くかわいいラッピングもされているので、
沢山買って日本に持ち帰り、お土産品として配るのにも最適です。

ランカウィ島の特産品、ぜひお試しください。

No Eye Deer!

03 12月
2009年12月3日

ペナンはジョージタウンから少し北にある、タンジョン・トコン(Tanjung Tokong)に、
カジュアルにウェスタン料理が楽しめるお店があります。

その名も、No Eye Deer(ノーアイディア)。
そうです、英語の「No Idea」にかけた店名なのです!
どこで食べようか迷った場合は、ここに来てねというメッセージかもしれません。

01_01

その一風変わった駄洒落風の店名からは想像もできないのですが、
低価格でボリュームのあるお料理が人気の秘密です。

01_02
人気メニューのターキージャンボソーセージ

01_03
大人数向けの、グリルプラッター

01_04
そしてデザートは新聞にも載った人気メニューの日本風コーヒーゼリー。

日本人に馴染みのあるお口に合うお料理が多く、
お友達やご家族とお喋りしながらお食事を楽しむには最適なレストランです。

ペナンでどこで夕食を食べようか決めかねた場合は、
「No Eye Deer」へ行ってみてはいかがでしょうか。

No Eye Deer Restaurant
98-1-26 Prima Tanjung, Jalan Fettes,
Tanjung Tokong, 11200, Penang
Tel: 04-899 0488
平日営業:6PM~11PM
土日営業:12PM~11PM
毎週火曜定休日

Copyright© 2017 マレーシア情報 All Rights Reserved.