クアラルンプールで人気ある洋服は?—–ユニクロオープンで熱狂するヤングたち

26 11月
2010年11月26日

11月4日、クアラルンプールの繁華街、ブキット・ビンタン通りにあるショッピングモール「ファーレンハイト88」にユニクロ1号店がオープンした。1~3階の3層店舗で、売り場面積は約650 坪の大型店だ。なんでもニューヨークやパリの店舗と匹敵する大型店とか。日本でもシンプルでほどよい質で値段も手ごろで人気のブランドだが、ここマレーシアでもオープン前からジワジワと知れ渡っており、人気が広がりつつあったようだ。
MR1102_0201

巷の日本ブームに質のよい日本のブランド、ユニクロはシンガポールでもかなり人気が高いようだ。マレーシアからシンガポールへは近いので旅行やビジネスで行き来している人は多く、シンガポールにあるからユニクロを知っているマレーシア人、また中国へ旅行して知ったというマレーシア人も結構いる。
MR1102_0202

開店当日は、先着1000人にありジナルバッグをプレゼントするとあって前日の夜から並んだ人もいたようだ。ニュースでは2500人並んだという情報があったが、もう一つの目玉に2人に当たる日本旅行のラッキドローもあった。
MR1102_0203

値段の程は、ユニクロのTシャツブランド「UT」を通常の59.9リンギ(約1,560 円)から29.9 リンギに、ジーンズブランド「UJ」を同99.9 リンギから49.9 リンギに、フリースを79.9 リンギから49.9 リンギに、12月9日までそれぞれ値下げして販売している。ファッションデザイナーのジル・サンダー氏とのコラボレーションライン「+J」やジャパン・コミックのコラボもあってローカルのヤングたちは喜んでいた。何と言っても漫画「One Piece」が大人気なので、このコミックコラボTシャツは
ホットケーキと成るに違いない。

MR1102_0204

柳井会長は「世界中に店舗を作り、そこで一度は買い物をしてもらうのが一番のブランディング」と語っているが、このユニクロの人気を外国で目のあたりにし、その意味を痛切に理解したような気がする。ファッション・トレンドもどんどんグローバル化しているから何処の国にいっても今や同じブランドがあるし、人気度も似たようなもののよう。「売れ筋商品にも地域差はない」と、1年中常夏のマレーシアでも70%が秋・冬物投入で、その秋・冬物が人気が高いというのだからおもしろい。マレーシアで他に人気のブランドといえば「TOP SHOP&TOP MAN」、「H&M」、「COTTON ON」、「ZARA」、「MNG」などの欧米系。でもユニクロの品質やカラーバリエーションの豊富さは他ブランドと比較しても断然いいと口をそろえている人は多い。
MR1102_0205

ユニクロは今後2年以内にフィリピンやタイ、インドネシア、ベトナムといった東南アジア諸国連合(ASEAN)主要国に、また3年以内にマレーシア国内ペナンやジョホールに5店舗出店したいと明らかにしている。
そのうち各国で日本のユニクロを見る日が来るだろう。

MR1102_0206

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 マレーシア情報 All Rights Reserved.