『マレーシアからのお土産ベスト7』

25 5月
2011年5月25日

マレーシアに観光旅行に来て、お土産何にしようと悩む人が多いかもしれない。民芸品も最近はうけないし、食べ物も好みがあるし、きちんと食べてくれるか・・・。
そこで、今回はここ数年日本人が選ぶ、もらって喜ばれるマレーシアからのお土産ベスト7を紹介しよう。

マギーミーやローカル産カップヌードル
カレー味やアサム味、トムヤム味など、日本のインスタントラーメンとは違ったおいしさで意外に日本人の口にも合うと好評。かわったところで鴨味も、スパイシーで美味カモ。また日本では見かけないベジタリアン用も、いやに胡椒が強くてお試し好きにはよいのでは。
インスタントラーメンRM0.80、カップは、RM3.20、スーパー、コンビニどこでもある。

MR0502_0201

オイル
一昔前まではお土産といえばタイガーバームが一世風靡。でも実はオイルはいろんなブランドがある。筋肉・関節痛や虫刺され、キズ、捻挫、腹痛、歯痛と万能薬で、マレーシア人は絶対といっていいほど、オイルを常用している。みんなバッグの中に潜まして、身体が痛いとき、虫にさされた時、頭が痛いとこめかみや額にゴシゴシとすりつける。鼻づまりの時も鼻の下にチョンチョンとつけたりするのだ。薬局でRM6.80。

MR0502_0202

マレーシア産のお菓子
個人的に一番のおすすめは、バタークッキーの上に、パイナップルジャムやマンゴージャムがのっているクッキー。他にも、ココナッツ、アーモンドやピーナッツの粉末を生地に入れて焼き上げた香ばしいクッキーもなかなかいける。トロピカルって感じがするドライマンゴーもいけるし、珍しい物好きにはドライジャックフルーツなどいかが。RM10-15くらいで大手ショッピングセンターならどこでもある。

レトルト食品
ブラヒムといえば老舗のレトルト。最近他のブランドもたくさん出てきたので、どれが一番おいしのか迷ってしまうだろう。肉や魚を入れて煮込むだけで、マレーシアの味を再現できる強物。帰国した後には、エスニック料理パーティーで腕を振るっちゃおう。RM3.20くらいでスーパーならどこでも手に入る。

MR0502_0203

香辛料
その昔、これをめぐって戦争が起きたほど貴重だったスパイス。最近レシピ本でも、いろんなスパイスの名前がでてくるので、キッチンにセットが揃っていればうれしいところ。あまり変わった料理はやらないなあ、という人にも無難なホワイト&ブラックペッパーを。胡椒はセラワク州が有名産地。いろいろな香辛料詰め合わせ1パックRM1.80、白胡椒RM3.50、黒胡椒RM5.30、中国ハーブスープ用漢方一袋RM3.60。ショッピングセンター、スーパーどこでもある。

MR0502_0204

ジャム
メイドインマレーシアではなくフランスのジャムなのでマレーシアのお土産にはならないかもしれないが、日本で購入すると結構高め、というこのジャム、添加物など使用していないヘルシーなジャムなので喜ばれる。写真の小瓶セットはRM8.00くらい。

MR0502_0205

ボーティーとサック入りコピ
ボーティーといえば、キャメロンハイランドの工場で作られたマレーシアのオリジナル紅茶で、今やお土産の定番となっているが、マレーシアの伝統コーヒー、コピはいかが。コピは、サックに入っているので一昔前のようにコーヒー豆の粉がドロッとお茶碗の底に溜まることはなく、すっきりと飲めるように改善された。コピのみ、お砂糖のまざった2in1、砂糖とミルクの混ざった3in1がある。1パックに20サック入ってRM9.00、ショッピングセンター、スーパーどこでもある。

MR0502_0206

MR0502_0207

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 マレーシア情報 All Rights Reserved.