『ストライクゾーンで気持ちのいい汗を流そう!—– バッティング・ケージ』

23 6月
2011年6月23日

初心者からプロ志望者まで楽しめるダマンサラ ショッピングモール1ウタマ屋上の「バッティング・ケージ(Batting Cage)」へようこそ!!
ハイ・ストリートにあるパークソンに一番近いエレベーターでUR(屋上)にいくのが一番近道だが、グランドフロアと1階のOvalインフォメーションカウンターからフロアにステッカーが貼られているので、それをフォローしても到着できる。

MR0602_0101

MR0602_0102

振り抜くバットに心地よい響き。屋上で空に向かってカキーンと打つ爽快感!
マレーシアで唯一のバッティングセンター「バッティング・ケージ」は、東南アジア中探してもここだけ。また唯一のバッティングセンターというだけではなく、ショッピングセンター屋上にあるスポーツセンターとしてもマレーシアではここだけなのだそうだ。
野球が人気の日本やアメリカからのお客さんがほとんどだが、衛星テレビやインターネットの普及によって、マレーシアでも野球がだんだんと知られるようになってきたようで、口コミによってローカルの青年層もだんだんと数を伸ばしているようだ。

高速のボールが飛んでくるマシーンは球速が低速(時速65キロ)から高速(時速115キロ)と4段階のセッティングが可能で、自分の身長に合った高さに送球位置を調節できるようになっているので、子供でも大人でもOK。打席は、野球4打席・ソフトボール4打席の計8打席。フロアの中ではないので、天井の高さが高くて爽快。青い空に白球が吸い込まれていくのは快感だ!!さてあなたは何キロにチャレンジする?

MR0602_0103

MR0602_0104

会員費は年間RM55(日本円:約1500円)で会員になるとビジターよりお得、1コインで15球、ヘルメットとバットレンタル込みだ。
「全マシーンははるばるアメリカからで、メンテナンスには十分気をつけています。また、あたっても大怪我しないゴムボールを使用しています」とオーナーさん。 オーナーとスタッフは、全員マレーシア野球協会にも所属している。

ちょっと変わったビニール・ドームは、クーラーが効いていて気持ちがいいので、ゆったりしたスペースで、汗をかいた後に冷たい飲み物片手に休憩兼待合室。冷えたビールも揃っているので汗を流した後は冷たいビールをどうぞ!ビアガーデンエリアも作られているので、屋上で夜風に当たりながら飲むビールは最高だろう。

MR0602_0105

MR0602_0106

MR0602_0107

「バッティング・ケージ」は、東南アジア野球大会などにも、選手達のトレーニング場所としても利用された。現在、日立やミズノ、カールスバーグなどがスポンサーとなっているが、もっと多くのスポンサーを募集中だ。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 マレーシア情報 All Rights Reserved.