カテゴリー: 未分類

日本への想い

21 4月
2011年4月21日

日本での地震津波、そして原子発電所の事故による日本において過去最大の被災に、世界中の人が日本に、被災者に同情の目を向けてくれている。
お金のある人もない人も、その人ができる事をしてくれている。
本当に、嬉しい事である。

MX_0402_0101

MX_0402_0102

写真の説明:メキシコ自治大学内で行われていた「千羽鶴を作って、日本のために祈ろう。」の様子

道を歩いていたら、私が日本人と思ってか、見知らないメキシコ人が声をかけてくれた「アニモ!アニモ!(元気だして!)きっと良くなる!」

ある人が言ったとか「お金のある人はお金を出して、知恵のある人は知恵をだして、何もなくても、元気をだそう!」
ホントに、みんなが元気をだして、日本を復活させなければ、明日の日本を担っていかなければならない子供達のためにも、未来の子供達によりよい日本を引き継ぐためにも。

日本で今、地震津波の被災者救済のために、原発事故処理のために自分の心身を省みず働いてくれている人にどんだけ感謝しても感謝しきれない。

メキシコでも、色んな人が色んな活動で、義援金集めをしてくれている。
メキシコ在住のヴァイオリニスト 黒沼ユリ子さんが発起人になって、マラソンコンサートが開かれ、多くのメキシコのアーティストが参加して義援金集めをしたり、
メキシコ国立自治大学のコンサート会場、ネツアルコヨトゥルでもチャリティーコンサートが開かれた。
メキシコの歌手の人たちが協力して、CDを製作 「Voces por Japón」 その収益はすべて日本への義援金とすると。

MX_0402_0103

写真の説明:日本への義援金のために売り出されたCD

日本メキシコ学院でも、大変親日家のアルマンド・マンサネロやスサナ・サバレッタのコンサート、メキシコの日本舞踊の会の公演などを開かれる。
色んな場所で色んな人がアーティストが、チャリティーコンサートをしたり、義援金集めをして、日本の災難を救おうとしてくれている。

有名な人だけでない、個人でも今自分が、何かをしなければと思って行動してくれる人の行動力には本当に頭がさがる。
メキシコシティ、オアハカ市、グアダラハラ市と色んなところでチャリティバザーをして義援金集めをして活動している人たちがいる。
そして、それを支援手助けする多くの人。みんなみんなすごい!

MX_0402_0104

MX_0402_0105

写真の説明:日本メキシコ学院で、子供達がコインを並べて。長く長く続くコイン、一枚一枚がメキシコの子供達の日本への想い。
写真は友人にお借りしました。

MX_0402_0106

MX_0402_0107

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTUREMX_0402_0106.jpg

写真の説明:オアハカ市で行われたチャリティバザーの様子。
写真はバザーの発起人になり行動した友人にお借りしました。

世界中の人が、日本へ想いをこめて応援してくれている。
「アニモ!アニモ!」 「頑張れ! 日本!」という、世界中からの声。
私の国、日本が復興してゆくのに、原発事故を含めて、先は長い。
でも、きっと良くなる!

えっ!脱ぐのがお好きなの?!

11 5月
2007年5月11日

メキシコの4月5月、雨季に入る前のこの時期、メキシコはもっとも暑い季節となる。
メキシコは北回帰線より少し、南に位置している所が多いから、その意味でも、天頂から太陽が暑い日差しを注ぐのは、5月中旬と7月中旬である。

暑いからって訳ではなさそうなんだけど、、、、、
皆さん、脱ぐのがお好きなようで。。。。いえ、いえ、上着だけじゃあなくって。。。

地方から抗議の人々が、メキシコシティーのメインストリートのレフォルマ通りのメキシコの英雄王、クワウテッモック像の前で、裸で抗議です。(写真)

02_01 

彼等は、「悪い政治家を罰してくれ!俺等は、彼等のせいで、裸にされた、身包み剥がされた!」と言う事で、裸になって抗議という事だそうだ。

でも、まる裸にはならない、そうしてもいいんだけど、そうすると、風紀上の理由で、捕らえられる事もあるからとの事らしい。

先日は、メキシコシティーだけでなく、地方都市メリダでも、郵便配達夫さんが、支給の郵便配達夫の帽子だけかぶって、「俺等は、制服さえも支給されず、配達用の自転車だって、ボロボロで使えない、歩いて配達しなくちゃあならない、裸状態だ!」(シンボルの帽子だけは支給されているらしい)と労働条件向上のために裸で抗議という事らしい。
メリダは、今、40度近い気温だから、郵便配達夫さんじゃあなくっても、みんな衣類なんぞ、剥ぎ取りたい気分かも?だけど。

さて、もうひとつは、あの世界遺産のティオティオワカン遺跡とメキシコ最高学問の地メキシコ国立自治大学構内で、有名なカメラマン(この人、世界のあっちこっちで、世界の裸の集団を撮る人らしい)が、何千人の裸の男女を写真に撮ると。これは、5月はじめに予定されてると。
これに参加するボランティア、無料奉仕の裸になってもいいよ~の人を募集したところ、あっと言う間に何千人が応募したと。

みんな、脱ぐのがお好きなようで。。。。みんなで脱げば、恥ずかしくない!?
芸術写真撮影の方は、スッポンのようだけど。

余分なお節介だけど、メキシコの方って、お腹周りが大きい人が多いと思うんだけど、あれでは、ビーナスやアポロと言う訳にはいかないのではないでしょうかねえ?

Copyright© 2017 メキシコ情報 All Rights Reserved.