カテゴリー: 買い物

民芸品工房を訪ねる。その2(オアハカの旅)

26 2月
2011年2月26日

織物の村、サント・トマス村の腰織りの織物
腰織りによる織物、昔から、人々がやっていた伝統織物である。
前に鈴木カツ子さんの織物の話を書いた。

メキシコやグアテマラなどの多くの場所で、今なお、その場所場所で違った風の織物作られていている。
その織物を現代風にアレンジして、テーブルクロス風やら袋物やら、小物では若者の好きな腕輪などなど。
私もサント・トマス村の織物の袋物を一つ持っているが、なかなかお気に入りのカバンだ。

MX_0202_0201

MX_0202_0202

MX_0202_0203

お邪魔した家も、母親と娘達みんなで、織物づくりをしている。
この村の女性はみんな機織をしているわけだ。
柱や木に一方の端を縛りつけ、腰に回しての腰織り機。何処でもできる。

MX_0202_0204

写真の説明:娘さんの一人が実演して見せてくれた。

本当に、何処の村もそれぞれの伝統の民芸品を代々親から学び、4~5歳頃からやるらしい。

MX_0202_0205

写真の説明:子供達が小さな時、機を織っている写真がかけてあった。

MX_0202_0206

MX_0202_0207

写真の説明:村の市場にも行ってみた。やっぱり売っているのは、村の民芸品の織物。

刺繍ににしても織物にしても、その手作りの良さ素晴らしさを認識してもらい、それを求める市場があってこそ、その伝統民芸が生き残る。
そのために、昔からの物だけでなく、今の人好みの商品作りも必要で、私達を案内してくれた通称さるさん(ようこさん)も、こんな商品が欲しい!と助言をするようだ。

メキシコのシュールリアリズム芸術の一つとも言えるのはアレブリヘス。
前記事でアレブリヘスについて書いたが。

そのアレブリヘスの村サンマルティン。
訪ねた工房はハコボ&マリアさんの工房で、ここは、若い人たちが大勢で、工程の部分部分を担当して働いていた。
学校が休みの時は、子供達もアレブリヘ作りを習いに来ているそうで、ハコボ&マリアさん工房は後継者の育成にも貢献している。

このアレブリヘスも気の遠くなるような工程である。
ハコボさんがそのアレブリヘスの工程やその起原を説明してくれた。
もともと、先住民時代の人々の考え方の中にも、人は生まれた日によって、その保護動物というか?があるそうだ。
東洋の12支と同様に、人それぞれ自分の動物というのがあって、その動物の造形を作ったのが元祖アリブリヘス。

MX_0202_0208

アレブリヘスを作る木は、あのヤグールの世界遺産の洞窟のある荒野でも見かけたが、コパルの木である。
コパルは、昔の先住民時代の宗教儀式には欠かせない香となる木である。

MX_0202_0209

この木から、アレブリヘ製作者の創造力と想像力で色んな造形が作り出される。

MX_0202_0210

MX_0202_0211

それを何ヶ月も乾燥させるというかして、その木片の傷が変形が出たら、それを修正して、色んな自然の染料で色づけする。

MX_0202_0212

MX_0202_0213

その色づけの模様は実に細かく、一点一点、一本一本の線が描かれ塗られる。
その模様によっては、あのミトラ遺跡の幾何学模様に由来するものだろう。
それにしても、本当に、気が遠くなる作業である。
大物はウン十万のお値段で求められるそうで、民芸品というより芸術品としての価値で求められるようだ。
それにしてもカラフルな繊細な模様で描かれ、物によっては、空想力の極限のようなユニークな作品達。

ウン十万の作品は兎も角、小さなお手頃の可愛い動物達は、お土産に最高。
あなたの12支か、あなたの生まれた日による保護動物を知って、その動物のアリブリヘスを求めるのも楽しいかも?

MX_0202_0214

MX_0202_0215

MX_0202_0216

オアハカ地方は、まさに民芸品の宝庫である。
今回訪ねた村だけでなく、オアハカの村が、それぞれその村の民芸があり、それを生活の糧として民芸品を作っている。
陶器、織物、刺繍ブラウスなどの衣類、毛の織物の敷物、モンテ アルバン遺跡の7号墳墓から出てきたような金銀細工などなど。
民芸品好きには、たまらなく魅力的なオアハカ地方。
オアハカ地方の市場も実に楽しい。

オアハカのモンテ アルバン遺跡やミトラ遺跡の旅だけでなく、オアハカ地方の民芸品を見て歩く旅もまたいい!

民芸品工房を訪ねる。その1(オアハカの旅)

22 2月
2011年2月22日

メキシコ旅行への興味、楽しみと言うと何だろう?
やっぱり数ある遺跡見学、特に世界遺産になってるような。
人によっては、特に女の人は、それだけでなく、買い物という人もあるかもしれない。
買い物と言ってもメキシコは、流行のファッションやブッティック商品やメーカ商品がというのはこれと言うほどないようだ。

だが、メキシコで買い物となると、テキーラのようなもの以外だったら、なんと言っても民芸品という事になる。
民芸品と言うと、先住民の人たちが代々受け継いできた伝統的細かな作業で作り上げた手作り商品である。
民芸品は先住民の人たちが受け継いできた伝統工芸であるのだ。
それ故、その多くは、オアハカ州、ミチュワカン州、チャパス州、ゲレロ州などの先住民の血を持つ人が多い地区で、作られている。
しかも、一つ一つの村で、その村の工芸品というように、村の人たちがみんな同じ民芸品を作っている。
村の人々の生活の糧である民芸品作りである。

この何事も機械づくりの既製品が多い時代に、彼らは一つの商品を作り上げるのに、何ヶ月も手作業で日々、家族皆で家内作業で民芸品を作っている。

今回、オアハカ在住の日本女性で、メキシコの民芸品に惚れ込み、オアハカ地方の民芸品を日本の人に知ってもらう努力をして、その販売をしている方に、オアハカ州のいくつかの村の、特に彼女のお勧めの民芸品作りをしている人たちの工房を案内してもらった。
旅行者だけでは、ふらっと、工房を訪ねるというのは、なかなかできないが、彼女の仕事でのコンタクトでありがとう!です。

オコトラン・デ・モレロス村で、アギラール家の土器の人形工房。

MX_0202_0101

写真の説明:アギラール家の工房兼住まいの入り口。人形が飾ってある。

アギラール家は兄弟がそれぞれ親から受け継いで、家内工房で土人形を作っている。
焼き物であるが、メキシコの焼き物は低温での素焼きにカラフルな色付けされた人形達。
その人形達が素朴である。表情も豊かで、兎に角カラフルで楽しい。いかにもメキシコ風人形達。
民芸品でも、メキシコ人独特の前衛的というか超リアリズム的と言うかの芸術的なユニークな作品もあって面白い。
女の子が可愛い!と叫びそうな人形達。手作りの良さがにじんでいる。
小さなものだと、ほんの数ペソ。いいのこんな値段で?だが。
オアハカの民族衣装の人形など、メキシコらしいお土産でいいだろうな。
ただ、素焼きだから、壊さないように荷造りする必要ありだ。
メキシコの民芸品工房は、皆家庭内工房だから、メキシコの田舎の民家の生活がそこにあり、そんな様子も垣間見れると言った感じ。

MX_0202_0102

MX_0202_0103

MX_0202_0104

MX_0202_0105MX_0202_0102.jpg

サンアントニーノ村で、文房具屋をしながら刺繍のブラウス(ウイピリ)作りをする刺繍の名人を訪ねる。
私達が訪ねたら、「ちょっと、待ってね。」と言って、お店のシャッターをガラガラ閉めてアテンドしてくれた。
ウイピリというのは、刺繍のブラウスやワンピースであるが、これは、各地方の民族がそれぞれまた違ったウイピリを作り着ているのだが、その手作りの刺繍がすごい!
手の込んだものは、何ヶ月もかかって製作すると。
ここで、小柄な名人が刺繍の手ほどきをしてくれた。
彼女は、子供の頃からやっていると。
姉妹達は、皆親から学んだ刺繍はせずに、他の仕事をしていて、彼女にも、こんな手間のかかる仕事は止めなと言うが、自分は好きだから続けていると。
そうだろうな。こんな気の遠くなるような仕事、好きと食べるため以外にはできないよね。
うちの娘が数ヶ月かけて作ったというお値段的には中くらいのブラウスを買った。
500ペソ(約4,000円)。数ヶ月の仕事が500ペソねえ。気が遠くなるよ。
私は数針刺繍やってみたけど、目がショボショボ、肩がコリコリ気分。

MX_0202_0106

MX_0202_0107

MX_0202_0108

MX_0202_0109

MX_0202_0110

MX_0202_0111

次の民芸品工房は、「民芸品工房を訪ねる。その2(オアハカの旅)」へ続く!

汗と香水

29 6月
2010年6月29日

メキシコも結構暑い日が続いております。 メキシコシティは、暑さ寒さが程よくって、一般家庭でもオフィスでも冷暖房がありません。 太陽がサンサン当たる屋外は、暑くっても、室内や日陰にはいると暑くなく過ごしやすいのです。 ところが地下鉄はすごい!暑い!暑い! 列車に冷房がないのか?と言われそうだが、ないのだ! メキシコシティの常識というのは、今まで、室内は涼しいはずなのだ。冷房なんっていらないのが常識なのだ。

まあ、世界の温暖化にメキシコも遅れを取っていないようで、最近特に地下鉄内の気温はその乗客数に加算してか?上昇、上昇らしい。 扇風機ならぬ、空気循環装置なるものが回ってはいるが、地下鉄に乗ると、この乾燥したメキシコシティで汗がタラタラである。

MX_0602_0201

メキシコに住んで、今までハンカチの必要性をあまり感じなかった。 その理由1.汗をかかない。      2.トイレには何処でも紙手ふきがある。

だが、最近ハンカチを持ち歩くようにしている。汗がタラタラでる時があるのだ!

先日のニュースによると、もっとも乗降者の多い地下鉄駅の一つイダルゴ駅構内の気温が50度になったと。 で、最近この駅へ行ったら、構内に大型扇風機がいくつも取り付けてあり、それが湯気を上げてる感じ。 単なる扇風機だと、だいたい30度以上もの高温になったら、暑い空気をぐるぐる回していいるに過ぎない装置となるのだ。 そこで、この大型扇風機は、どのようになのか知らないが、水が噴射するようになっているらしい。それで湯気を上げているふうであったのだ。 近づいてみると、確かに涼しい。

MX_0602_0202

それにしても、冷房のない地下鉄駅で大型扇風機が湯気を立てるとは!

MX_0602_0203

写真の説明:暑い日、地下鉄駅構内で、水サービス

人が多くいる所は人の体臭というのも臭覚の鋭い人は特に気になるものだと思う。 一般的に日本人など黄色人種は体臭が強くないと言われている。 香水というのは、西洋人など体臭が強い人がその体臭を調和して嫌な臭いから人に快い香りを出す用途で使われるというものだったろう。 体臭の大元は汗か? 大衆の中で汗臭いはやっぱり臭いだ。

まあ、それは兎も角、昔人の私なんぞの世代では、香水なぞ、使うという習慣はなかった。 だが、今は日本の人も結構おしゃれで、またアロマテラピーでも香水使うようになったようだ。 快い香りは確かに快い。

メキシコの人はよく使う。 時には、狭いところで、ぷんぷん鼻につく香水に出っくわす事もあり、しかも、自分好みの匂いでなかったりすると止めて!と叫びたい気分になったりもあるが。 香水は快い微かな香りがよろしい。と思うが。

メキシコ人の人へのプレゼントへのナンバー1、ナンバー2くらいに香水のプレゼントも多い。 で、デパートにはもちろん香水コーナーがあるし、メキシコシティのセントロ ダウンタウンには、香水専門店がずらりと軒を並べている通りがある。 そこでは、自分好みの香水を探して、そして、自分好みの容器に入れてもらって、自分の香水を買うのである。

MX_0602_0204

MX_0602_0205

MX_0602_0206

香水好きな人、メキシコで香水買ってみる?シャネルだけが香水ではないし。

バニラのふるさと

02 3月
2010年3月2日

ケーキやアイスクリームなどの香料に欠かせないバニラ。
そして多分香水を多く使う外国などでは香水の香りとしても使うだろう。
だが、日本では、よほどケーキ作りに凝った人以外は、本物のバニラを香料として使いたいなどと思わないだろう。
バニラアイスクリームの好きな人は多いと思うが、あの味は、バニラなしには成り立たないのだろう。
今の時代は、多分科学エッセンスなんてのもあるのだろうと思うが。

バニラと言っても、メキシコを思い出してくれる人はあまりいないようだが、実は、バニラの原産地、ふるさとは、メキシコである。
だが残念な事に、今世界のバニラ産地は、マダガスカルなど他の国が多く輸出国として知られていて、メキシコの名はあまり現われないようだ。

バニラの元々のふるさとは、メキシコの特にベラクルス州北部のトトナカ部族の住んでいた熱帯密林地区、エル タヒンなどの古代都市が栄えた地区である。

世界遺産にもなっているエル タヒンの遺跡からもっとも近い町、パパントラの周辺が今でも、メキシコのバニラ産地である。

私は一泊の小旅行でこのパパントラの小さな田舎町に泊まった。
今回の一つの楽しみはバニラの栽培の様子を見たいと言うのがあった。
エコロジー公園と名づけたところで、バニラなどの栽培もしていてそれを見せてくれると、メキシコの旅行案内本にあったのだ。

だが、運悪く、メキシコシティを出た時は曇り日だったが、途中からシトシト雨。
この雨は旅行中、ずーと降り続いた。
メキシコ湾あたりにやってくるノルテという寒波の影響。今年3度目の乾季の雨である。

一泊して、今日こそはいい天気になるかな?と期待したが、雨は止まない。
ホテルの人に聞いたら、この雨では公園は閉まっているだろう、公園は泥で歩けないだろうしと。
それでも、もしかして見せてくれるかも?の期待で、パパントラの郊外にあるその公園とやらにタクシーで行ってみた。

広い公園と言うから、りっぱな入り口があってと想像していたが、いや、まったくメキシコの普通の農家という趣。
柵や入り口は、密林の木で作られた手作り、その奥にある家は、田舎の小さな掘っ立て小屋風。
入り口は閉まっていたが、それでも大声で呼んでみたが、誰も現われない。
残念でした!

パパントラ出身のメキシコ人の友達がいるが、前に、私がバニラ、バニラと言うものだがら、彼、実家に帰った時、つるの延びたバニラを持って来てくれた事があった。
バニラは、熱帯の密林に育つランである。そのつるは十メートル以上もどんどん伸びて行くらしい。
私としては大事にしていたつもりだったけど、我が家はメキシコシティでも山の麓にあって、寒いのだ。
熱帯密林に育つのだ、日向でなく日陰に置くようにと言われて、せっかく貰ったバニラ、寒かったのかねえ?

もともと、バニラは原生林の密林の中、つまり、木々が生い茂る中で木に絡まり大きくなって行くのだった。
今は人間が多くなってそういう密林はなくなってきているわけで栽培されるようになった訳だから、農家では、オレンジの栽培と平行して、オレンジの木に絡ませて育てるのだそうだ。

mx_0301_0101

写真の説明:この写真は、大分前の記事で伝統的民間医療のところに載せた写真であるが、バニラが木に絡まって伸びて行く様子。
今回はバニラの植物の写真がまったく撮れなかったので。

友人の話で、バニラの花は5月頃咲くそうだ。
その花は今は人口受粉をしているが、昔野生では、我が家でもよく見かけるが花の蜜を吸う鳥ハチドリという小さな鳥が、花の蜜を吸いに来て受粉してくれると言うものだった。

そして、その花が実をつける。その実の莢を乾燥させたもの。大体15センチくらい。それがのバニラのエッセンスとして使われるものである。

mx_0301_0102

写真の説明:バニラの実の莢を乾燥させたもの。この4本で20ペソだった。

バニラの栽培の様子は見られなかったが、パパントラの町の市場で、バニラやバニラのお酒、バニラ入りコーヒー(ベラクルスの産物にコーヒーもある)などを買って帰る事にした。

mx_0301_0103

写真の説明:バニラエッセンスの他バニラのお酒、バニラ入りコーヒー、バニラエッセンス、バニラで作ったアクセサリーなど売っている。

ところで、前の記事に書いたボラドーレスをメキシコシティや色んな観光地でやっている人達は、このパパントラのトトナカの人たちである。
先スペイン期時代にはいろんな場所で宗教儀式として行われていたであろうこのボラドーレスも、今はこのパパントラのトトナカの人たちだけが継承しているという事だろう。
パパントラの町の広場の一角の町の教会の庭に高いボラドーレスの柱が立っていた。

mx_0301_0104

写真の説明:教会の庭に立っている高いボラドーレスの柱。高さが教会の尖塔と同じ位だった。
雨でもちろん、ボラドーレスをやるどころではないだろうが、教会の祭り、村の行事、何かあるたびごとに、ここでボラドーレスが行われるのだろう。

mx_0301_0105

写真の説明:パパントラの町の小高い丘の上に立っているボラドーレスの彫刻

メキシコシティの博物館の前や、ティオティワカンの遺跡の前でボラドーレスをやって見せてくれる人たちも、もちろんこのパパントラの町の人たちで、ボラドーレスをして、また、彼らの町の産物、バニラも彼らは売っています。

もし、パパントラまで行かなくっても、メキシコシティなどでボラドーレスをみたら、ついでにバニラを買ってもいいでしょう。

エスフェラ(クリスマスツリーの飾り)の町

03 12月
2008年12月3日

Esferaとは、スペイン語で球体という意味である。
クリスマスツリーに飾る薄いクリスタルの球の事をメキシコではesferaと言う。

01_01

そして、今、12月も近づくと、街には、商店には、クリスマスの飾り物が溢れ出す。エスフェラも。

友人が「温泉に行きたいねえ」と言うので、メキシコシティー近郊で日帰りで行ける所を探した。

プエブラ州の北の山岳地帯の町。チグナウワパン(Chignahuapan)。
この時期エスフェラのフェリア(祭り)もやっているという。

01_02

写真の説明:町の広場のエスフェラの祭りの露天のお店の様子

この町は多くの家庭が家内産業でエスフェラを作っているエスフェラの町である。

山岳地帯の町で、一年中涼しいというか、寒い時は結構寒いところらしい。
その日はメキシコ中央部全体に寒い日であったが、着ていったセーターを脱ぐ事はない気候であった。温泉プールは、やっぱりいい気分であった。

町の広場で町の男の人達が、この町独特の輪投げの競技をやっていた。
なんか単純な競技で、面白いのかなあ?って気もしたが。朝からやっているらしい。
だが、夕方私達が町を去る時も、肌寒い町の広場で、まだまだやっていた。
多分田舎の町の人々のレクレーションなのだろうなあ、その単純な競技に時々歓声をあげ、実に楽しそう。

01_03

写真の説明:球技をする人々

人々の楽しみ、幸せ度の物差しは、みんな違う。そんな気がした。

さて、温泉の他のもう一つの目的はエスフェラの工場を見学したいというものがあったが、ほとんどの工場は町の郊外にあると。
町中ではあの工場が見学させてくれるよと言う所を訪ねたが、生憎、昼食タイム。4時にならないとやらないという。
待っていると、温泉に行けないという事になってしまうので残念だが、諦めた。

このチグナウワパンの町はさすがエスフェラの町、フェリアの広場の露天だけじゃあなくて、街を歩くとその全て並んでいる店ほとんどがエスフェラのお店。

01_04

この時期はメキシコシティーなどからも、商売人がエスフェラを買いにくるんだろうなあ。

エスフェラは薄いガラス、クリスタルの民芸の芸術品とも言えるのではないだろうか?

吹いて回して風と熱で薄い薄いガラスの球を作る、それは丸々の球形だけでなく色んな形に作る。
そして、それに、ワニス、うわぐすりで輝きと色を付け、その上、エスフェラによっては手描きで絵を描いている。

このエスフェラの一つ一つが、今年のクリスマスもメキシコの町中、各メキシコの家庭をキラキラと飾る事だろう。

01_05

01_06

写真の説明:ちょっと私が気にいって買おうかな?と迷ったエスフェラ。これ全部で50ペソ。400円。
結構の大きさでかさばるのと旅の途中で壊れても。。。。と諦めた。

Copyright© 2017 メキシコ情報 All Rights Reserved.