レフォルマ大通りを走るバス

25 8月
2009年8月25日

観光でメキシコシティを回る時、メキシコシティのメインストリート、レフォルマ大通りは、必ず通る事になるのではないかと思う。
そこを走っているバスが、この8月の上旬から変わった。

02_01

さてさて、良くなったか?賛否あるかも。

どう変わったかと言うと、今まで、前の記事「交通機関の使い方」触れたぺセロという個人バスから、バス会社のバスに変わったのである。

結構ガタガタのぺセロから、新車のバスに変わった。

02_02

写真の説明:ぺセロ。他の地区でももちろん今でも大活躍のぺセロ。

運賃が変わった。
ぺセロ時代は、距離によって、3ペソ、3.5ペソ、4.5ペソであったのが、新車のバスは、一律4.5ペソと5.5ペソ。
この4.5ペソと5.5ペソの違いは、急行バスと各停留所止まりバスの違いで、バスの色が違う。急行は白、普通は緑と黄色。
白の急行には、まだ乗ってないが、内装もちょっと高級感にしてあるらしい。
1ペソ(10円弱)の違いだったら、急行がいいと思ったら間違い。
何処で止まるか確認して乗らないと、目的地から、ずいぶん遠いところで降ろされてしまう事になりかねない。
料金的に1ペソ~2ペソくらいの値上がりなのだが、これは、メキシコ人の懐を考えると大変な値上がりである。

02_03

02_04

写真の説明:新しいバスの中の様子

ぺセロ時代は、道の何処であろうと、手を上げれば、乗せてくれた。
だが今度は、そうはいかない。必ず停留所で乗り降りしなければいけない。

ぺセロ時代は、ぺセロの数が多く、次から次と来るから、何分も待つという事がなかった。
今度は、数的に少ないから、結構待たなければ乗れない。
ラッシュ時間は特に大変、バスが来ても、大概ギュウギュウで乗れない。何台も見送らなければならない。
知り合いも通勤にいつもの倍時間がかかるとこぼしていた。
私もイダルゴの地下鉄の駅からバスに乗ろうとしたが、通勤のラッシュ時間、それこそ、なが~いなが~い行列で、バスを5、6台見送り。
さすがに、なんだ、ちっとも改善じゃあないじゃんと叫びたい気持ちになってしまった。
そしたら、私の顔をみて隣に並んでいた人が言った「ぺセロの方が良かったよね、こんな事なかったし、料金も上がったし。」と。

まだまだ、変わった事がある。
ぺセロには、物売りや歌唄いや物貰いやらが乗り込んできて(運賃払う訳ではない。運転手が、人助けのために乗せてやるのである。)
商売していたが、それは新車のバスではない。多分、バス会社の通達があるのだろう。

ぺセロでは運転手がラジオやCDの音楽をガンガン最大のボリュームで流して走っていた。
運転手は、サービスと思っていたのか、自分の趣味か?
私なんぞは、自分の趣味でもない音楽流されても、嬉しいより迷惑なんだけど。
さすが、バス会社は運転手にそれは許可していないらしい。

ぺセロは、時には、バンバン飛ばす。運転が乱暴な時がしばしば。
新車のバスの運転手は、やっぱりそれはやらない。亀と渾名されているとか?

レフォルマ大通りでバスに乗るときは、必ず、きっちりの4.5ペソとか5.5ペソを用意して乗ってください。
新車のバスはおつりが出ない。くれないからね。

02_05

写真の説明:バスの前からのって、料金箱に運賃を入れる。日本のように両替機はない。
たまに「誰か両替してください!」と乗客に頼んでいる人もいたりします。

新車のバス、数を増やしてくれて、ラッシュ時間の今の状態が改善される事を期待します!

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 メキシコ情報 All Rights Reserved.