サボテンが簡単に見られる!チャプルテペック公園の植物園

26 7月
2011年7月26日

メキシコというとサボテン!というイメージらしい。
実際、メキシコは世界一、サボテンの種類が多くある国だろうと思う。
だが、メキシコに来たら、すぐ何処でも大きなサボテンの木が見られると思っても、そうはいかないのです。
地方の荒野っぽい場所まで行かないと、にょきにょき柱のようなサボテンやお化けのように大きくなったサボテンや何百年ものの大きな丸型ビスナガサボテンはなかなか見られないのです。

サボテンというのは、あまり水を飲まないでも頑張って生きてる植物なんですよね。
でも、水をあまり飲まないとやっぱり成長はゆっくりなのです。
だから、大きな大きなサボテン達は、実は何十年ものや何百年ものだったりする訳なのです。

サボテンをひたすら見たくって、メキシコに来たのなら兎も角、地方までサボテンをわざわざ見に行けると言うのもなかなか難しいでしょう。
で、植物好きの人、サボテンが見たいという人に、お勧めがチャプルテペックの植物園!。
多くの観光でいらっしゃる方は、大概、メキシコ国立人類学博物館は行くでしょう。観光の目玉ですから。
博物館を見学した後、歩いて、レフォルマ大通りを反対側に渡って、1分歩くとあるチャプルテペック公園の植物園。

MX_0702_0201

実は、この植物園は新しいのです。
だから、何十年ものや何百年もののサボテンとはいかないのですが、サボテンの国メキシコですから、種類が豊富。
メキシコへ来たんだから、是非サボテンを見たいと思った人は、寄り道してのぞいてみてください!

MX_0702_0202

MX_0702_0203

メキシコが原産の植物や、メキシコ料理に欠かせない野菜の植物やら、蘭の温室やら、結構楽しめると思います。

MX_0702_0204

写真の説明:メキシコ料理に欠かせない青トマト

MX_0702_0205

写真の説明:メキシコは原種の欄も結構あるのだそうですが。

MX_0702_0206

写真の説明:何処にでもあるダリアですが、メキシコの国花はダリアです。

なお、植物園を歩いていると、リスにも、きっと会える!

MX_0702_0207

MX_0702_0208

植物、サボテンなどに興味のある人、チャプルテペック公園の植物園へ立ち寄ってみては?

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 メキシコ情報 All Rights Reserved.