カテゴリー: グルメ

オークランド・シティの楽しみ方 - スカイ・タワーでディナー

05 5月
2011年5月5日
Share on GREE

オークランドはニュージーランドで一番大きな街です。観光の拠点としてオークランドに滞在する人は多いと思いますが、「限られた時間の中で、観光も食事も楽しみたい!」と考える人にお勧めなのがスカイ・タワーでの食事です。

NZ_0501_01

まずはスカイ・タワーの紹介をしましょう。スカイ・タワーは高さ328mと南半球一の高さを誇り、展望台からは街を一望できます。またシティのどこからでも目にすることができ、道に迷ったときの道しるべに、待ち合わせに、スカイ・タワーはシティのシンボルです。

NZ_0501_02

展望台だけの見学だけでも十分に楽しめると思いますが、食事をしながらゆっくりと街を眺めるとすごく贅沢な気分になれます。またスカイ・タワーのレストランは1周を約1時間かけてゆっくりと回転してるので、360度の景色を楽しむことができます。

NZ_0501_03

特にお勧めなのが夕暮れ時(ディナータイム)です。天気が良ければ素敵な夕焼けをゆっくりと眺めることができ、さらに夜景まで楽しめます。

スカイ・タワーには何店舗かレストランが入っていますが、リーズナブルでお勧めなのが「Orbit(オービット)」と言うお店です。食事はアラカルトのメニューとコース料理があります。例えばコース料理だと、NZ$60で前菜・メイン・デザート+コーヒー等がつきます(アルコール等のドリンクは別料金)。前菜・メイン・デザート共に数種類のメニューから選ぶことができます。スカイ・タワーの展望室への入場料だけでもNZ$25(地上220メートルのスカイ・デッキまで行きたい場合は、NZ$28)かかるので、場所と食事内容を考えるとリーズナブルだと思います。 なお、レストランの利用にあたっては、事前の予約が必要となりますのでご注意ください。予約はインターネットで行うことも可能です。

NZ_0501_04

メイン料理でお勧めしたいのが、ラム肉を使った料理です。ニュージーランドと言えばヒツジを思い浮かべる人が多いと思います。ただラム肉と聞くと独特の臭みから敬遠する人が多いですが、ニュージーランドのラム肉は生後12ヶ月未満で永久門歯の生えていない子羊のことを指します。そのため臭みがなく、柔らかくてとても美味しいので、ぜひ挑戦してもらいたいと思います。

また食事のあとは、展望台に行くこともできます。展望台とエレベーターの床の一部がガラス張りになっているところがあるので、高い場所が苦手でない方はガラスの上に立ってみてください。スリル満点ですよ。 もっとスリルを味わいたい場合は、スカイ・タワーの192mの高さからワイヤーに繋がれた状態で飛び降りて、地上に着陸すると言うスカイ・ジャンプと言うアトラクションがお勧めです。オークランドの思い出に挑戦してみてはいかがでしょうか。

※スカイ・タワーの入場料、レストランのコース内容・料金等については、2011年4月現在の情報で今後変更になる可能性があります

スカイシティー・展望レストランで夕食を

02 1月
2011年1月2日
Share on GREE

オークランドのランドマークタワーとして、またエンタテーメントの象徴としてすっかり定着した感のあるスカイシティー。328メートルの高さのタワー(展望フロアーは200メートルの高さです)から眺める360度パノラマの景色は圧巻です。さすがバンジー発祥の地ニュージーランド、このタワーからジャンプオフできるスカイジャンプや展望台の周りを囲う枠上を歩くスカイウォークなども体験できます。もちろん、高級ホテル、カジノやシネマ、ショッピングやレストランも充実しています。今回は、新鮮なシーフードを中心としたバイキングスタイルの展望レストラン、オブザバートリーレストランに行ってきましたのでそこを中心にレポートします。

NZ_0101_0101

通常、展望台に昇るためには、入場料が必要になりますが、展望台レストランに予約を入れておりますと、無料で入場できます。クリスマスシーズンは、1月半ばぐらいまで続きますので、おそらく1月に訪問される方も、おおきなクリスマスツリーが、みなさんを迎えてくれると思います。そのクリスマスツリーを横目に、わくわくしながら、エスカレーターを下って、高速エレベーターのあるタワー入口に向かいます。

NZ_0101_0102

お洒落なマーブル調の壁にシェフがチョコレートでデコレーションしたかのようにレストランの名前が記されており、お洒落な雰囲気を盛り上げてくれます。一歩レストラン内に足を踏み込むと、壮大なパノラマが広がります。サマータイムではありますが、夕食時なので、多少日が暮れた感じになって、オークランドハーバーとブリッジの景色は、情緒たっぷりです。 ちなみに写真に写っている外枠がありますが、そこをスカイウォーク参加者は歩くことになります。

NZ_0101_0103

基本的にバイキングスタイルの食事ですが、最初にオントレイが出てきまして、やはり高級レストランの雰囲気を醸し出してくれます。今回は、牛肉とシーフードのコンビネーションでおいしかったです。

NZ_0101_0104

料理がディスプレーされているところも、スカイタワーぽくデザインされており、お洒落な感じです。メニューは、シェフのおすすめスープから、刺身やすしを含む前菜系のメニューが12種類、サラダが12種類、メインメニューは9種類、その場でスライスしたローストビーフやハム、アジアンフードのメニューもあり、充実しています。今回は、庶民的な焼き魚があり、私にとっては、非常に魅力的でした。そして忘れてはならないのが、デザートですね。これも9種類あり、特にワッフルコーンのアイスクリームは、ニュージーランドならではのおいしさです。

NZ_0101_0105

レストランに予約した45分前か、あるいは食後にスカイタワー展望メインデッキで360度のパノラマを楽しむことができます。素晴らしい眺めと食事に満足した後は、高速エレベーターの出口から自動的にお土産ショッピングエリアに誘導されるようになっています。店内も、スカイタワーでトータルコーディネートしていて見ているだけでも結構楽しくなります。

NZ_0101_0106

レストランだけでなく、スカイジャンプやスカイウォークなど、スカイシティーアンドタワーは、チャレンジ精神の旺盛な方は、何度も足を運んでしまう魅力的な場所ではないでしょうか。

Copyright© 2017 ニュージーランド情報 All Rights Reserved.