月別アーカイブ: 1月, 2011

ロングベイ地方公園で楽しい夏のひと時

20 1月
2011年1月20日
Share on GREE

南半球のニューイヤーシーズンは、真夏の太陽の下で、ビーチやサマーキャンプで過ごすのが一般市民の定番となっています。今回は特に、クリスマス休暇は土日を合わせて4連休、そして新年の祝日もその1週間後にまた土日を合わせて4連休と充実しておりました。ニュージーランドのクリスマスは、通常、1年ぶりに家族親戚が集まり、ゆっくりした時間を過ごしますので、新年の祝日は、特にアウトドアのアクティビティーを楽しむというのも納得がいきます。今回は、昨年11月にスーパーシティーとなったオークランド市の管理となったロングベイ地方公園をご紹介します。ダウンタウンから約22キロSH1号線を北に向かい、Oteha Valley Roadでおります。後は標識に従って行けば、迷うことはないと思います。バスターミナルから定期バスが出ていますので、それを利用するのも便利かと思います。

NZ_0102_0101

オークランドは、多くの湾とビーチに囲まれた湾岸都市で、数多くの管理の生き届いた海岸に面した自然公園が点在しています。ロングベイ地方公園は、海水浴とピクニックを同時に楽しめる非常に恵まれた地形になっています。

NZ_0102_0102

日本の海水浴場と言いますと、ビーチパラソルと人で埋め尽くされるようなイメージがありますが、ここでは、ゆったりとした芝生と大きな木々に囲まれた公園が砂浜すぐ近くまで来ていますので、家族やグループは、木陰や、持参のガゼボ、テント等で思い思いに場所を陣取り、海水浴、スポーツ、バーベキューなどを楽しみます。

NZ_0102_0103

約1キロに渡って続く遠浅の砂浜は、年間100万人以上の訪問客で賑わいます。しかし、御覧の写真のように、あまりにも広い砂浜は、人気のスポットであるにもかかわらず、それを全く感じさせず、青い海と空が心と体をリラックスさせてくれます。

NZ_0102_0104

海の家のお客さん勧誘などありませんし、ゴミなどは散在していません。このロングベイビーチにあるのは、コロニアル風レストランと写真のキオスクだけです。 もちろん、基本的なシャワー施設、脱衣場等は、公共施設としてだれでも利用できます。

NZ_0102_0105

さらには、アンクル・エリックズプレイグラウンドもあり、夏だけでなく、特に家族連れは季節を超えて楽しむことができます。

NZ_0102_0106

今回ご紹介したロングベイ地方公園は、2時間ぐらいの短時間訪問から丸1日滞在まで、用途に合わせて楽しめるニュージーランド的オールラウンド型パークと言えます。少し長くオークランドに滞在をお考えであれば、是非一度、足を運んでいただきたい公園です。

スカイシティー・展望レストランで夕食を

02 1月
2011年1月2日
Share on GREE

オークランドのランドマークタワーとして、またエンタテーメントの象徴としてすっかり定着した感のあるスカイシティー。328メートルの高さのタワー(展望フロアーは200メートルの高さです)から眺める360度パノラマの景色は圧巻です。さすがバンジー発祥の地ニュージーランド、このタワーからジャンプオフできるスカイジャンプや展望台の周りを囲う枠上を歩くスカイウォークなども体験できます。もちろん、高級ホテル、カジノやシネマ、ショッピングやレストランも充実しています。今回は、新鮮なシーフードを中心としたバイキングスタイルの展望レストラン、オブザバートリーレストランに行ってきましたのでそこを中心にレポートします。

NZ_0101_0101

通常、展望台に昇るためには、入場料が必要になりますが、展望台レストランに予約を入れておりますと、無料で入場できます。クリスマスシーズンは、1月半ばぐらいまで続きますので、おそらく1月に訪問される方も、おおきなクリスマスツリーが、みなさんを迎えてくれると思います。そのクリスマスツリーを横目に、わくわくしながら、エスカレーターを下って、高速エレベーターのあるタワー入口に向かいます。

NZ_0101_0102

お洒落なマーブル調の壁にシェフがチョコレートでデコレーションしたかのようにレストランの名前が記されており、お洒落な雰囲気を盛り上げてくれます。一歩レストラン内に足を踏み込むと、壮大なパノラマが広がります。サマータイムではありますが、夕食時なので、多少日が暮れた感じになって、オークランドハーバーとブリッジの景色は、情緒たっぷりです。 ちなみに写真に写っている外枠がありますが、そこをスカイウォーク参加者は歩くことになります。

NZ_0101_0103

基本的にバイキングスタイルの食事ですが、最初にオントレイが出てきまして、やはり高級レストランの雰囲気を醸し出してくれます。今回は、牛肉とシーフードのコンビネーションでおいしかったです。

NZ_0101_0104

料理がディスプレーされているところも、スカイタワーぽくデザインされており、お洒落な感じです。メニューは、シェフのおすすめスープから、刺身やすしを含む前菜系のメニューが12種類、サラダが12種類、メインメニューは9種類、その場でスライスしたローストビーフやハム、アジアンフードのメニューもあり、充実しています。今回は、庶民的な焼き魚があり、私にとっては、非常に魅力的でした。そして忘れてはならないのが、デザートですね。これも9種類あり、特にワッフルコーンのアイスクリームは、ニュージーランドならではのおいしさです。

NZ_0101_0105

レストランに予約した45分前か、あるいは食後にスカイタワー展望メインデッキで360度のパノラマを楽しむことができます。素晴らしい眺めと食事に満足した後は、高速エレベーターの出口から自動的にお土産ショッピングエリアに誘導されるようになっています。店内も、スカイタワーでトータルコーディネートしていて見ているだけでも結構楽しくなります。

NZ_0101_0106

レストランだけでなく、スカイジャンプやスカイウォークなど、スカイシティーアンドタワーは、チャレンジ精神の旺盛な方は、何度も足を運んでしまう魅力的な場所ではないでしょうか。

Copyright© 2017 ニュージーランド情報 All Rights Reserved.