月別アーカイブ: 1月, 2011

2011年はマチュピチュ遺跡発見100周年!

15 1月
2011年1月15日
LINEで送る

Feliz Año Nuevo 2011! 新年 あけましておめでとうございます。 今年もペルーから楽しい話題をお届けして参ります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

2011年最初の話題は、やはり「世界遺産マチュピチュ」。 インカ第9代皇帝パチャクテックによって建設されたといわれるこの空中都市は 日本でもテレビや雑誌で幾度となく紹介されており、 その神秘的な姿をご存知の方も多いでしょう。

SONY DSC

「空中都市」「インカの失われた都市」とも称されるマチュピチュ

アメリカ人探検家ハイラム・ビンガムによってマチュピチュ遺跡が「発見」されたのが 1911年7月24日。 今年はその世紀の発見からちょうど100年になります。 ただしペルー政府としては、あくまでも「西洋世界での発見」という見解のようで 当地での発表は 「Centenario del encuentro de Machu Picchu con el Mundo Occidental (西洋世界におけるマチュピチュ発見100周年)」という表現になっています。

PE_0115_02

九十九折のハイラム・ビンガム・ロード

ビンガムはマチュピチュ遺跡で発掘したミイラや陶器、織物など4万6千点以上を アメリカ合衆国のイェール大学に持ち帰っており、ペルー政府は長年その返還を求めてきました。 昨年やっと要求が受け入れられ、今年3月から徐々に返還されることになりました。 まず状態のよいもの360点余りが、そして2012年半ばくらいまでに 全ての出土品が返還される予定だそうです。

PE_0115_03

インカ初代皇帝マンコ・カパックの創世神話が残る「3つの窓の神殿」

今年7月7日には、遺跡発見100周年を記念した盛大なイベントが実施されるとのこと。 現在スティングやポール・マッカートニーなど世界の大物アーティストと、 式典への出席について交渉が行われているそうです。

PE_0115_04

遺跡内には、かわいいリャマやアルパカがいっぱい

マチュピチュ遺跡。 ユネスコの世界文化遺産・自然遺産に登録されているほか、 2007年7月に「新・世界七不思議」の1つにも選ばれた人類の宝。 今年は世界中の注目をさらに集めそうな予感がします。

★マチュピチュ遺跡発見100周年記念イベントの予定★ 現時点の発表では、記念式典は7月7日の予定。 それに合わせ、リマやクスコで様々なイベントが開催されると思われます。 そのため、この時期はリマ-クスコ間の飛行機やホテルが混み合うことも予想されます。 ペルー旅行をご計画の方は、ぜひ事前に情報収集してくださいね。

ペルーの年越し、三種の神器

15 1月
2011年1月15日
LINEで送る

ペルーの大晦日になくてはならない物、それは 「黄色いグッズ」と「年越しブドウ」、そして「打ち上げ花火」。 これらがなければ、一年を締めくくることができません。

まずは「黄色いグッズ」からご説明しましょう。 黄色は幸運を呼ぶ色と言われ、 年越しに黄色いものを身につけるとよいと言われています。 特に黄色い下着を着けて新年を迎えると幸運が訪れるそうで、 この時期、下着売り場の壁一面が黄色いランジェリーで埋められることも。

PE_0101_01

黄色い風船で熱心に店の飾りつけをする店員さん。 これで来年も商売繁盛?

PE_0101_02

スタンダードなものからヒップハンガー、Tバックまでタイプもお好みで

さて、お次は年越しソバならぬ、「年越しブドウ」です。 ペルーでは、大晦日にブドウを12粒食べると幸せになると言われています。 スペインから伝わった風習で、本来は新年を迎える鐘が鳴り終わる前に完食するらしいのですが、 ペルーでは大晦日の夕食時にいただくという人も多いようです。 そのほうがゆっくり願いを込めながら口にすることができるので、 のんびりしたペルー人には、都合がいいのかもしれませんね。

SONY DSC

大粒で美味しいペルーのブドウをぜひ

そして大晦日のメインイベントは打ち上げ花火! リマ旧市街・アルマス広場をはじめ、街のあちこちで盛大な花火が打ち上げられます。 カウントダウンの随分前から試し打ちが始まり、「すごいなぁ」なんて感心しているうちに いつの間にやら新年を迎えていた、なんてことがあるくらい、 とにかくどんどん打ち上げる。これがペルー式のようです。

SONY DSC

住宅街でも新年を祝う花火があちこちで!

SONY DSC

2011年が素晴らしい年になりますよう!

日本のしみじみとした大晦日も風情がありますが、 ラテン的な盛り上がりを見せるペルーの新年もなかなか楽しいですよ。 皆さんもぜひよいお年をお迎えください!

Copyright© 2017 ペルー情報 All Rights Reserved.