海を見下ろすショッピングセンター、ラルコマール

15 4月
2011年4月15日
LINEで送る

リマの繁華街、「Distrito de Miraflores(ミラフローレス区)」。 1857年1月2日に制定された歴史ある区でありながら、リマ市内観光の拠点として 常に新しいものを取り入れ、発信してきました。 中でも太平洋に面したショッピングセンター「Larcomar(ラルコマール)」は リマの「今」を知るためには欠かせないスポット。 ブティックやレストランだけでなく、オリジナリティ溢れる雑貨やアクセサリーなどかわいい小物もいっぱい。 また映画館やディスコ、博物館など様々な施設も併設されており、 観光客のみならず、おしゃれに敏感なリマっ子もよく訪れる場所です。

PE_0415_01

大海原を見下ろす崖に造られた開放的なラルコマール

PE_0415_02

とぼけた表情がなんともいえないアルパカのぬいぐるみ

またラルコマール付近はスポーツのメッカとしても知られています。 例えば崖下に広がるビーチは、絶好のサーフポイント。 一年を通して多くのサーファーたちで賑わいます。 また近くの公園ではパラグライダーの体験飛行も可能。 経験豊富なインストラクターと一緒に乗る安心なタンデム式(2人乗り)で、 現地で直接申し込むことができます。 海から吹きあげる風に乗って、大空の散歩に出かけてみませんか?

SONY DSC

波乗り成功!

PE_0415_04

色鮮やかなキャノピーがふわふわと浮く様は、見ているだけで楽しくなります

そして忘れてはならないのが、「Parque del Amor(恋人たちの公園)」。 1993年2月14日のバレンタインデーにオープンしたこの公園には、 日本のガイドブックでも紹介されている巨大な恋人たちの像があります。 その大胆なポーズといいごつごつとした加減といい、一度見たら忘れられない個性的な彫像ですが、 それがかえって刺激となるのでしょうか。 いつも多くの恋人たちがこの像の周囲で愛を語り合っています。

PE_0415_05

「恋人の像」を眺めながら、どんな愛の言葉を囁き合うのでしょう?

ラルコマールを楽しんだ後は、ぷらぷらと散歩しながら人間ウォッチング。 時間に縛られない、のんびりとしたひと時を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

★ラルコマールへの行き方★ ミラフローレスの目抜き通り、Av. Larco(ラルコ通り)を南下、 マリオットホテルのすぐ目の前にあります。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 ペルー情報 All Rights Reserved.