ペルーの年越し、三種の神器

15 1月
2011年1月15日
LINEで送る

ペルーの大晦日になくてはならない物、それは 「黄色いグッズ」と「年越しブドウ」、そして「打ち上げ花火」。 これらがなければ、一年を締めくくることができません。

まずは「黄色いグッズ」からご説明しましょう。 黄色は幸運を呼ぶ色と言われ、 年越しに黄色いものを身につけるとよいと言われています。 特に黄色い下着を着けて新年を迎えると幸運が訪れるそうで、 この時期、下着売り場の壁一面が黄色いランジェリーで埋められることも。

PE_0101_01

黄色い風船で熱心に店の飾りつけをする店員さん。 これで来年も商売繁盛?

PE_0101_02

スタンダードなものからヒップハンガー、Tバックまでタイプもお好みで

さて、お次は年越しソバならぬ、「年越しブドウ」です。 ペルーでは、大晦日にブドウを12粒食べると幸せになると言われています。 スペインから伝わった風習で、本来は新年を迎える鐘が鳴り終わる前に完食するらしいのですが、 ペルーでは大晦日の夕食時にいただくという人も多いようです。 そのほうがゆっくり願いを込めながら口にすることができるので、 のんびりしたペルー人には、都合がいいのかもしれませんね。

SONY DSC

大粒で美味しいペルーのブドウをぜひ

そして大晦日のメインイベントは打ち上げ花火! リマ旧市街・アルマス広場をはじめ、街のあちこちで盛大な花火が打ち上げられます。 カウントダウンの随分前から試し打ちが始まり、「すごいなぁ」なんて感心しているうちに いつの間にやら新年を迎えていた、なんてことがあるくらい、 とにかくどんどん打ち上げる。これがペルー式のようです。

SONY DSC

住宅街でも新年を祝う花火があちこちで!

SONY DSC

2011年が素晴らしい年になりますよう!

日本のしみじみとした大晦日も風情がありますが、 ラテン的な盛り上がりを見せるペルーの新年もなかなか楽しいですよ。 皆さんもぜひよいお年をお迎えください!

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 ペルー情報 All Rights Reserved.