月別アーカイブ: 1月, 2009

「チェコの名物品」

22 1月
2009年1月22日

チェコに旅行に行かれる際に、ぜひ味わってもらいたい料理をご紹介致します。
一つ目はクネードリキです。どんなメイン料理かと思われるでしょうが、
実はこのクネードリキはメイン料理ではなく、メイン料理と一緒にお皿に乗ってくる
付け合せです。
蒸しパンのようなもので、グラーシュ他肉料理の付け合せとして出てきます。
Exif_JPEG_PICTURE
写真は鹿肉のグラーシュとクネードリキの料理です。

チェコの名物料理2品目はチーズ揚げ。
Exif_JPEG_PICTURE
チーズにパン粉をつけて油であげたものです。

観光客向けのレストランだと値段がそれなりにしますが、
地元の人が入るような大衆居酒屋のようなところに入ると
驚くほど安価でとっても美味しい料理とビールを頂くことが出来ます。
このようなレストランには英語のメニューなどはありませんので、
自分が食べたい料理名はチェコ語で覚えていくと良いでしょう。
私が入った店ではメニューすら存在せず、その日のお薦めメニューが
黒板にチョークで書いてあるような店でした。
観光で歩きつかれた時に美味しいビールと美味しい料理を頂くと旅の疲れも吹っ飛びます。

さてすでに世界的に有名ではありますが、チェコのお土産屋さんといえば、
ボヘミアングラスは欠かせません。
Exif_JPEG_PICTURE
プラハからはオプショナルツアーでボヘミアングラス工場を見学するツアーもあります。
非常に細かいあの模様を職人が一つ一つ作っていく様子を間近で見られます。
工場の見学はとてもおもしろいですし、見学後には直売ということもあり、
街中のお土産屋で買うよりもかなりの安価で製品を購入することが出来ます。
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

透明で非常に細かい模様の入ったものから、色づけされたものまで種類豊富にあります。
お土産屋さんではじっくり眺めて素敵なお土産を選んで下さい。

「プラハ街歩き」

11 1月
2009年1月11日

今回はプラハの町をご紹介いたします。
中世の趣が残るプラハの旧市街は、ただ散策しているだけでもかなり楽しめます。
街の中には観光客を楽しませてくれる場所がいくつもあります。

まずは、道路わきにひっそりをあるこちら。
01_01
よく見ないと気づかないのですが、人の顔をしています。
しかも一つ一つ違う顔をしているんですよ。
Exif_JPEG_PICTURE
前から見るとなんとも滑稽な顔をしています。
通り過ぎる人は意外とこれの存在には気づいていないようです。
私が写真を撮っていると、「あら、何かしら?」といった感じで、
皆始めてこれの存在に気づいているようでした。

お次は、こちら。
Exif_JPEG_PICTURE
これは観光客には割りと目に付き易い場所にあります。
それにしてもなぜこの場面??と思ってしまいますね。
写真を撮るのも何だか恥ずかしかったです。
でも良く見ると、この二つの像がたっている台はチェコの国土と同じ形をしているんですよ。
そして何気に電動でこの像が動くようになっています。
皆さんもぜひこの像と一緒に記念撮影をしてみてはいかがでしょうか?
Exif_JPEG_PICTURE

最後はこちら。
Exif_JPEG_PICTURE
建物と建物の間の細い隙間にcafeの看板がかかっています。
この隙間は階段になっていて、この階段を下りるとヴルタヴァ川沿いにあるカフェに
いけるようになっています。
この隙間は人が一人通るのがやっとの幅なので、途中で人と人がすれ違うことが出来ません。
そこで、写真を良く見てみてください。
信号がかかっているのに気がつきましたか?
階段の上下にあるボタンを押すと信号が赤信号に変わります。
赤信号の時には誰かがここを通行しているので、その人が通行し終わるまで
待ちましょうという意味です。

皆さんもプラハの町を散策する時にはこれらの面白いものを探しながら歩いてみてください。

ホロコースト記念碑とユダヤに関するお土産品

07 1月
2009年1月7日

ブダペストにあるヨーロッパ最大のシナゴーグの裏庭にはホロコースト記念碑がたっています。
Exif_JPEG_PICTURE
第2次世界大戦中にはこの場所が集団墓地となっていました。
世界大戦の被害にあった約60万人のユダヤ系ハンガリー人を追悼する記念碑です。
柳の木をイメージして作られたもので、柳の葉一枚一枚には犠牲者の名前が刻印されています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
中庭にはナチズムの犠牲者となったユダヤ人の墓地となっています。

シナゴーグの敷地内にはお土産屋さんが2軒ほどあります。
さすがヨーロッパ最大のシナゴーグだけあって、お土産品も種類豊富で
ユダヤに興味のある人にとっては目が輝いてしまう場所です。

ユダヤ人のことを面白おかしく表現したTシャツも売っていました。
正統派の格好をしたユダヤ人がi-podで音楽を聴いてノリノリになっている絵や、
くまのプーさんに黒い服と黒い帽子をかぶせ、正統派特有のもみ上げをつけて、
「Winnie The Jooh」と書いてあるTシャツなど。
Exif_JPEG_PICTURE
面白半分で買って帰るのはいいと思いますが、宗教のこととなると人間は熱くなりやすいので、
ユダヤ人の多くすむ街などでこのTシャツを着て歩くことはお薦めできません。
シナゴーグ内のお土産屋で売っている=ユダヤ人公認(?)という解釈も出来ますが、
くれぐれもこのTシャツが原因でトラブルのない様に気をつけてください。

そのほかにも、
Exif_JPEG_PICTURE
ユダヤ人人形や

Exif_JPEG_PICTURE
ガラスで出来たユダヤ人の置物、
メノラーなどもあります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE
ユダヤにあまり興味がない人でもシナゴーグを訪れた記念に何か購入したいという方には、
マグカップや栞などがお薦めです。

ユダヤ博物館

03 1月
2009年1月3日

前回ブダペストのシナゴーグを紹介しました。
今日は、シナゴーグの横にあるユダヤ博物館をご紹介します。
このユダヤ博物館は世界最大級の所蔵品が揃っています。
所蔵品はローマ時代から19世紀に至るまであり、とても興味深いものばかり。
Exif_JPEG_PICTURE

とても細かい字で書かれているトーラーと指差し棒。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Copyright© 2017 ポーランド All Rights Reserved.