カテゴリー: ショッピング

ポルトガルの市場事情

05 12月
2010年12月5日

今回はポルトガルの市場事情です。

最近はすっかりスーパーが主流になってきているとはいえ、まだまだリスボンにはたくさんの市場が残っている。街のレストランやお昼を出しているカフェの人たちなどのほか、毎日のご飯の材料を買いに来る主婦の人たちなど、市場は朝から大賑わい。どこの国でもそうですが、市場は活気に溢れていて、その国の食文化を知る一番の観光地ですね!

リスボンの中だけでも地域ごとにたくさんの市場があるのだけど、今回はArroiosという、街の中心からメトロで4、5駅ほど行った大きな市場を紹介。

市場は場所ごとに色んな建物の形があり、ここは円形。だいたい円形の市場は、中心が魚、その隣に野菜類、一番外側に肉屋、という配置が多いみたい。肉屋も鶏専門、それ以外専門など、色々分かれているのが普通のスーパーや街の肉屋と違うところ。

魚屋は、歩いているとどこも「ちょっとちょっと!新鮮なのがあるよ!見に来てごらん。」と声をかける。毎日の常連さんとはちょっとした世間話をしたり、人気のところは週末になると叫んで注文しないとなかなか順番が回って来ないくらい込み合ったり、スーパーではもう存在しない人とのふれあいを感じる場なのです。最近では「日本人?寿司でしょう?知ってるよ!生で食べるんだよねー。」などと声を掛けられる事も。今はリスボンは寿司ブームなんです。

POR_1201_0101

魚はこれまた日本とは違う顔ぶれ。でもやっぱりポルトガルで美味しいのは青魚!イワシ、アジ、今の時期だとサバなどなど、本当に新鮮で美味しい。アンコウも美味しそうなのがたくさん出てきました!魚を選ぶと処理をして欲しいか聞かれるので、うろこをとってもらったり内蔵を綺麗にしてもらったり、人によっては切り身にしてもらってあとは焼くだけ、の状態にしてもらう。あ、でもこちらでは3枚には下ろせないところが多いのでご注意!大体がぶつ切りです。

POR_1201_0102

肉屋も豚やウサギ、牛など1匹まるまるとか大きく分けた部分が吊るされていたりして、日本とはまた様子が違う。日本ではなかなか大きな固まりや鶏1匹丸々を見つけるのが大変なこともあるけど、こちらは固まりが置いてあって、そこからどのように切り分けて欲しいか注文する。モツなんかもとても新鮮なのがあるのですよ!こちらのカフェではモツ煮込みなどのメニューをよく見かけます。ひき肉だって、注文してから挽いてくれるところがほとんです。

POR_1201_0103

こんなエプロン専門店もあったり。。このエプロン、こちらの飲食店で働くおばちゃんたちの定番物です。よく見ると花柄だったりしてけっこう可愛い。

POR_1201_0104

朝少し早く起きて街の観光ついでにこんな感じで市場をウロウロしてみるのもいかがでしょう?朝一番のエネルギーをきっともらえると思います。日曜、月曜日は市場は休みなのでご注意ください。そうそう、レストランでも市場が休みな月曜日は魚を注文しないのがこちらの常識なようです!

リスボンの蚤の市

23 11月
2010年11月23日

ヨーロッパを旅していて面白い見所の一つはフリーマーケット、という人も多いのではないでしょうか。今回は、リスボンの蚤の市を紹介。

リスボンで一番大きくて有名なのが、Feira da Ladra、泥棒市。旧市街地、アルファマ地区に毎週火曜日と土曜日、朝から夕方までやっている。泥棒市の中心にはかの有名なファド歌手アマリア・ロドリゲスが眠る、サンタ・エングラシア教会やかつては市場として機能していたけれど、今ではたまに行われるイベント会場などになっている大きな建物がある。

POR_1101_0101

売っている物は、その名の通り、本当にどこかで盗まれて来たものじゃない?と思うような色んな部品やらがらくた、アンティークの家具や食器、衣服などそれはもう様々。一見他の国の洗練された蚤の市を見たあとでは何にもないがらくただらけの露天ばかりに見えるけど、これがなかなかすごい掘り出し物がとてもお手頃な価格で手に入るのがポルトガルの泥棒市のいいところ!とにかくまだまだ古い物より新品なものを好むポルトガル人が多いから、ヨーロッパの中では安くいい物が見つかる隠れた宝庫なのです。

POR_1101_0102

ポルトガルらしく、古いアズレージョ(タイル)が売ってあったり、銅製品もよく見かける。タイルは数枚だけもって帰ってうちの壁や家具にはめ込んでもいいし、裏にコルクを貼って鍋敷きにしても味があって素敵。アフリカからの移民も多いので、アフリカの民芸品も面白い。

POR_1101_0103

日本にもって帰るのはちょっと大変だけど、ランプシェードなどもアンティークで可愛い物がたくさん!ポルトガルの切り子のグラスなどだったらなんとか持って帰れるかしら。美味しいポルトワインと一緒にいかが?最近は昔市場だった場所にも少しずつ小さなお店が入り始め、可愛らしい手作りの洋服でいっぱいの店舗も流行っている。

泥棒市の入り口(または裏口?)には、サン・ヴィセンテ・デ・フォーラ教会があり、ここの目の前にはこれまた有名な路面電車28番が停まる。たくさんの露店をゆっくり見たあと、この教会の横にあるカフェでちょっと一休みするのはいかがでしょう。中庭には季節によっては花が咲き乱れていてとても綺麗だし、端にある噴水の水の流れる音はとてもリラックスさせてくれる。
POR_1101_0104

ちなみに現在リスボン在住歴5年以上になる私の家の中は泥棒市で購入した家具やら小物だらけ。今回ゲットした小物たちはこちらです。。シルヴァーのナプキン立てやドアノブ、銅のにわとりがアクセントの爪楊枝入れ。これをうちに帰って丹念に磨くのもまたここで物を買う楽しみの一つなのです。。

POR_1101_0105

Copyright© 2017 ポルトガル情報 All Rights Reserved.