月別アーカイブ: 9月, 2010

リスボンの市場情報

25 9月
2010年9月25日

リスボンの市場情報を紹介します。

 

ヨーロッパ先進国ではオーガニック(無農薬)野菜などはずいぶんと普及していますが、ポルトガルもようやく少しずつ浸透しはじめているようです。といってもやはり値段も普通の食材よりは少し高めなので、まだまだ食材にこだわる人やグルメなひと、外国人が多いのですが。

 

街のスーパーやハイパーマーケットにもオーガニック野菜コーナーは隅の方に少しだけありますが、断然のお勧めは毎週土曜日にリスボンのプリンシペ・レアル公園でやっているオーガニック市場。まだまだ店の数は少なく全部で約6、7店舗なのですが、いつも新鮮な野菜をめがけてショッピングに来る客で溢れています。週に1度だけなので、通っているうちに毎週来るお客さんたちとも顔なじみになったり、意外と知っている人が多くて「あら、あなたもここで野菜を買うこだわり派だったんだ!」なんていう会話になったり。

POR_0925_0101

普段八百屋で見るような馴染みのある定番野菜から、季節の野菜、ハーブ、オーガニックのオリーブオイルやジャム等々、観光がてらブラブラ見ているだけでもとても楽しいです。中でも嬉しいのはハーブ類。バジルなどはスーパーで買うより断然量も多くて色も鮮やかでたくましいのが1房0、7ユーロ!先日はラッキーな事に赤紫蘇までゲットしました♪紫蘇類は「Shiso」と札に書いてあります。最近は日本食レストランが増えているから求める人も多くなっているのかもしれません。

POR_0925_0102

野菜の中で一番お勧めなのはなんといってもトマト!こちらではフルーツトマトというのはない上に、見た目は赤いのに食べてみると水っぽくて味がとても薄いトマトばかりなのですが、ここのオーガニックのトマトは濃厚で甘いのです。ミニトマトなどはたくさん買っても帰りに一つ、また一つとつまみ食いしながら帰途についているうちに半分くらい食べてしまうくらい(笑)

POR_0925_0103

市場は公園の隅にあるので、このエリアを散歩したり公園のテラスにあるカフェでゆっくり朝食を取ったりベンチで読書をしている人たちももたくさんいます。

土曜日はちょっと早起きして公園のカフェテラスで朝食を取り、隣の市場でポルトガルの新鮮な野菜たちを覗いてみて、爽やかな朝を過ごしてみるのもリスボンの日常の朝の生活が体験できて楽しい思い出になるかもしれませんよ。

 

 

Copyright© 2017 ポルトガル情報 All Rights Reserved.