聖アントニオ祭

01 7月
2011年7月1日

今回は、リスボンでの最大のお祭りの一つ、聖アントニオ祭の紹介です。

聖アントニオ祭は毎年6月13日に行われますが、最大に盛り上がるのは12日の夜から。街中の人たちがリスボンの旧市街地、アルファマやビカに訪れ夜の街を練り歩きます。

リスボンの守護聖人である聖アントニオは恋の守護者。この日は恋人たちの日でもあるようですが、最近は友達同士や家族で連れ立って繰り出すことの方が多いみたい。

祭りの数週間前から旧市街地では通りに色んな飾り付けが始められ、音楽がどこからともなくかかり始め、街は少しずつお祭り気分に♪当日は他の国々からもこのお祭りを見る為に観光客がたくさん来られるのです。

夕方になると、街中がいわしの焼けるいい匂いでいっぱい。このお祭りは別名「いわし祭り」とも言われ、この日ばかりは一般家庭の人たちも皆バーベキューコンロをうちの前に持ち出して、いわしの炭火焼を売るのです。日本で言うお祭りの屋台みたいで楽しい夜です。いわしの他は豚肉牛肉ステーキをパンに挟んだものなども。

さっそく時々行くカフェも外に鰯の炭火焼を出していたので一匹目のいわしをゲット!

POR_0701_0101

アルファマ地区に到着すると、すでに音楽のボリュームは最大、普段は中だけで営業している食堂が皆いわしをひたすら焼いている!

POR_0701_0102

夜が更けるにつれて人はどんどん増え始め、ちょっとした広場や階段の踊り場などはお祭り騒ぎに。DJブースもできて、街全体がディスコのよう。あまり遅くにつくといわしにありつくにも行列に並ばないといけないのでご注意。

POR_0701_0103

こちらは大聖堂。大聖堂では13日に何組もの結婚式がここで行われるのが習わしです。でも前日の夜はこんな感じで盛り上がるんです。

POR_0701_0104

いわしを求めどこも行列が出来始めている夜10時頃。私たちも30分ほど並んでようやく次のいわしをゲット。6匹で5ユーロです!どれも丸々太っていてジューシー。

POR_0701_0105

あちこちで色んなライブやコンサートなんかも行われるのですが、私たちも友人グループがこの日だけのために出したステージでのライブを聴きに行きました。野外なのにまるでライブハウスにいるような盛り上がりよう。皆ヒートアップして踊って歌ってすごい熱気でした!

POR_0701_0106

この他ビカ地区のほうにいっても階段がクラブ状態になっていたり、朝までリスボン子や観光客でごったがえすリスボン旧市街地区。皆さんも来年はぜひこの時期に合わせて来てみられてはいかがでしょうか?!

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 ポルトガル情報 All Rights Reserved.