夫婦で全て手作り!マリアとペドロのカフェ

18 2月
2011年2月18日

リスボンの旧市街地区、アルファマにある素敵なカフェの紹介です。
カフェはちょうど泥棒市、Feira da Ladraが行われる場所のど真ん中にあります。泥棒市といえば、掘り出し物の宝庫。ゆっくり吟味して色々見つけねばならないのですが、やはり腹が減っては戦はできぬ!そこで泥棒市のちょうどど真ん中の建物に入っている1件の小さな可愛らしいこんなカフェでサッと朝食はいかがでしょうか?カフェが入っている建物自体は昔は市場があった場所。今ではギャラリーとして使われているメインのスペースのほかに、その周りには色んな路面店がここ1、2年でポツポツ入りだしています。

中に入ると色んなものがとにかく可愛らしい!手作りだと見てすぐわかるチョコレートが綺麗に陳列されていて、お菓子やパン類もこれは仕入れたものではなさそうだ、とわかります。ガラス張りの向こうには小さな工房があり、そこにはお菓子を作る道具がたくさん並べられていて、とにかく見ているだけでワクワク。

POR_0202_0101

POR_0202_0102

泥棒市に来たお客さんがたくさん訪れるのだけど、けっこう狭くてあんまり人が入れないのだけが残念。。でもここのホットチョコレートは誰もが通りかかってフラッとつられて入ってしまう魅力の一品です。チョコレート菓子が専門のホットチョコレートなんだから、間違いありません。
クロワッサンや他のお菓子を食べてみて、手作りの味がとても美味しかったので、おもわずお店をされているご夫婦に話しかけてみました。

POR_0202_0103

ご夫婦で料理学校を卒業され、それからは各自レストランなどで働いた後このカフェを開いたそう。ご主人は日本食レストランでも働いた経験があり、少し日本食にも馴染みがあるようです。カフェにおいてあるのはもちろん全てお二人のレシピで手作り。ケータリングなども行っているそうです。

例えばポルトガルで売っているクロワッサンは、あのフランスのものとはかけ離れた、形だけ似せたパンのようなもの。でもここのマリアさんたちが出しているのはバターもたっぷりさっくりしていて、何もかけたり挟まずに頂いても本当に美味しいのです。他のポルトガルの典型的なお菓子たちも彼らのオリジナルで少し変化があったりで、彼らの心がこもっているのが伝わってくるのです。

「いつか何か一緒にできたらいいね!」と話が盛り上がり、とても暖かい気持ちでカフェを後にしました。
POR_0202_0104

笑顔が素敵すぎるお二人!
as marias com chocolate
Campo de Santa Clara. Loja 1
tel: 965 550 457

素敵な肉屋さん

06 2月
2011年2月6日

先日素敵な肉屋さんを見つけました。リスボンの旧市街地区、アルファマから少し登ったグラッサ地区の丘の上にある小さな肉屋さん。グラッサといえばもともと学生なども多い、ちょっとお洒落で文化的な匂いがほのかにする地域でしたが、最近はさらにちょこちょこ新しいお店がオープンしていて散歩も楽しい界隈です。近所に泥棒市などがあるからか、古い物をうまく使うお洒落なカフェやバーも増えています。最寄りの地下鉄の駅がないのがちょっと面倒ですが、センターから出ている誰もが観光のために一度は乗る28番の路面電車が必ず通るルートです。

いつも立ち寄るそんなお洒落なフレンチカフェの隣にあるこの肉屋さん、フラッと入ったけど、やっぱり何か感じる物が会って足を向けた気がします。見た目はどこにでもある外観だけど、どこか可愛らしい。肉屋自体はもう40年ほど前からあるらしく、最近新しくオーナーが代わり、今は若くて笑顔が素敵なとても感じのいい店主でした。

中には最近のお洒落な雑貨屋にでも置いていそうなレトロで昔風の冷蔵庫が置いてあり、
「これは元々ここのあった冷蔵庫で、せっかくだから修理してもらってまた使う事にしたんだ。」とおっしゃっていました。昔のものは捨てて新しいものに、という意識が一般的なポルトガルではとても新鮮!
POR_0201_0101

感心したのは、わりと小さなショーケースなのに、肉の種類がとても豊富な事。鶏から豚、羊、牛とその部位も様々。一般的な肉屋ではなかなか注文しないと手に入らないような部位もあったりして。試しに牛肉を挽いてもらい使ってみたけど、これが新鮮でとても良かった。
POR_0201_0102

自分で合い挽き肉や玉ねぎ人参、卵などなどを会わせてオリジナルのハンバーグも作って置いてあるんですよ。ところでポルトガルでいわゆるハンバーグというのはまた日本のものとは違います。どちらかというと平べったくて肉だけで形作ったとてもシンプルなもの。だからなかなかこの肉屋さんのハンバーグはちょっと珍しい気がしました。
POR_0201_0103

そういうわけでまた覗きに行くと、その時一番気になったのは豚のほほ肉!
日本ではイベリコ豚のほほ肉などがけっこう流行りましたが、こちらではレストランのメニューでも店でもなかなか見ない部位です。早速購入してみました。値段も他の部位とあまり変わらないくらいです。ほほ肉は味がしっかりしているけど歯ごたえがあるので、煮込みが合いそうです。写真は私の作ってみた赤ワイン煮です。
POR_0201_0104

リスボンにはこのように、情熱あふれる手作りの店が少しずつ増えてきました。これからもこういう店を発見してはどんどん発信し、盛り上がっていくことを願う毎日です。
POR_0201_0105

ポルトガルのカフェ

20 1月
2011年1月20日

今回はポルトガルのカフェの紹介です。ポルトガル人にとってカフェとは日常生活の一部としてずっと生まれた時から馴染みのあるもの。そのカフェの数も驚くほど多く、街のどこにいても「ちょっとコーヒーでも飲もうか。」と周りを見回すと必ず視界にどこかのカフェが入って来るといっても過言ではないほどです。

カフェのたたずまいはどこも個性は特になく、至って普通。大体が「Delta」や「Nicola」などなどコーヒーメーカーの宣伝が入ったひさしとともにカフェの名前が表に書かれています。中もひたすら置いているドリンク類が陳列+デコレーションの代わりになっていたり、パンやお菓子などもどこのカフェもほぼ全く同じ品揃えなので、メニューなどは必要ありません。

POR_0102_0101

このメニューもなく、どこのカフェに行ってもほぼ同じというのは、バラエティに富んだ店に慣れている日本人にとっては少し物足りない気もするのですが、慣れてしまうとなかなかいいものです。カフェに入るとまずスタッフに挨拶をし、いつものコーヒーを頼み、ショーケースから好きな菓子パンなどを選ぶか「あれはある?」と聞いて出してもらう。ようするに、こちらの人に取っては、どこにいっても馴染みの店のような感覚になる「安心感」があるのです。

スタッフたちとの会話も日常の一つ。常連の店ならいつもの世間話を、初めての店でもその辺りの事情を聞いたり、ちょっとした会話が自然と生まれるのもポルトガルの素朴でまだまだ根付いている素敵な習慣です。

一番よく飲まれているのは、「ビカ」または「カフェ」、いわゆるエスプレッソです。ちょっと寒い時期にゆっくり座って暖まりたい時などには「カフェ・コン・レイテ」(カフェオーレ)や「ガラォン」(カフェオーレの大きなサイズ)がお勧め。写真はガラォンとこれもポルトガル名物、「パステル・デ・ナタ」(エッグタルト)。

POR_0102_0102

この他にも「カフェ・シェイオ」(エスプレッソにもう少しお湯を多めに足したもの)や「カフェ・ピンガード」(エスプレッソに少しだけミルクを入れたもの)などなど、その種類はなかなか多様で地方によって呼び方も変わります。夏には100%フレッシュな絞り立てオレンジジュースも定番ですよ♪

一つ残念なことは、最近では多くのカフェのお菓子やパンは工場で作られていること。少し寂しい現象です。そんな中、100%手作りのものだけで頑張っているカフェももちろん健在!このような手作りのお菓子などが置いているカフェは、グルメなお客さんがついていたりします。こちらは女3人で経営している小さなカフェの名物アーモンドタルト。

POR_0102_0103

それから、フランスや北欧を意識したちょっとお洒落なカフェもここ数年増えつつありました。ポルトガルの面白いカフェ文化、これからも少しずつ紹介しながら応援していきたいと思います!

POR_0102_0104

クリスマス

06 1月
2011年1月6日

少し前まで暖かい日が続いていたのですが、急に真冬の寒さが到来したリスボンです。

年末年始のリスボンは、クリスマスが終わるとプレゼントを探す人たちは急にいなくなり、その街の賑わいぶりは落ち着きを取り戻しますが、その代わりにいよいよセールが始まります!少し気が早い店になると、クリスマス明けから、他のだいたいの店は年始から。こちらのセールは始めからいきなり50%オフなど大胆なので、最初がいいものを見つける勝負です。

日本ではお正月が1年で一番大きな行事なような気がしますが、こちらでは家族が集まったり仕事が休みなのはクリスマス。年始はだいたい1日だけが休みで、あとは普通に生活をする人が多いようです。大晦日の行事もこれといってはないのですが、皆夜になると友人同士や家族で集まり、カウントダウンをしに街の中心に集まったり、テレビの前でシャンパンなどを持って皆で祝ったりすることが多いよう。年越しの瞬間には日本では年越しそばですが、こちらでは干しぶどうを12粒食べます。その年幸せに過ごせますように、、という願いを込めて。こちらでは厳かな、というよりはパーティームードでいっぱいな日です。

年末年始のもう一つの見所といえば、花火。テージョ河のあたりに年越しと同時に打ち上げ花火が上がるので、たくさんの人たちがリスボン側のコメルシオ広場や河向こうの川沿いの街などに集まり、うち上がる花火を見物。日本では花火といえば夏ですが、こちらではもっぱら冬に打ち上げられる事が多いようです。

クリスマスのイルミネーションは、12月25日で終わるというわけではなく、1月半ばまで続きます。街の中心、ロシオ広場には、今年は可愛らしいメリーゴーランドやスケートリンクが登場。といっても雪も降らなければ凍り付くほど寒くなったりもしないリスボン。スケートリンクは氷ではなく、プラスティックのようなワックスのようなもので出来ていて、借りた専用のスケート靴で滑る、というもの。こちらでは、雪を一度も見た事がない、という人もたくさんいるんですよ!
POR__0101_0101

POR_0101_0102

こちらの冬の風物詩の一つである栗屋さん。秋頃から街中に現れます。炭火で常に焼きながら焼きたての栗を食べれます。だいたい値段は一袋2ユーロ。通り中が炭火の煙でモクモク白くなっているのもポルトガルらしい情緒溢れる風景。日本よりも若干パサついた食感だけど、寒くて小腹が減っている時には暖かくて最高のおやつです。皆さんも街で見かけたらぜひ一度試してみてくださいね!

POR_0101_0103

リスボンのクリスマス

20 12月
2010年12月20日

12月のリスボンは、すっかりクリスマスムードでいっぱい。

気温も急に下がり、ついに本格的な冬がやってきた、という感じです。ポルトガルの冬は雨期にあたり、雨の日がとても多いんです。朝晴れていても昼から雲行きが怪しくなったり、急に雨が降り出したり。この時期観光の方は常に傘を用意されておいたほうがいいかも。

さてさて、リスボンは11月中頃からあちこちでクリスマスのイルミネーションの設置が始まり、いつ点灯かしら?と毎日待っていたけど、12月に各通りのイルミネーションが一斉に点灯!デザインや色は毎年変わり、通りによってもそれぞれテーマがあるようで、少しずつ違う。前年のは一体どうしているのかしら?他の地域や街のものと交換して使っているの?と毎年疑問になるけどまた同じイルミネーションを違う年に他の場所で見た事もないし、謎なまま。。

今年は去年より少し控えめなイルミネーションという印象。それでもやっぱりワクワクした気分にさせてくれるキラキラなリスボンの通り。少し夜の街を歩いてみましょう!

こちらはリスボンの一番中心にあるバイシャ地区の歩行者天国になっているアウグスタ通り。夜になっても散歩している人が多いよう。今年は青いトンネルの下を歩いているような感じ。通りの真ん中にはカフェが何件も並び、お昼はコーヒーやランチ、夜はちょっとお酒でも飲みながら街行く人を眺めて過ごす事ができる。

POR_1202_0101

こちらもリスボンの中心、高級店などが並ぶ華やかな地域、シアード。毎年この通りのイルミネーションが一番色使いも華やかですこしゴージャス目。坂道になっているので光がよく映えます。夜はここを通って飲屋街へ繰り出す若者たちもたくさん。

POR_1202_0102

丘の上にあるお城のライトアップもクリスマスバージョン!いつものライトアップに加え、お城の周りを縁取るライティングと「Boa Festa」(素敵なパーティーを!のような意味)と書かれた文字が浮かび上がる。街の中心から浮かび上がるお城が目に入ったり路面電車のうしろにしっくり来た少し寂しげでシンプルなライティングもリスボン独特の情緒ある風景。夜の街を路面電車で回ってみるのもいいかもしれませんね。

POR_1202_0103

POR_1202_0104

こちらは街のど真ん中にあるロシオ広場。真正面には大きな劇場があり、ここの青く流れるイルミネーションはいつもとても迫力がある。今の季節、夕方までにいくと小さなメリーゴーランドがあったりスケートリンクがあったり(本物の氷ではないけど)、ヨーロッパの冬の風景が少し楽しめます。

POR_1202_0105

まだまだ通りごとに色んな光と色が楽しめる夜の12月のリスボン。ちょっと寒いけど夜の街をこうやって散歩してみるのも素敵な時間の過ごし方です☆

Copyright© 2017 ポルトガル情報 All Rights Reserved.