月別アーカイブ: 4月, 2011

ゴルフコースで動物に遭遇!?南アフリカはゴルフ天国

20 4月
2011年4月20日

EA_0301_00

南アフリカはゴルフ天国とまで言われるほどに、世界中のゴルファーがゴルフを楽しみに来る場所です。
また南アフリカ人にとってもゴルフは子供から大人まで気軽に楽しめるスポーツであり、
プロとしても多くの人が活躍している国民的スポーツでもあります。

南アフリカのゴルフが世界から愛され、国内でもこんなにも多くの人がプレイする理由は大きく二つあります。

一つは気候の良さです。
南アフリカは1年を通して気候が温暖なので、ゴルフを一年中楽しめます。
そして木々や花が多いゴルフ場では自然の移り変わりとともに、季節を肌で感じることができます。
特にジャカランダの花で有名なプレトリアのゴルフ場は10月になるととても美しいと評判です。
また国内でも都市によって気候が全く変わります。それぞれの都市で様々な自然の雰囲気が楽しめるのも人気の理由かもしれません。

そしてもう一つの理由はなんといっても料金のお手軽さ!
日本でゴルフと言えば、ラグジャリーなスポーツというイメージがあります。
しかし南アフリカの休日のゴルフ場には小学生、主婦、そして家族連れまでがゴルフを楽しんでいます。

練習場は打ちっぱなしとは思えないほど広々し開放的な場所。

EA_0301_01

広々とした練習場

敷地内にはピッチングやパッティングの専用の練習場所、またミニゴルフコースやフィットネス、
そしておしゃれなカフェまであるので一日中楽しむことができます。場所は市内からたった15分のところ。
会員費は月々3500円程度。時間や玉の制限はなく、無料のレンタルのクラブもあるので初心者でも気軽にゴルフを始められます。

EA_0301_02

ゴルフをしなくてものんびり過ごせるベンチ

ゴルフコースは多種多様。南アフリカにはアマチュアからプロ用のコースまで本当にたくたくさんのゴルフコースがあります。
国内だけでその数…なんと450カ所!
週末毎回違うゴルフコースを回ったとしても、9年間毎回違うコースを楽しめますね!

そしてなんといっても南アフリカのゴルフコースの素晴らしさは、
アフリカならではの雄大な自然を満喫できること。

EA_0301_03

南アフリカの青空の下でゴルフ

海が見えるゴルフコースや壮大な山々に囲まれゴルフコースではゴルフだけではなく、
普段は味わうことのできない自然の解放感を楽しめます。
中には自然保護区内にあるゴルフコースまであり、コース内で野生の動物に巡り会うなんてことも!?

実際に先日私は、プレイ中にシマウマとハートビーストに遭遇しました!!

そこはリンポポ州にあるゼブラゴルフエステート。
私営の自然保護区内にコースがあり、敷地内にはもちろんたくさん野生の動物がいます。
大自然に囲まれゴルフコースなのはいいのですが…

第6ホール…
なんと私のティーショットの位置にシマウマが!!

EA_0301_04

シマウマが・・・

生まれて初めて檻に囲まれていないシマウマを見ました。
檻の中ではかわいいと思ったシマウマも実際に近くでみると思ったより大きいし、野性味溢れていてその迫力が怖いくらい。
襲われないとは分かっていても、隣でドライバーショットを打つ時はビクビクしていまいました。
野生の動物が持つパワーはすごいですね!本当に圧倒されました!

南アフリカならではの自然溢れるゴルフ!ぜひ試してみて下さい!

体にまで響くその歌声!南アフリカのドリームガールズ

17 4月
2011年4月17日

EA_0402_01

ビヨンセ主演の世界的ヒットとなった映画ドリームガールズ。
その映画のミュージカルが3月11日から南アフリカ、ヨハネスブルグにあるモンテカジノで公演されています。

モンテカジノはその名の通り「 カジノ 」です。

EA_0402_02

豪華なモンテカジノのエントランス

モンテカジノでは本物のギャンブルを楽しむこともできます。
しかしそれだけではありません。
カジノ内には、レストラン、映画館、劇場、ショッピングセンター、ゲームセンター、
ボーリング場…とカジノを全くしない人でも楽しめる一大アミューズメントセンター!
多くの家族連れや、カップルで賑わっています。

EA_0402_03

賑やかなモンテカジノ内

そこで現在公演されているミュージカル「 ドリームガールズ 」
映画は南アフリカでも大ヒットだっただけに、かなり前から予約しないと席がとれないほどの大盛況ぶり。
新聞でも大絶賛されています。その一部をここで紹介します。

EA_0402_04

南アフリカの新聞の批評

南アフリカにとって世界的ヒットとなった映画のミュージカル版を公演することはとてつもない偉業である。
観客の興奮がなによりそのことを物語っている。
「チャンス、変化、友情、家族愛、許し」
誰にとっても起こりうる人生のテーマを歌と共に観客になげかけている。

エフィーを演じるリンディー・バンガーネ(Lindiwe Bungane )
素晴らしいパワーをその声に持っている彼女だが、なんとこれがミュージカル初出演。
このミュージカルは他にも南アフリカの新しい才能の発掘と成長のきっかけになるだろう。

曲はどれも映画で馴染みがあるものだか、ビヨンセ(Beyonce)で有名なリッスン(Listten)をアレンジした
ワット ラブ キャン ドゥ(What Love Can Do)
このミュージカルのテーマである「 友情 」を象徴するような歌詞にアレンジされた新しい曲も紹介されている。

技術的な演出もすばらしく、様々な道具と光りのデザインが見たこともないショーマジックを作りあげている。
特にステップ イントゥ ザ バッド サイド(Sttein’to the Bad Side)の演出には息をのむ。
その他このミュージカルに次々とあらわれる豪華な衣装、ユーモアなどが、目を見張るようなドラマを作り出している。

そんな新聞でも大絶賛のドリームガールズを私も見に行って来ました!

EA_0402_05

ドリームガールズが公演されている劇場

劇場は全席満席!このミュージカルの人気を物語っています。
約2時間のミュージカルでしたが、あっという間でした。
映画を忠実に再現している部分と、アレンジを加えている部分が見事にマッチして、
映画とはちょっと違ったストーリーを作り上げていました。
映画を再現している部分はしゃべり方といい、歌い方といいあまりにそっくりなので、びっくりしてしまうほど。
またユーモアがいたるところに散りばめられており、ちょっと笑えるミュージカルなのはやはり南アフリカ流?

そしてこのミュージカルで何よりも感動したのは、その歌声のパワフルさ!
エフィーを演じるリンディー・バンガーネ(Lindiwe Bungane )の劇場内に響き渡るその歌声は、
私の体の中にまで響いてきました!

ストーリーは基本的には映画と同じなので、英語が分からなくてもミュージカルは十分楽しめます。
公演は5月22日まで!ぜひアフリカの歌声を感じてみて下さい!

Copyright© 2017 アフリカ情報 All Rights Reserved.