お魚好きなら…フィッシュマーケットへGO!

23 11月
2010年11月23日

地中海に面したリビア。漁港のあるトリポリは、海からの恵みを受け、おいしいお魚を味わうことができます。白身魚のクスクスなど、魚介類好きの日本人の味覚にもばっちりマッチしています。
ただ不思議なことに、何故か現地のリビア人は日頃あまりお魚を食べていない様子。羊肉や鶏肉などが食卓の中心のようです。
街中でも、お肉屋さんは沢山見かけるのに、魚屋さんは皆無。普通のスーパーでも扱いがなく、大型スーパーに行って、やっと少し買うことができる程度なんです。
では、魚介類好きのリビアの庶民や、外国人はどうしているのか?
実は、フィッシュマーケットに買いに行っています。

EA_1102_0101

このフィッシュマーケットは、トリポリの中心地に隣接しているのでアクセスも良く、トリポリ市民やレストラン関係者でにぎわっているんですよ。

EA_1102_0102

ドーム状の建物の中は、小さなブースに分かれていて、漁業関係者がその日の収穫をところ狭しと並べています。

EA_1102_0103

魚は、基本的に量り売りです。まぐろなどの大型の魚もどーんと横たわっていて、輪切りにされた部分の重さを量って購入します。例えその部分が大トロだろうと赤身だろうと関係なく、値段は一律です。そして、どんな魚でも小さな単位での購入はできず、最低でも1キロからの購入になります。
季節のお魚も豊富です。ただ、何の魚か分からないことも多いので、料理する時は賭けに近いですが…。

EA_1102_0104

市場の中に魚の皮や骨をさばいて処理してくれるコーナーもあるので、非常に便利です。
でもやっぱり、旅行中に生ものを買うのは難しいですよね。
沢山の魚を見てお腹がすいたら、お魚料理レストランに行きましょう。
特にお勧めなのは、旧市街(メディナ)の中にある『アビヤ(Abiya)』です。ガイドブックにも載っているので観光客向けかと思いきや、現地リビア人のファンも多いようで、店内はいつも人でいっぱいです。だって本当に美味しいんですよ!

EA_1102_0105

開店直後の、貴重な無人の風景。狭い店内に“予約席”の札が沢山立っています。

EA_1102_0106

魚介のクスクスなど、北アフリカらしい魚料理を出してくれます。
ぜひ庶民の台所フィッシュマーケットを見学した後、リビアの魚料理を堪能してみてください。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 アフリカ情報 All Rights Reserved.