月別アーカイブ: 10月, 2008

「ベトナム/料理に大活躍のライム」

30 10月
2008年10月30日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

市場にライムを買いに行くときは、果物屋ではなく八百屋を探そう。
ベトナムで売られているライムは「ジャコウライム」という種類で、
ベトナム語ではChanh(北:チャン、南:チャィン)という。
ライチよりスダチに近いかもしれない。
八百屋で売られているのは、調味料として活躍することが多いからだ。
鶏肉やエビを食べると、塩コショウと一緒にこのChanhが出てくる。
絞って塩コショウと混ぜ、鶏肉やエビにつけて食べるとさっぱりとしておいしく、
さわやかな香りが食をすすめてくれる。
またベトナム料理に欠かせないヌックマムベースのタレNuoc Cham(ヌゥックチャム)を
作るのに、このChanhは欠かせない。
ヌックマムは魚醤のこと。
「タイのナンプラーとおんなじでめちゃめちゃ臭いもの」と敬遠してしまいそうだが、
「これはヌックマムベースのタレなんだよ」と言うとみなびっくりする。
Chanhのおかげなのか臭みはなく、さわやかな調味料に生まれ変わっている。

Chanhはもちろん調味料だけではなく、ジュースに絞って飲むことも多い。
南部でDa chanh(ダーチャン、Daは氷、つまりライム氷)と注文すると、
ライムを搾ったジュースが出てくる。
(中北部ではNuoc chanh da、ヌゥックチャンダー)
Soda chanh(ソーダチャン、つまりライムソーダ)と頼むと、氷がたっぷり入ったグラスとは別に、
もう一つ砂糖の入ったグラスと、半分に切ったライムが出てきて、
どうやっていいんだか戸惑ってしまう人もいるだろう。
砂糖の入ったグラスにライムを搾り、そこにソーダを入れて、
かき混ぜて自分好みに砂糖を溶かしてから氷の入ったグラスに注ぐ。
氷の入ったグラスに砂糖が入ったものが出てきた時は、そのグラスに直接ライムを搾って
ソーダを注いで、適度にかき混ぜるだけでよい。

寒い(?)時はNuoc chanh nong(ヌゥックチャンノン、ホットライム)にして飲むことも多い。
日本で言うホットレモネードといったところか。
風邪をひいたときにはちょうどよいが、それだけでなく、
南部の暑い場所を旅行するとついつい冷たい飲み物ばかり飲んでしまうもの。
冷たいものばかりだと内臓が疲れてお腹も壊しやすくなる。
時にはあたたかい飲み物でほっと一息つきましょう。

「ホーチミン市の暑いテト」

28 10月
2008年10月28日

ようやくクリスマスの飾り付けがテト(旧正月)の飾り付けに変わった。
今年の旧正月は中国より1日早い2月17日、そして豚年。
日本では猪であるが、本家中国でも豚だとか。
「猪」という文字はもともと豚をさすのだそうだ。
豚は子沢山で富の象徴、縁起のよい動物なので、
豚年も縁起の良い年なのだという。
後ろで暑苦しいキモチワルイ笑みを浮かべているのは
商売繁盛の神Than Tai(タンタイ)。

新しい洋服を買い揃えて新年を迎える準備。
道には衣料品を売る露店が出没し、夜遅くまで熱気を帯びる。
しかしこれらの露店は違法。
公安が取り締まりにくると敷物の四隅を摘んで上手に小さくまとめ、
蜘蛛の子を散らすように逃げるのが面白い。

忘れずに買わなきゃいけないのがLi xi(リーシー、お年玉)袋。
日本は親戚の子供に配る程度だが、ベトナムでは身内はもちろん、
職場や年下の友達、雇っているお手伝いさんなどに配る習慣がある。
そしてそれをもらった人たちはギャンブルにつぎ込む。
ベトナムでは違法のギャンブルも正月3日間だけ解禁になるので、
子供も大人も日がなギャンブルに明け暮れる。
正月明けはギャンブルに大負けして、バイクや家まで手放す人もいるとか。
ホーチミン市の正月は暑くそして熱い。

「ベトナム/ベトナム創作料理Song Ha Garden」

15 10月
2008年10月15日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近お気に入りでしょっちゅう行くのがこのSong Ha Garden(ソンハーガーデン)というお店。
交通量の多いところから細い小道を入った奥に、こんな洒落たレストランがある。
店は竹づくりで壁のないオープンエア。
バナナの木が生えていたりして、中心街にいながら都会の喧騒を離れて、
ちょっとした中庭のような落ち着いた雰囲気を味わえるのがいい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょっと高めのレストランなので観光客ばかりかと思いきや、
客のほとんどがベトナム人で外国人がいるほうがめずらしい。
ここの味の良さはベトナム人の折り紙つきということだろう。
価格は1品60000ドン(約400円)ぐらいが中心。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベトナム語でGoi(ゴイ)というと和え物を指す。
これは何の野菜か忘れてしまったが、歯ごたえがしゃきしゃきととてもおいしいかった。
エビの揚げせんべいと一緒に食べる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはRau tien vuaという名前の野菜のGoi。
これは日本だと「山クラゲ」と呼ばれる「貢菜」という野菜で、
こりこりとした歯ごたえがあり、これまたとてもおいしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

揚げたお芋の御餅と鶏肉。
奥はバナナとエビなどをマヨネーズ仕立てにしたものをくるんだ揚げ春巻き。
どちらも他にはあまりない面白い味わい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手前は魚の煮付け、奥は天理菜の花(Bong thien ly)の炒め物、苦瓜のスープ。
どれもベトナムらしい味わいで、特に天理菜の花はおすすめです。
そしてなんといっても一番のおすすめがゴハン!
素焼きの鍋で炊かれたお米は一つ一つが立っていて、ほくほくしている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デザートにCom ruou nepというのを頼んでみた。
北部でよく食べられるもので、もち米を酒に漬け込んだものらしい。
ちょっと酸味があるのだけれど、風邪っぽいときに体に良さそう。

メニューが豊富で、味付けも多彩。
週1回通っても飽きないお店(実際、3週連続で行っちゃいました)、
おすすめです。

★Song Ha Garden★
住所:147A Hai Ba Trung St., Dist. 1, HCMC
電話:08-3822-3566
営業時間:9:00~22:00
定休日:無休

「ベトナム/ほうき」

05 10月
2008年10月5日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の家には掃除機がない。 ベトナムの家はタイル貼りの床がほとんどで、 箒で掃いて、あとは雑巾やモップで水ぶきするのが普通である。 ベトナムの家は靴を脱いで上がるのだが、 玄関に段差がないし、暑いのでドアを開けっ放しにすることも多く、 閉めていても機密性がよくないので、砂埃が入りやすい。 まめに掃除しないとあっという間に砂埃だらけになってしまう。

ベトナムの人たちは、ひんやりしたタイルの上に直接寝転んで昼寝もする。 伝統的に庶民の家ではダイニングテーブルのようなものがないようで、 例えテーブルがあっても、親戚一堂集まる機会の多いベトナムでは1台ではとても足りない。 また狭い家に何人もひしめくように住んでいる家も多く、テーブルを置くとかなり邪魔。 したがって食事も床の上に広げて、食卓に早がわりする。 だから床をしょっちゅう掃除して、とても綺麗にしている家が多い。 そのおかげなのか、日本でハウスダストのアレルギーで悩んでいた友人は ベトナムに来て症状が出なくなったと言っていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベトナムのお掃除で欠かせないのがこの箒。 プラスチックの軽い箒もあるのだが、 この箒は大きくて毛先がやわらかくて掃きやすく、 細かい砂埃もちゃんと掃けるので、私も愛用している。 一度買ったプラスチックの箒は、質が悪いのか暑さのためなのか プラスチックの劣化が早くてあっという間に柄が壊れてしまった。 値段も25000~35000ドン(約160~230円)で、手作りなのにこの安さ。 難点は重いことと、安物は掃除をしているとき毛が抜やすく、 掃いてるんだか汚してるんだかわからない状態になってしまうことだろうか・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな箒はお土産としては重すぎるけれど、 細かいところを掃除するのに重宝する、こんなミニミニ箒もありますよ。

「ベトナム/新加坡式海南鶏飯」

02 10月
2008年10月2日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベトナムには中華系の人も多く住んでいて、中華系の料理もおいしい。 その中でも私が特にお気に入りなのはこの新加坡式コムガー(Com ga、鶏肉ゴハン)のこのお店。 Hai Nam(ハイナム、海南)という名前で、シンガポールから来た華僑の営む店である。 以前はCalmet通りにあったのが、Le Thi Hong Gam通りの小道の奥に移転した。 小道の入り口に黄色い看板がでており、道の右側にこの調理場と客席、 さらに奥に行った左側にまた客席があって、連日昼も夜も混雑している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここのゴハンは鶏のダシで炊いたもので、黄色身がかっており、香りがとても良い。 鶏肉(Ga、ガー)ももちろんおいしいのだが、 特に私が気に入っているのはチャーシュー(Xa xiu、サースィウ)。 茶色い甘辛いタレがとてもおいしくて、ゴハンがどんどんすすんでしまう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もうひとつのお気に入りはクレソンのスープCanh xa lach xoong(カン・サラッスン)。 じゅっくりと煮込まれたスープで、肉は骨まで食べられるほどの柔らかさ。 クコの実が入っていて、体にもとてもよさそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは料理の名前は忘れてしまったが、海苔にとてもよく似た海草が入っており、 フクロタケや豆腐など具沢山のスープ。あっさりしているのにこくがあり、とてもおいしい。 画像の奥はいわゆる五目あんかけごはん。これもボリュームたっぷり。

最近物価の上昇の激しいベトナムだが、このお店は以前ちょっと割高なお店だったのに、 値段をあまり上げずにがんばっており、1品は20000ドン(約130円)程度から。 今では他のお店に比べるとかえって割安に感じる。 おなかいっぱいおいしいものをお手ごろな値段で堪能したい時におすすめです。

★Com ga Hai Nam★ 住所:55/2 Le Thi Hong Gam, Dist.1, HCMC 電話:08-8215532

Copyright© 2017 ベトナム情報 All Rights Reserved.