月別アーカイブ: 12月, 2009

太ったバナナ

20 12月
2009年12月20日

ベトナムに来て好きになった食べ物。それはバナナです。
日本でも身近なフルーツの1つですが、ベトナムでもみんな大好きなバナナ。

以前ベトナム人の知人に、「あなたは何バナナが一番好きですか?」
と聞かれました。
バナナの種類って言われても日本では普通のバナナとモンキーバナナ(でもほとんどみかけない)
くらいでしょうか。

ベトナムではとにかく色々な種類のバナナを食べます。

またフルーツとしてだけではなく、野菜としてまだ青くて渋いバナナを食べたり
茎をサラダや鍋の具として食べたり、バナナは色々な形で楽しまれています。

フルーツとしてのバナナは日本で一般的な長いバナナ、
日本ではモンキーバナナと言われる小さいバナナ、
02_01
ゆでバナナ、(モンキーバナナを茹で、または蒸した)、
最後に、これは私もベトナムへ来るまでは食べたことがなかった、
私の一押しの「太ったバナナ」です。
02_02
長いバナナと小さいバナナは大して味は違わないと思うのですが、
この太ったバナナは違います。

食感がもっちりしていて、そして甘みとかなり程よい酸味(すっぱい!)という程では
ありません。近い感覚だと、マンゴーの様な酸味です。
そして中央には黒くて粒々した小さい種が入っています。
02_03
見た目はあまりキレイなものは少なく、少し黒くなってしまったものが売っていたり、
傷がついているものも多いですが、むいてみると中までは痛んでいることはほぼ無いです。
大きさは、モンキーバナナが7~8センチのところ、太ったバナナは12~13センチ、
ですが太さはモンキーバナナの2倍以上あります。

ぜひともこの太ったバナナを街中で見かけたらチャレンジしてみてください。
その美味しさにはまってしまうこと間違いなしです!

暑いベトナムのクリスマス

12 12月
2009年12月12日

年末が近づいてきました。
毎年、この暑いベトナムではどうも実感出来ないのですが、ベトナムにもクリスマスがやってきます。

小学生くらいのときに、教科書でオーストラリアにおける真夏のクリスマス写真をみたことがありましたが、ベトナムも同じで、クリスマスといえど気候は猛暑です。もっともベトナムの場合は北半球ですし、今時期、他の季節よりは涼しいので正確には夏ではありませんが、そうは言っても気温は25度くらい。

そして、トナカイではなくて二輪車に乗っているサンタクロースが見られるかもしれません。
・・・何を隠そう、ここ数年のベトナムは、クリスマスにはサンタの衣装を着てバイクを乗り回すのが大ブーム。
今年も例によって沢山のサンタクロースが街に出没すること間違いなしです。
ちなみに大人も子供もです。

街中もクリスマスに向けてデコレーションが始まりました。
ドンコイ通りなどではライトアップが楽しめる他、デパートやオフィスビル、ホテルなどは外装をがらっとクリスマスバージョンに変えます。
普通のカフェや小売店でもスノースプレーを店先にぷは~っと散らしたり、ツリーを飾ったりその盛り上がり振りはやはり万国共通といったところでしょうか。
01_01 01_02

一番目に付くのは、やはりTAXデパートのデコレーションです。
毎年外観に雪と思しき塊を貼り付けたり、とにかく力の入れようが他とは違うのです。
01_03

クリスマスデコレーションはこの時期の観光スポットとなります。
少し遠くからでもお洒落をしてこちらまで訪れ、記念写真をパチリ。
01_04
パチリ。
01_05
ちなみに、12月24日、25日には、市内中心部はバイクで溢れますので、その日のお出かけの際や、空港行きの車(タクシー、バスなど)を利用する場合には早めの出発を心がけてください。

ベトナム料理Song Ngu

08 12月
2009年12月8日

先日、日本から家族が遊びに来たのでお気に入りのベトナム料理レストランへ案内しました。

こちらのレストランはフランス風邸宅を改造して作られたお洒落な作りとシーフードが名物。
煌びやかな店頭ではアオザイレディーがお迎えしてくれます。
02_01

こちらは以前、観光で訪れるお客さんに、衛生面でも味でも満足の行くレストランがあったらということで日本人の方が作ったレストランだったのですが、評判を聞きつけてベトナム人のお客さんが増えてきて
現在では外国人のお客さんのみならず、富裕層のベトナム人にも大変人気のレストランとなっています。
ディナータイムにはベトナム伝統音楽の生演奏を聞くことができる為、音楽を楽しみたい場合には
予約の際にその旨を伝えましょう。

まずは、このスープを食べるためだけにでも訪れたい、「春雨と蟹のスープ」
蟹肉がたっぷり入っています。
02_02

定番の「蓮の茎サラダ」。
シャキシャキとした歯ごたえがたまりません。
ちなみに海老せんに乗せて食べるのがベトナム流。
02_03

手長海老のグリル。
こちらは味噌まで美味しくいただきます。
02_04

02_05

ハマグリの酒蒸し
ボリュームたっぷりのこの量もベトナムならでは。
02_06

定番の生春巻き
02_07

ライトなどもちょっとしたかわいらしい細工が施されていたり、ベトナムらしい置物が飾ってあったり
派手すぎず落ち着いた店内でゆっくり食事ができます。
02_08

予算的にはディナーで一人15ドル程度で、
友達や家族との時間を存分に楽しみたい時にぴったりのベトナム料理店です。

02_09
Song Ngu(ソングー)
70 Suong Nguyet Anh St. District 1 HCMcity
08-3832-5017

ベトナムからのAIR MAIL

02 12月
2009年12月2日

e-mailが普及してからは、めっきり手紙を書く機会が減ってしまいました。
けれど、やっぱり手紙をもらうと嬉しいものです。

相手が自分の為に選んでくれた、便箋やポストカード、そして手書きの文字文字から伝わる人柄や、個性。

旅行先から家族や友達へお手紙を書いてみてはいかがでしょうか?

市内中心部からも徒歩圏内に中央郵便局という歴史的建造物があります。
19世紀のフランス統制時代に建てられたこちらの建物は、観光スポットでありながら
現在もしっかり郵便局として機能しています。
電話、通信等料金の申し込み・支払い窓口、国内郵便、海外への各種郵便などです。
01_01

もうすぐクリスマスということで、中央にはクリスマスツリーが飾られていました。
01_02

またツーリストインフォメーションや、お土産屋さんも備え付けられています。
01_03

01_04

01_05

こちらのお土産屋さんで、まずポストカード(1枚6000ドン・約30円)を購入しました。
01_06

奥には各種手続き用に座って作業のできる場所がありました。
01_07

そしてこちら入って手前右①番カウンターにて切手を購入します。
郵送物の重さにもよりますが、今回は日本まで8000ドン(約40円)でした。
01_08

01_09

01_10

AIRメールというと何となく面倒なようですが、こちらの建物内ですべて用が済んでしまうので楽ちん。
ホーチミンからの便りは是非ともこちらの建物で、ベトナムの歴史と風を感じながら
身近な人に書いてみてはいかがでしょうか?

Copyright© 2017 ベトナム情報 All Rights Reserved.