月別アーカイブ: 1月, 2010

ミトー川のクルージング

28 1月
2010年1月28日

ホーチミンから2時間少々のところにあるポピュラーな観光地、ミトー。

ホーチミン市はやはり都市なので、ショッピング、食べ歩きなどには便利ですが、
写真などでみるベトナムののどかな風景などを見たい!という場合には少し足を伸ばすと良いと思います。

私も、友人が遊びに来たときはミトーのクルージングへ案内します。
旅行会社へのオプションやツアーなどで、車やクルージング、昼食などすべて含まれていて楽ちんです。

泊まっているホテルや所定の集合場所から車に乗って2時間ちょっと。
車からクルーザーに乗り換えて川の中州の小島まで渡ります。

02_01

02_02

小島に上陸すると、新鮮な蜂蜜や、南国フルーツを味わったり。
02_03

02_04

02_05

02_06

02_07

アオザイを着たかわいい子供たちが動揺やベトナムの歌を披露してくれます。
02_08

小島探検も終盤に近づくといよいよ小船に乗り換えて、ジャングルの中を通り抜けてのクルージング。
ホーチミンから2時間ほどのドライブで、水音を聞きながらのどかな風景に囲まれ、
とても癒しのひとときが過ごせます。

02_09 02_10 02_11

ホーチミンの滞在で時間がある折には是非足を伸ばしてみてください!

ベトナムのバーゲンセール

12 1月
2010年1月12日

日本に住んでいる友人から新年明けて初売りに行ったよ!というメールを
もらいました。

そういえばホーチミンでも今はバーゲンセールの時期です。
こちらでのセールは、毎年12月~1月にかけてと6月~7月の年2回。
季節の無いこの地でもバーゲンセールが半年毎にあるのは何だか不思議な感じがしますが
通常の価格より安く買えるのでついつい色々買ってしまいます。
30%~70%オフなど。

01_01

01_02

01_03

今週末に買い物に行ったところ、ショッピングセンター、デパートはとても混んでいました。
セールで安くなっているということもありますが、実はベトナムでは『新しい年になったら
新しい洋服を着る』という風習があるようで、みんな旧暦のお正月(テト)に備えて
新しい洋服を用意しているのです。

ちなみに、今年の旧暦のお正月は2月14日で、あと1ヶ月ほどですが
街は旧正月に向けて日に日に活気付いてきています。
洋服を買ったり、帰省する実家にお土産を買ったり、この1ヶ月の購買活動は特に盛んになり、
一方で旧正月明けには買い物などは極力控

靴の修理屋

07 1月
2010年1月7日

ベトナム人の特性として、修理がとても上手、そして気に入っているものや
大切なものは何度でも修理して使うという習慣があります。

最も日本も昔はそうだったでしょうし、今もそうされている方も沢山いるらっしゃいますが、
私個人としては、新しいものを買うより修理代の方が高い為、泣く泣く新しいものを
買っていたことの方が多かったと思います。

ところがベトナムに来てからは修理代が安いので、色々なものを直して使うようになりました。

以前、音楽プレーヤー(MP3)が壊れてしまい、丁度買ってから1年くらい経っていたので
保証も効かず、販売元のメーカーに問い合わせをしたら「修理に2万円かかります、新しい同じものを
買った方が安いですよ」と言われたことがありました。
その時壊れていたのはholdロックを掛けるためのスライドスイッチが動かなくなっただけだったので、
ロックさえ外せればその機能を除いては通常通り使えるはずなのに。。。と、とても歯がゆい思いをして放置していた
ものがありました。
それをベトナムにある電気修理屋さんに持っていったところ、1500円ですぐに直してくれて、
現在では何の支障も無く使っています。

その他私がよく直して使うことが多いのは靴類です。
お気に入りの靴で、ヒールが磨り減ってしまったり、折れてしまったり、その部分だけ直せば充分履けるものって
結構あると思います。日本でも駅中に修理屋さんがありますが、ベトナムはこれまた格安できちんと直して
くれます。ヒールの付け替えでも20000ドン(約100円)くらい、底裏の補修くらいであれば10000ドン(50円)くらいでやってくれます。

街中にも沢山直す人が座っていますので、もし履いている靴にトラブルがあれば
声をかけてみましょう。

02_01
修理している時間は横で座って待っていたり、「30分後にまた来ますね」なんていう方法も。

02_02
何だか粋なおじちゃんがやってくれていました。
02_03

ハンモックで昼寝

04 1月
2010年1月4日

ハンモックという言葉自体は日本人でも耳にすることがあると思います。
ただ実際に使っているって言う人は日本ではあまりなく、
私自身も、ハンモックというと何となくそう珍しいものだと思ったことは無かった
はずなのですが、最近始めて自分が寝てみることがあって、その快適さに
びっくりしたのでした。

おそらく世界共通のものなんだと思いますが、その中でもベトナム人はとても活用していて
いるのではないでしょうか。
市内の中心部でこそ寝ているところはそうそうはみかけませんが、ちょっと中心部を出ると
みんな軒先にハンモックを結びつけて寝ているのです。

先週末に、同僚のベトナム人と一緒に日帰りで遊びに行った時の話です。
ちょっと郊外の畑や放牧地帯に囲まれた広い場所だったので、食事が終わってから、
それぞれ釣りをする人もいれば、犬と遊ぶ人もいたり、いっぽうでハンモックで寝る人も
いたりして何とも自由な感じでした。

私も、ちょっと疲れていたのでハンモックで寝てみたところ、とても心地よくてびっくり。
というのも、ハンモックは網状になっているので暑いベトナムでは、通気性が良くてとても涼しく、
また、自然にゆらゆらと寝床がゆれるので、風邪が吹いていなくてもサワサワといい感じで
風邪が当たるのです。

01_01

01_02
ついつい寝入ってしまっています。

ホーチミンに帰ってから、丁度ベンタン市場の近くでもハンモックが売っていました。
カラフルで色々なものが売っています。物によりますが値段は50000ドン~(約300円~1000円)くらいです。

日本でもBBQなどでちょっと郊外に行った時などに役立つところ間違いなしです。
アウトドアの好きなかたに、ちょっとしたお土産としてGOODです。
01_03

Copyright© 2017 ベトナム情報 All Rights Reserved.