月別アーカイブ: 3月, 2010

ベトナムのライオンダンス

21 3月
2010年3月21日

旧正月が明けてから、街中のあちこちでライオンダンスが行われていました。

日本でいうと獅子舞です。

VN_0302_0201
色々な踊りがあるようですが、曲芸みたいなちょっと危険なアクションもしていました。

VN_0302_0202
迫力のある太鼓パフォーマンス。
息が合っていて見事です。

この獅子舞、ベトナムではmua lan(ムア・ラン)と呼ばれ、直訳すると麒麟の舞。

ドラゴンの様に長いのもいれば、どうみても獅子でしょうというものもいて
何だかごちゃごちゃなのですが、とにかく福が来るという意味で、新年やお店の開店時などの機会に来てもらいます。

何度か見かける機会はあったのですが、予告なしに現れるのでいつも写真に事が収めることが出来ず、歯がゆい思いをしていたところ、グットタイミングで出会うことが出来ました。
とてもラッキーな気分になりました。

旧正月や中秋の名月の時期には、ホテルのロビーなどでも出会えることがあります。

VN_0302_0203

朝夕涼み

12 3月
2010年3月12日

年中暑いベトナムで、朝も夜もたくさんの人で溢れる野外カフェ。

みんな何をするでもなく朝はコーヒーを飲み、夜はビールを飲んだり。。。
なぜか野外カフェは、車やバイクが走っているのを眺める場所が多いのです。
VN_0302_0101

特に、交通量の多いところ、それも交差点や、5差路などはカフェ激戦区になっています。

多くの店のメニューは飲み物のみで、その他の食べ物はありませんが、食べ物を売り歩く商人が近づいてきたりするので、お腹が空いていても事欠きません。

最近は中心部におしゃれなカフェなども増え、価格を見ると大体日本とそれほど変わらなかったりしてビックリしたりしまが、野外カフェは安く、大体5000ドン(25円)くらいでコーヒーが飲めるのです。

そういえば、ベトナムでは、何をするにも「野外で」というのが多いことです。
道端でレストランをやっていたり、その調理も道端でやっていたりします。
VN_0302_0102

また、ネイル屋さんも、道端で簡易椅子みたいなものに座って営業してますし、野外床屋さんもあります。

おじちゃんたちは、路上でベトナム将棋に興じています。
VN_0302_0103

簡易ベットを広げ、軒先で寝ている人もいます。
VN_0302_0104

雨季のシーズンは、突然の雨も頻繁にありますので、大変だろうなぁと思いますが、それでもベトナム人の野外精神は
消えないみたいです。朝晩は家の中より涼しくてすごしやすいそうです。

お釣りのあめ玉

11 3月
2010年3月11日

東南アジア”ならでは”かもしれませんが、貨幣の桁が多すぎることや、ゆるーい風潮のせいか、
お釣りをあめ玉で受け取った経験なんてありませんか?

日本ではちょっと考えられないことですが、ベトナムではスーパーやコンビニで日常的に
見られる光景です。

ベトナムのお金の最小単位は200ドン(約1円)、続いて500(約2.5円)ドン。
これらの通貨は、店側に持ち合わせが無かったりすると、店員が普通に、平然としてあめ玉やガムを渡します。
(お釣りがありませんので、申し訳ありません。。。という感じではなく、ハイッ飴でどうぞ!・・・というように。)

vn_0301_0201

「1円を笑う者は1円に泣く」「ちりも積もれば山となる」という教えの元に育った日本人としては(?)
こちらに来た当初、あめ玉でごまかされた様な形になったことを大変憤慨しましたが、最近では
ちょっと嫌だなーと思うくらいになってしまいました。慣れというものは怖いものです。

先日、近くの商店で買い物をしたときに、買い物の合計額が20500円で、財布には
貨幣は丁度20000ドンとあとは大きな貨幣しかなかった、ということがありました。
20000ドンの買い物の為に、500000ドン札を崩すのは大変だなと思いつつ、
前回買い物したときにもらったあめ玉がちょうどかばんに入っていたのを発見しまして、
20000ドンと飴を渡したら、苦笑いしながらも受け取ってくれました。

ホーチミン新年の街並み

02 3月
2010年3月2日

ニュースでは冬季オリンピックが旬なトピックを飾っていますが、冬季オリンピックへ出場するベトナム人も少ないこの地では
ほとんどその話題を耳にすることもありませんでした。何を隠そう、ホーチミンは本日も25度~33度と猛暑を記録する日々でして
ウィンタースポーツというものからとても遠い存在であるためです。

ここしばらくのベトナム人の話題といえば、何と言っても旧暦のお正月のこと。
日本でも、西暦元旦(年末年始)は各々帰省したり、家でのんびりしたりしますが、ベトナムは旧暦に沿ってお正月を過ごし
ますので、一般的には2月14日の旧暦元旦を前後に1週間ほどお休みでした。
また、2月14日前は師走っぽくみんなソワソワして過ごしていたようですし、年始が始まった今週は、しばらく休みぼけのような
感じでどこかぼーっとしている人も少なくありません。

新年を迎えたばかりのベトナムでは、しばらく色々なところで花祭り(所によっては花市)が開催されていたりして、
とてもにぎやかな雰囲気でした。

寅年の今年は、あちこちで寅のモニュメントが飾られていたり、お正月の花とされている黄色やピンクの梅飾りが
色々なところへ施されています。
vn_0301_0101

vn_0301_0102

vn_0301_0103

メインとなるのはやはりTAXデパート、Nguyen Hue(グエンフエ)通りや、Dong Khoi(ドンコイ)通りのエリアです。
vn_0301_0104

装飾も年々ゴージャスになってきていますし、観光客や、ベトナム人でもお正月に中心街に来て観光をする人が増えました。

この時期、いわゆるショッピングや食べ歩きをメインの目的とする旅行の場合、お休みのお店なども多くデメリットもありますが、
リピーターの方や、お正月ならではの雰囲気を楽しむ為に渡航するのもまた良い
と思います。

Copyright© 2017 ベトナム情報 All Rights Reserved.