月別アーカイブ: 10月, 2010

「ホイアン~世界遺産の街&日本人町もあった場所~」

20 10月
2010年10月20日

今回は世界遺産の街、ホイアンの概要をご紹介。
この街の見どころは世界遺産!というだけではなく、
日本とも深いつながりを持っている歴史がさらに面白いのです。

VET_1001_0101

ホイアンは漢字で書くと「会安」と書きます。ベトナムはもともと漢字圏の国なので、ほとんどの言葉は漢字に変換することができるのです。そして、この漢字の名前には以下のような想いが
込められているのではないかと私は思っています。この街は昔、国際貿易の街として栄えた街であり、その当時日本もホイアンを訪れ、貿易を行っていました。16世紀、17世紀ごろが最もホイアンが栄えた時代だと言われておりその頃には日本人町がホイアンにあったという歴史が今もなお残っており、日本人が建てたと言われる「日本橋」もあれば、日本人のお墓もあり、密かに日本とのつながりがとても深い街なのです。
VET_1001_0102
もちろん、ホイアンは日本だけではなく、中国、ヨーロッパ、アラブなど様々な国と取引があり、危険な航海を超えてこの街を訪れる人達に対して、安全に航海を終えて、またこの街で会えるように。という想いが込められた「会安」なのかなぁと勝手に想像を膨らませてしまいます。

しかし、その繁栄も長くは続かず、川の幅が次第に狭くなったため、
大きな船が入れず貿易都市ホイアンは衰退していき、
代わりに隣町のダナンが貿易都市としての機能を担うことになりました。

VET_1001_0103

今、ホイアンは昔繁栄した小さな古都という位置づけになっています。

ただ、それが幸運だったのかホイアンはベトナム戦争時に
ほとんど被爆を受けることなく歴史的価値がある
建築物とどこか懐かしい街並みが今も残っています。

さらに今ではオーダメイドショップやかわいい雑貨、ギャラリーなどが
町中に溢れショッピングとアートも楽しめる街に変化しています。

VET_1001_0104

ブラブラするだけでも十分楽しい街ですが、
昔の歴史に思いを馳せながら、歩いてみるのもまた一味違う
ホイアンが見えて楽しいのではないかと思っています。

「中部日本語祭りに行ってきました!」

10 10月
2010年10月10日

約1ヶ月前の話になりますが、
中部日本語祭りというイベントがありました。

僕がダナンに来て衝撃だったのは日本語勉強している人が多い・・・!
ということが1つ挙げられます。

ホーチミン、ハノイならまだしもまだまだ有名じゃないダナンでも
日本語学校が2つあり、青年海外協力隊の方々が日本語教育隊員としても赴任し、
その他財団やボランティア機関から日本語教育関連で来ています。

その結果ダナンの大学では日本語学科があり、なんと中学校でも
日本語教育を実施しているところがあるのです!

という日本語教育事情を話すと延々と書いてしまうので、
日本語祭りに話しを戻しますが、これは主にダナンとフエで
日本語を勉強している人がスピーチ部門とパフォーマンス部門に分かれて
日頃の日本語学習の成果を発表するというものなのです。

パンフレットはこんな感じです。

VIET_1002_0201

パフォーマンス部門は日本の歌を歌ったり、踊ったりして和やかな感じですが、
スピーチ部門はかなりハイレベルかつ熾烈な争いがあります。

実はスピーチ部門に関しては、上位優秀者はハノイに行って決勝戦があり、
その決勝戦でも優勝するとなんと日本へ研修に行けるというシステムなのです。

下記は少し写り悪いですが、今回の優秀者です。
彼女たちがハノイへの決勝戦に進みます。

VIET_1002_0202

スピーチのテーマには「生きがい」とか「私の夢」とか「環境問題について」とか
いろんなテーマで話していましたが、1番印象に残ってるのは
「私の夢は日本に行くことです。」と言った学生。

日々、私達が当たり前に生活している日本に行くことが夢か。。

ほんとに~?と少し疑ってしまいますが、やはりそういった言葉を聞くと
自分が生まれ育った国は人の夢になるほどの国なんだ。。
と考えさせられます。

ソニー、ホンダ、キャノン、味の素といったベトナムでも
強力なブランド力を発揮している日本の製品やサービス。
そして、そういった企業に勤めたいと思って
日々日本語を勉強している人たち。

外国へ来たのに日本の何かに触れられるというのは
実はとてもすごいことであり、
誇らしいことでもあるということを気づかせてくれます。

ベトナムに旅行に来ずとも世界中の多くの国でも
できることですが、日本語を勉強している
ベトナム人との交流を楽しみにくるというのも
1つの旅行の在り方なのかなと思います。

Copyright© 2017 ベトナム情報 All Rights Reserved.