「ソックスを履いている理由」

01 3月
2007年3月1日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホーチミン市の街路樹はとても背が高い。
1年中暑いから木もにょきにょきと伸びるのだろうか。
しかし背が高い割りに根があまり張っていないようで、
雨季で土がゆるんだところに強風が吹くと木が倒れ、
バイクや車が下敷きとなり、死傷者が出ることもある。
そんなことがあれば日本だと「すぐ全撤去」という話になりそうだが、
ここでは特段大きな変化もなく、日差しの強い道に木陰をなしてくれている。
日中は信号待ちするバイクが木陰を選んで停止するのも面白い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さてその街路樹、よく見てみると
木の根元付近がソックスを履いたように白く塗られている。
その理由をいろいろな人に聞いてみたところ、
もっともらしかったのが
1)虫があがってくるのを防ぐため(石灰が含まれているらしい)
2)視認性を良くするため(停電だと真っ暗になっちゃうから)
という二つ。
しかし「きれいにするため」という回答も意外に多かった。
(き、きれいですか???)
さらに「南部が社会主義になるまでは白くなっていなかった。
これはホーチミン氏の庭になったという意味なんだ」と
興味深い回答をする人も。

一番笑えたのが「立ち小便を防ぐため」というもの。
白い部分に立ち小便をすると黄色く変色するのだという。
黄色くなった木なんか見たことないよ、というと
「みんな黄色く汚くなったらイヤだから、立ち小便をしないんだ」
とのお答え。
立ち小便している人は結構みかけるんですけどネ。

街路樹を管理する部署に聞けばおそらく正しい理由がわかるのだろうが、
あえてそうせず、色々な理由を聞いてまわるのが面白い。
これからも珍回答期待してマス。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 ベトナム情報 All Rights Reserved.