「乾季のフルーツの女王」

12 3月
2007年3月12日

ベトナムはトロピカルフルーツがおいしい国である。
特に南部が雨季になる5月からがおいしいフルーツがおいしいのだが、
乾季の今もおいしいものはいろいろある。
私が「乾季のフルーツの女王」と勝手に名づけているのがこの果物。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブースア(Vu sua)。
Vuは「おっぱい」、Suaは「ミルク」という意味で、
日本語だと「おっぱいフルーツ」と呼べばいいだろうか。
英語だとミルクフルーツ、ミルクアップルと呼ばれるようだ。
果汁というか皮から出てくる汁がミルクのようだから
こう名づけられたのだろう。
緑でまん丸、つるつるした外見は日本人にはなじみがないが、
わずかに尻のほうがピンクがかったころが食べごろ。
皮を押すとちょっぴりわらかい感触。
やわらかく熟しすぎるとあまりおいしくない。
皮をモミモミと揉みほぐしてから半分に割って食べる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この果物のすばらしいところのひとつに
半分に割ってスプーンですくって食べればよいという手軽さがある。
皮をむいたりするわずらわしさがないので、ものぐさな私にぴったり。
そして味はどう表現すればいいのだろうか、
とにかく日本では味わったことのない味、
濃厚なのにやさしい甘さでジューシーな上、
ゼリーとプリンをまぜたような食感。もう最高。
難をいうと、少し口の中に渋みが残ることと
口の周りがカピカピへんなかんじなるところ。
夜顔を洗う前におひとつどうぞ。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2018 ベトナム情報 All Rights Reserved.