カテゴリー: フィンランド

ヘルシンキの街へようこそ!

18 2月
2011年2月18日

みなさんこんにちは。前回のブログに続き、今回はヘルシンキを紹介したいと思います。ヘルシンキの街並みや文化はロシアとスウェーデン両方の影響を受けています。例えばヘルシンキの港から見えるブロンズのオーソドックス教会をはじめ、多くのヘルシンキの古い建物はロシアの占領時代に建てられたものです。それから食べ物では、ロシアのピロシキと同じものをフィンランドでも食べています。でも前回のブログにも書いた通り道の名前はスウェーデン語とフィンランド語両方の名前がついていたり、また多くのフィンランド人はスウェーデン語を理解することができます。そして近年ではスウェーデンの企業の多くがフィンランドに進出しているため、ヘルシンキの街を歩くとストックホルムにあるお店を多く見かけます。このように二つの国の文化が交じり合ってヘルシンキの独自の雰囲気を作り出しています。

下の写真は港から見えるオーソドックス教会です。

SWD_0202_0101

ヘルシンキの街の中心地から港へ続いている大通りエスプラナーデンと呼ばれる通りには観光客が多く訪れます。この通りには多くのカフェやレストラン、お土産やさんが並んでいます。この辺りにはフィンランドで有名なチョコレート会社Fazerがカフェを出しています。このカフェはいつも人気で、ランチをしたり、チョコレートをお土産に買って帰ることもできます。ちなみにチョコレートのお茶も売っています。チョコレート茶というと変な感じがしますが、結構美味しいのでぜひ試してみてください。ランチにはサーモンのサラダやボルシチなどがお勧めです。

サーモンのサラダです。

SWD_0202_0102

Fazerのカフェの中です。

SWD_0202_0103

エスプラナーデンにはフィンランドの有名なブランド、iitala(イータラ)がお店を出しています。主にキャンドルホルダーやグラス、食器などを売っています。ムーミン関連のグッズも売っているので、ぜひ立ち寄って見てください。

イータラの特徴的な形のキャンドルホルダーです。

SWD_0202_0104

ムーミンの食器などもかわいいです。

SWD_0202_0105

北欧のモチーフが好きな方には、PENTIKというフィンランドのデザインのお店もお勧めです。シルバーの鹿のデザインのキャンドルホルダーが私のお気に入りです。背中の部分にある皿にろうそくを置いて灯すとシルバーの色がとても綺麗に見えます。

SWD_0202_0106

その他にも、Kankurin Tupaという、とても可愛らしいフィンランド風の雑貨を売っているお店もエスプラナーデンにあります。クリスマスをモチーフとしたサンタクロースなどの雑貨が多かったですね。このお店で、トロール(?)が船に乗って魚釣りをしているデザインのキャンドルホルダーを見つけました。愛嬌があって可愛らしいですよね。

SWD_0202_0107

最後に、港の近くにはSaluhallen(サールハレン)と呼ばれる屋内のマーケットがあり、魚介類、肉、果物のお店、ベーカリーなどが並んでいます。またレストランなどもあり、特にお勧めなのが魚介類のスープを専門とした小さなレストラン、SOPPAKEITTIÖ (スープレストラン)です。8ユーロくらいですごく美味しい魚介類のスープが頂けます。ちなみにこのマーケットには寿司レストランもあります。

ヘルシンキはストックホルムより小さな街ですが、独特の雰囲気があって夏は特に素敵な街です。北欧を旅行する際にはぜひヘルシンキを訪れてください。

ムーミンの故郷、フィンランド!

07 2月
2011年2月7日

みなさん、こんにちは。今日はスウェーデンの隣国であり北欧の国の一つであるフィンランドについて少しお話したいと思います。フィンランドはスウェーデンの東側に隣接する国で、人口は約5百万人とスウェーデンよりも小さな国です。人口の約5パーセントがスウェーデン語を母国語とし、フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語の両方となっています。都市の名前や、道の名前などには、スウェーデン語とフィンランド両方の名前がついているのです!なのでたまにかなり混乱させられます。例えば、フィンランドの南西に位置するある都市は、フィンランド語ではトゥルクと呼ばれていますが、スウェーデン語でオーボと呼ばれいます。どちらの名前も同じ都市を指しているのです!(ちなみに、スウェーデン語はドイツ語系の言語ですが、フィンランド語はヨーロッパ系のどの言語とも異なる独自の言語です。)

フィンランドはスウェーデンと同様、教育と福祉、ITの水準の高さを誇っています。フィンランド発の有名な企業にはNOKIAがあり、その他にも、フィンランドといえば日本でもなじみ深いムーミンの故郷です。(正確にはムーミンの作者の故郷ですが)このような先進国かつおとぎ話的なイメージの国としては意外かもしれませんが、ヨーロッパではかなりめずらしく、フィンランドでは成人男性には極少数の例外を除いて一定期間の兵役義務が課せられます。

と、簡単にフィンランドのことを説明したところで、観光のお話に移りたいと思います。フィンランドの首都はヘルシンキ。東京からだとフィンランド航空で直行便があります。ヘルシンキに行った後、船でストックホルムに行くというルートも人気があります。ヴァイキングラインあるいはシリアラインと呼ばれる船でストックホルムへ一晩かけて行けます。ヘルシンキを午後5時出発でストックホルムに午前9時半ごろに到着というタイムスケジュールなので、北欧の旅行にはぴったりですよね。船の中は設備が充実しているし、宿泊代もうくので北欧旅行の際の移動手段にはお勧めですが、この船のクルージングは観光客だけでなく、スウェーデン人やフィンランド人にも人気があります。というのも、この船にはタックスフリーのお店がたくさんあるので、みなさん、化粧品やお酒をここぞとばかりに買っていきます。

SWD_0201_0101

もちろん、タックスフリーのみならず、エンターテイメント性の高いのも人気の理由です。レストランやバー、(ちなみにカラオケバーもあります)カフェ、アクセサリーや洋服のお店、そしてもちろんタックスフリーショップなどがあり、まるでショッピングモールのようです。

SWD_0201_0102

この日はバイオリンのミニコンサートもありました。レストランの脇などではよくピアノの演奏をしていたりもします。

SWD_0201_0103

バーも何種類かあって、カラオケバーや、年配の方に人気なオールディーズな曲をバンドが演奏しているバーなどもあります。ダンスフロアもあるのでカップルで踊ることもできます。

SWD_0201_0104

このシリアラインの船の入り口にはかなりハイテンションなカメラマンが待ち構えていて、乗船してくる客を一人一人撮影しまくっています。「はい!笑ってー!いいねーすばらしい!」って感じで撮影してます。その後写真を現像して船の中で販売しているので、もしよければ記念に一枚買っていくのもいいかもしれませんね。撮った写真を拡大して(しかも少し加工して?)販売する店の前に販売・客引き用に飾っています。ちょっと恥ずかしい気もしますが。。

北欧を旅行する際はぜひヘルシンキからストックホルム行きの船をご利用ください!次回はヘルシンキの街の観光についてお話します!

Copyright© 2017 スウェーデン情報 All Rights Reserved.