月別アーカイブ: 12月, 2010

クリスマスマーケット!

28 12月
2010年12月28日

みなさん、こんにちは。11月終わりから寒さもいよいよ厳しくなってきました。マイナス10度以下の、雪も積もり積もった白銀のストックホルムからブログをお届けします。今年は近年に比べて冬の訪れがずい分早いようです。ここ2・3年はクリスマス前には雪があまり積もらない年が続いていましたが、今年はホワイトクリスマスに期待大です。

12月になり、サンタの足音も近づいてきましたね。スウェーデンでは、この時期になるとクリスマスマーケットが開かれます。ストックホルムでも何箇所がありますが、私が週末に行ったのはガムラ・スタン(オールド・タウン)と呼ばれる古い街にあるクリスマスマーケットです。この古い街にある、ノーベル博物館もある大広場(ストールトリエット)で毎年12月にクリスマスマーケットが開かれます。他のヨーロッパの国、例えばドイツなど比べると規模は小さいようですが、それでもスウェーデンならではのお店に出会えます!

SWD_1202_0101

この日は土曜日ということもあり人でとても混雑していました。写真に写っている小さな赤い小屋がマーケットに出ているお店です。クリスマス以外のシーズンにはこれらのお店は出ていないのです。この日も極寒だったのでマーケットに着いてすぐにグロッグと呼ばれるアーモンドとレーズン入りのホットワインとジンジャークッキーを頂きました。グロッグのお店はもちろんお客さんが列をなす大繁盛でした。こういう寒いときにはグロッグで体を温めないと次へ進めません。

このマーケットにはグロッグの他にも、食べ物を売るお店としては、ソーセージを売るお店や、チーズ、またジャムなどを売るお店もありました。大体のお店で買う前に試食ができるので、いろいろと試してみるのも楽しいかも。スウェーデン人だけでなく、多くの観光客もクリスマスマーケットを訪れていました。

SWD_1202_0102

SWD_1202_0103

食べ物のほかには雑貨などを売るお店が多く出ています。特にクリスマスシーズンなので、クリスマスにちなんだ、デコレーションやキャンドルを売るお店がとても人気でした。小さくてかわいい雑貨で値段もお手ごろなので、お土産にも喜ばれそうですね。

SWD_1202_0104

下の写真は一目で気に入ったサンタクロースのキャンドルです。なんかサンタクロースと白雪姫の毒キノコを合体させたようなデザインですが、かわいいですよね。

SWD_1202_0105

それから北欧の伝統的なデザインのニット帽や手袋、マフラーを売っているお店もありました。あの柱に吊るされている白い手袋、私も持っています。とても暖かいです。

SWD_1202_0106

もしこの季節にスウェーデンを訪れる機会があれば、ぜひクリスマスマーケットに立ち寄ってみてください。その時にはしっかり寒さ対策をして行って下さい!クリスマスマーケットで少し買い物した後で古い街に数多くあるカフェでホットチョコレートを飲んで体を温めてみるのもお勧めです。

 

みんなでフィーカしませんか?

12 12月
2010年12月12日

こんにちは!最近、冬の気配がより強く感じられるスウェーデンからブログをお届けします。北欧では夏至の頃は日が長いのですが、冬になると反対に夜がこの国を支配します。最近では午後4時くらいになると日が落ちて暗くなり、空も厚い雲で覆われて雪もちらつき、ストックホルム全体がどんよりした雰囲気です。太陽にもこの数日あまりお目にかかれません。
そんな冬の天気のせいか、体がだるく感じる人も多いようです。日本ではあまり考えないかもしれませんが、スウェーデンに住んでいる人たちは冬になると気分が落ち込み、欝っぽくなる人も多いみたいです。でもそういう時には、フィーカをしましょう!スウェーデンにはフィーカと呼ばれるコーヒーブレイクの文化が強く根付いています。スウェーデン人はコーヒーとペストリーが大好き。仕事でも学校でも、休憩時間にはコーヒーを飲み、ペストリーを食べます。そうすると天気が悪くて気分がどんよりした時でも少し暖かく元気になります。
コーヒーと一緒に食べるので定番なのが、下の写真にある、シナモンロールと呼ばれるペストリーです。スウェーデン語ではKanelbulle (カネルブッレ)と呼ばれています。

SWD_1201_0101

このシナモンを使ったペストリーは焼きたてが最高に美味しいです。シナモンのほかにバニラを使ったものもあります。コンビニでも、カフェでも、スーパーでも、どこでも売っているのでスウェーデンを訪れたらぜひコーヒーとやお茶と試してください。冷めている場合は温めてから食べるとより美味しいです。
シナモンロールは年中ありますが、この冬の季節限定で食べられているペストリーもあります。特に12月には聖ルチア祭があり、その時に必ず出てくるのが、サフランロールです。(スウェーデン語でLussekattルッセカットと呼ばれます。)みなさん、あの有名なサンタルチアの曲は耳にしたことがありますよね。あの曲に出てくるルチアの祝祭です。

SWD_1201_0102

上の写真の、数字の8のような形(あるいはアルファベットのS)のロールが、サフランロールです。サフランという香辛料を使っているので、全体が黄色くなります。11月に入るとこのルッセカットがコンビニなどで販売され始めました。サフランの独特のにおいがルチアの季節を感じさせます。ちなみにサフランという香辛料は少量しか使用しませんがとても高価なもので、スーパーでは普通の売り場にはなく、レジの棚にしか置いていません。
その他にも、クリスマスの季節に欠かせないのがジンジャークッキーです。(スウェーデン語でPepparkakaペッパーカーカ)このクッキー、形は主に丸やハート型ですが、クリスマスにはジンジャークッキーのお家を作るのもスウェーデンの伝統です。スーパーに行くと家を作るためのジンジャークッキーセットが売られています。このジンジャークッキーの家に砂糖のチューブやカラフルなチョコレートで模様をつけたりします。

SWD_1201_0103

またこのジンジャークッキーのお供として人気なのがグロッグと呼ばれるワインにスパイスを加えた飲み物です。アルコール度はかなり低めで2パーセントくらいだったり、中にはアルコールフリーのものも多いです。温めて飲むのが主流で、ナッツやレーズンを入れたりしても美味しいです。

SWD_1201_0104

この寒い季節にはフィーカをして元気を出しましょう!

Copyright© 2017 スウェーデン情報 All Rights Reserved.