月別アーカイブ: 4月, 2011

サマータイム

26 4月
2011年4月26日

みなさんこんにちは。最近はずいぶん暖かくなってきたストックホルムからブログをお届けします。こちらではサマータイムというものがあって、3月の終わりの週にはウィンタータイムからサマータイムへと変更になりました。時間を1時間早めるので、日本との時差が8時間から7時間へとなりました。サマータイムになると日が暮れる時間がずっと遅くなるので、一日をより長く満喫できます!
そんな季節の変化を感じる時期には、ストックホルムで人気のイベント、「ストックホルムアイス」が開催されます。以前のブログでも少しお伝えしましたが、これはフィギュアスケートのショーです。去年のショーがとても人気だったので今年も引き続き開催することになったようです。今年でまだ2回目のようですが、これからも続けてほしいです!
このアイスショー、去年はプルシェンコやランビエールなどのオリンピック・世界選手権のタイトルを持ったスケーターなどが参加し、会場は大盛り上がりでした。今年はこの二人に加えてさらに、トリノオリンピック金メダリストの荒川静香さんや、フィンランドのレピスト選手(去年の世界選手権で銅メダル)も参加して、非常に高いレベルのショーでした!その他にも、スウェーデンのシングルの選手も多く登場し、会場を沸かせていました。

SWD_0402_0101

オープニングはチームでの滑りでした。シンクロナイズドスイミングのようにフィギュアスケートでも団体競技の世界選手権あるみたいですが、なかなか他のフィギュアのように放映されませんね。大勢がリンク上で模様を描いて滑っていたので結構見ごたえがありました。

SWD_0402_0102

上の写真は、小さく写っていますが、荒川選手です。上の写真で滑った以外の、もう一つの演目が日本をテーマにしたものでしたが、とても芸術的なプログラムとなっていました!荒川さんが背中を思いっきり反らすイナバウアー(レイバック・イナバウアーと呼ばれているようです)をすると会場から大きな拍手が起こっていました。あの技、実際にスケートリンクでみると本当にきれいでです。

SWD_0402_0103

上の写真はペアの選手の演技です。スーパーマリオがテーマ(?)のプログラムでした。ペアの演目はコミカルなものや、ペア独自のダイナミックな技を組み込んだものが多く、とても見ごたえがありました。

SWD_0402_0104

上の写真のランビエール選手は言うまでもなく、芸術性の高さと、高速スピンと、あとは人柄でとにかく人気でした。小さい女の子たちがお花を拾って渡してました。
プルシェンコ選手は残念ながらいい写真がとれませんでしたが、相変わらずリンク上では存在感を示していました。司会者がプルシェンコを紹介するとき、彼の名前を言う前に、「すべてのタイトルを取った男だ!」という紹介で始めていたのが印象的でした。
来年もぜひストックホルムアイスを開催してほしいです。あともっと日本のスケーターも来るといいな。

ストックホルムの地下鉄

06 4月
2011年4月6日

こんにちは、最近ストックホルムはすっかり暖かくなり、春の陽気が訪れています。スウェーデンでも最近は、東北・関東の地震と津波、原発問題について震災直後から大きく報道しています。みんな早く被災地が復興してくれることを願っています!

さて今回は、ストックホルムの地下鉄のちょっとユニークな一面に注目してみたいと思います。一見すると地下鉄は何の変哲もない普通の地下鉄に見えますが、注意深く見てみると、ストックホルムの地下鉄の駅では多くのアートを発見することができます。

例えば、Kungsträdgården (日本語訳で「王の庭」の意味)の駅内のデザインはとても素敵です。下の写真は駅の地下のホームの入り口ですが、むしろ魔界への入り口という感じもしますね。

SWD_0401_0101

更にこの駅のホームの壁にはところどころに彫刻の作品があります。この駅のホームは結構暗めでしかも閑散としているので、こういう彫刻は少し怖かったりします。。でも駅のホームにこういった作品があるとおもしろいですよね。壁も石造りで彫刻の雰囲気とマッチしています。

SWD_0401_0102

SWD_0401_0103

Kungsträdgården駅の近くには国立美術館をはじめとした美術館や博物館が多いので、駅もアートを意識した造りになっているのかなぁと思ったりします。この駅、デザインがとてもユニークなのにもかかわらず利用者が少ないのが少し残念です。

ストックホルムの中心の駅、T-centralenでも、Kungsträdgårdenの駅ほど異次元的な雰囲気はありませんが、実はところどころにちょっと凝ったデザインが見受けられます。

例えば駅のホームの柱にはモザイク調のデザインが施されています。

SWD_0401_0104

こちらは、駅構内のホームへと続くエレベーター脇の柱(?)です。

SWD_0401_0105

これらのアートは恒常的に駅の一部となっていますが、その他にも駅によってはホームや、ホームの壁に期間ごとに美術作品を展示したりする場合もあります。

Odenplanという駅では、駅のホームに設置されているガラス張りのケースの中で、国内の美術大学を卒業した学生の作品を一定期間ごとに展示しています。

下の写真が、現在展示されている作品です。この駅では展示作品が期間ごとに変わっていくのでいつも楽しみにしながら利用しています。

SWD_0401_0106

ストックホルムのほとんどの地下鉄の駅構内には何らかの美術作品が使われているそうです。普段は何も気にせず通り過ぎて行く駅ですが、知らず知らずのうちにアートに触れているんですね。観光で訪れるときにもこういった少し隠れた美術作品を発見するのも楽しいかもしれません。

Copyright© 2017 スウェーデン情報 All Rights Reserved.