バロック建築の旧市街が美しいソロトゥルン

19 2月
2011年2月19日

ジュラ山脈の麓に位置するソロトゥルンSolothurn。
スイスで最もバロック建築が保存されている町として有名です。
宗教戦争の時はカトリック側に立ったため、フランスと強く結び付いていました。
18世紀まで、フランス大使館はこのソロトゥルンにあったのです。
ルイ14世時代の華麗なバロック芸術の影響が色濃く残る旧市街。
小さいながらも美しい光を放って人々を魅了するチャーミングな町です。

SW0202-001

見どころの旧市街は、アーレ川を挟んで駅の反対側にあります。
駅からHauptbahnhofgasseをまっすぐ歩くと、川にかかる大きな橋に出ます。
このKreuzacker橋を渡れば旧市街。
川沿いに立つのはランドハウスLandhaus。
昔の船着場と倉庫に使われていました。

SW0202-002

橋を渡ると、右手奥に小さな教会があります。
これはザンクトペーターズ教会St-Peterskapelle。
ローマ時代の遺跡がこのチャペルの下に残っています。

SW0202-003

SW0202-004

旧市街に入ってすぐに見えてくる、堂々としたバロック建築。
ソロトゥルンのシンボル、ザンクトウルゼン大寺院St-Ursen Kathedraleです。
ローマ軍が攻めて来た時に殉教した聖ウルスの伝説にちなみ、町の守護聖人聖ウルスが祭られています。

イタリア語圏ティチーの州の建築家ピソーニによって建造されました。
左右の均整がとれた、真っ白な堂々とした美しい建物。
18世紀のイタリア・バロック様式とフランス・バロック様式の融合が見事です。

SW0202-005

SW0202-006

旧市街にはコンパクトに見どころが集中しています。
ザンクトウルゼン大寺院からすぐHauptgasseに入ると、ジェスイット教会Jesuitenkircheがあります。
イタリア・ドイツのバロック様式ですが、壁面にあるルイ14世の紋章は、建築にはフランスが多大な出資をしたことを物語っています。

スイスで一番美しいと言われる内装は、ルイ14世時代のバロック様式。
静寂の中に広がる天井や柱の浮き彫り装飾が本当に素晴らしい!

SW0202-007

ジェスイット教会の並びには、時計塔Zeitglokenturmがあります。
14世紀に建造された、町で最古の建物。
こった装飾や機械時計のからくりもなく、素朴でダイナミックな雰囲気。
骸骨の彫り物などが、中世ヨーロッパ当時の雰囲気をダイレクトに伝えてきます。

SW0202-008

SW0202-009

SW0202-010

SW0202-011

旧市街には石畳が美しい小道が何本もつらなっています。
古い建造物をそのまま生かした内部には、オシャレなショップがたくさん。
こんな場所でショッピングしたら楽しいだろうなぁ…

SW0202-012

SW0202-013

SW0202-014

時計塔から小道に入りましょう。
明るい青銅色のタマネギ屋根を2つ備えた、一風変わった古い建物が見えてきます。
これがソロトゥルン市庁舎Rathausです。
1476年から18世紀までの長期にわたって建造されました。
重ねてきた年月をひしひしと感じさせる、美しい石造り。
消火栓まで当時の面影を残しています。

SW0202-015

SW0202-016

SW0202-017

ソロトゥルンは城壁に囲まれた町でもありました。
町の端には塔や兵器廠Altes Zeughausなどが残っています。

SW0202-018

SW0202-019

兵器廠は17世紀にレオナルド・ダ・ヴィンチのスケッチをもとに建てられたそうです。
丸みを帯びた、とてもユニークな外見です。
しかしこれは、プロテスタントの街ベルンからの侵入者を防ぐための重要な建造物でした。
町の周りにめぐらされていた堀のあとも残っています。

SW0202-020

町の北側にはソロトゥルン市博物館Kunstmuseumがあります。
フランス印象派のほか、スイス画家の作品も多くそろえ、ハンス・ホルバインの「聖母子像」が有名です。
外国からは寄贈のみ受け、購入するのは祖国スイス画家の作品だけ、というこだわりをもつ博物館です。

SW0202-021

SW0202-022

ソロトゥルンはフランス文化が花開いた町。
レストランもカフェも、どことなく洒落ています。
食事もフランス料理の影響が多く、タルタ・フランベなどフランス料理が美味しい町でもあります。

ぜひ持って帰りたいのが、ソロトゥルン名物ソロトゥナリSorotunarli。
ナッツと素朴なミルク風味で、さくっと軽いお菓子です。
このなんとも言えない柔らかな味はなんだろう?
と思ってお店の人に尋ねたら。
「ジャポネが入っていますよ」
と教えてくれました。
ジャポネ=日本、というエッセンスが入ったお菓子…
日本の文化を好んで取り入れていた当時のフランス人がもたらしたのでしょうか。
こんなところに、当時の日本を見つけてうれしくなりました。

ソロトゥルンの旧市街は、歴史にいろどられた小さな宝石の集まりのようです。

SW0202-023

ローマ時代の温泉と中世の町並みを散策!バーデン

12 2月
2011年2月12日

SW0201-021

ヨーロッパを観光していると、よくローマ時代の遺跡にめぐりあいます。
ここバーデンはローマ時代に温泉があった町。
「アクアエ・ヘルヴェチカエ」という名前でローマ人が温泉を楽しんだ町には、今でも上質のナトリウム泉が湧き出し、温泉プールやクアセンターが設置されています。
また、バーデンは16世紀にスイス誓約同盟13州議会が置かれた歴史のある町でもあります。
リマト川にかかる屋根付きの橋や、今も残る中世の街並みから、当時の雰囲気がそのまま伝わってきます。
ローマ時代と中世の街並みにかこまれた落ち着いた町は、そぞろ歩きにぴったり。

SW0201-001

バーデン駅の周辺はバスターミナルや店が並んで賑やか。
見どころは旧市街にあります。
駅から見える塔が町のシンボル。
塔のアーチをくぐって左手に歩くと、教会広場に出ます。

SW0201-002

SW0201-003

モザイク屋根の教会は1457年に建てられました。
内部は木目調の華麗な装飾がほどこされた荘厳な雰囲気。

SW0201-004

教会広場を取り囲む建物の一角が市庁舎です。
13州議会が開かれた会議場が残されています。

教会広場から階段で川の方へ下り、旧市街へ向かいます。
どこに出るのだろう?と不安になりそうな細い階段がいくつかありますが、どれを下っても目的地へ出るのでだいじょうぶ。

SW0201-005

階段を下りると、細い石畳の小道が見えます。
このObere HalbeとUntere Halbeには、16世紀の街並みが今でも残されています。
当時をしのばせる壁画などもいっぱいなので、いろいろ見ながら思いをはせるのも楽しくなります。

SW0201-006

SW0201-007

SW0201-008

SW0201-022

SW0201-023

壁画には当時の宿屋やレストランの面影が鮮やかに残されています。
職人の家には、家族の系譜や家紋まで描かれています。
中世に倉庫として使っていた建物までそのまま残っていてびっくり。
内部を改装して今も現役で活躍しています。

SW0201-009

SW0201-010

SW0201-011

Untere Halbeを川の方へ下ると、屋根つきの木造の橋が見えてきます。
スイスの町でよく見られる、中世の姿をそのまま残した橋です。
ちょっと薄暗くて湿った感じですが、こちらも現役。
日常の生活で人々がいつも使っている、町のもう一つのシンボルです。

SW0201-012

SW0201-013

渡って対岸に出ると、昔の代官屋敷になります。
今は歴史博物館になっていて、ローマ時代の遺跡や町並みが展示されています。

旧市街を見終わったら、ローマ人ゆかりの温泉の方へ行ってみましょう。
また駅まで戻り、表示を見ながらまっすぐ歩くと、カジノと広い庭園が見えてきます。

SW0201-014

庭園は出入り自由なので、遊歩道を歩いて反対側のレーマーシュトラーセRömerstrasseに出てみましょう。

SW0201-015

ここにはなんと、ローマ時代の柱がいくつか残っています。
2000年以上も立ち続けている柱。
いったいどんな人達がこの柱を通り過ぎていったのでしょうか。
思わず手を触れてみると、どんなコンクリートよりも密度の高そうな、どっしりした強靭さ!

SW0201-016

ローマ時代に思いをはせながらレーマーシュトラーセを下ると「皇帝の泉」の前に出ます。
ここからは昔からの由緒あるホテルが立ち並ぶ温泉街となります。

SW0201-017

SW0201-018

SW0201-019

しかし温泉街とはいっても、日本のように店が立ち並んで賑やかではありません。
保養のため落ち着いて過ごすのが目的なので、ホテルもひっそり静かなたたたずまい。
川に一番近いところにあるホテル・シュタートホフの地下にはローマ時代の浴場が残されています。
もちろん今も温泉がこんこんとわき続けています。

一般に公開されているのは温泉プールとクアセンター。
こちらは近代的な施設で、屋内と屋外2つの浴場のほか、サウナやフィットネスセンターまでそろっています。
1日券を買えば、何時間でもゆっくり楽しめます。
泉質はスイス一豊富なナトリウム泉。
しかし水着を着用なので、温泉というよりプールのような雰囲気です。

ローマ時代と中世に心をタイムスリップしながら散策できる、こじんまりとした素敵な町バーデン。
時間があればぜひローマ人の温泉も楽しんでみてください。

SW0201-020

マッターホルンが間近に!ゴルナーグラート

21 1月
2011年1月21日

SW0102-001

スイスに行ったら一度は見てみたいマッターホルン。
マッターホルンを身近に眺めるには、登山電車で展望台のあるゴルナーグラートGornergratに行くのがおススメです。
雄大なマッターホルンを眺めながら、気軽なパノラマハイキングができます。
登山鉄道で登ったあと、緩やかな下りを散策するだけなので、体力に自信のない人も安心していけるコース。
まるで絵葉書そのままのような素晴らしい景色は、一生思い出に残る感動になること間違いありません。

SW0102-002

傾斜のきつい山道を登る登山鉄道のレールは、ギザギザがしっかりとついています。
ゴルナーグラートへの登山鉄道は、ツェルマット駅から出発。
ユングフラウ鉄道のような地下鉄でなく、ずっと地上を走ります。
展望台までの所要時間は40分あまり。
頂上までの道のりでは、車中から氷河の豪快な眺めが楽しめます。
右窓を中心に景色が広がります。

SW0102-003

SW0102-004

終点のゴルナーグラートに着くと、二つのドームがある建物が見えます。
ここに展望台がありますので、登ってみましょう。
くれぐれもあせらずに、ゆっくりと!
標高は3000m以上と高いので、すぐに息切れがしてしまいます。

SW0102-005

展望台は3135m。
氷河に囲まれたパノラマが360°で楽しめます。

SW0102-006

テラスで一休みしてから、もうちょっとマッターホルンを楽しむため、ちょっとしたハイキングに向かいましょう。

無理せず徒歩でマッターホルンの景色を楽しむには、登山鉄道を使い、山道は下るのがポイントです。
ゴルナーグラートから登山鉄道で一駅下った、ローテンボーデン駅Rotenbodenからスタートするのがおすすめ。
ローテンボーデンから徒歩で一駅分、リッフェルベルクRiffelbergまで下ります。
この区間はなだらかで歩きやすく、脚力に自信のない方でも普通のスニーカーで気軽に歩くことができます。
所要時間は、ゆっくりでも1時間程度。

もちろん頂上のゴルナーグラートからも下ることができますが、頂上から下る1駅分はけっこう険しい道のりなので、気をつけてください。

SW0102-007

道中では目前に広がるマッターホルンの眺めが本当に素晴らしい!
道端の高山植物などを楽しみながら、ゆっくり下っていくと、リッフェル湖に着きます。
雄大なマッターホルンと静かなリッフェル湖の素晴らしさに、思わず息を飲んでしまいます。
湖面にうつった逆さマッターホルンを写真におさめるチャンスです。
しかし、いつも微妙に風が吹き、さざ波が立っているので、頂上まで綺麗に撮影するのはあんがい難しい!

SW0102-008

湖の水は本当に澄んでいて爽やか。
小魚が泳いでいるのが見えます。

SW0102-009

リッフェル湖に別れを告げて下っていくと、最終地点リッフェルベルク駅Riffelbergに着きます。

SW0102-010

登山電車が来るまで、駅のテラスカフェで最後のマッターホルンの景色を楽しみます。
ビーチチェアの並んだテラス席で雄大な景色をゆったり楽しむ、夢のようなひと時。
ゆったりと静かに時間が流れて行きます。

駆け足で通り過ぎてしまうことの多い山の観光ですが、マッターホルンではぜひ小さなハイキングをして雄大な景色を楽しむことをおススメします。

マッターホルンへの出発点ツェルマット

06 1月
2011年1月6日

SW0101-001

スイスに行ったら一度は見てみたい、アルプスの名峰マッターホルン。
マッターホルンへ行くには、ふもとの村ツェルマットが出発点になります。
人口3700人ほどの小さな村には、いつも世界からの観光客がいっぱい。
なぜならツェルマット周囲にはマッターホルンだけでなく、スイス・アルプスの4000m級の山々が集中して連なっているからです。
展望台から眺めるアルプスの山々と氷河の大パノラマに感動です!

SW0101-002

マッターホルン行きケーブルカーの時刻を確認したら。
少しツェルマットの街を散策してみましょう。
山登りの前には、ツェルマットで早めの昼食をとっておくのがおススメ。
ここなら種類もお店も豊富です。
昼食のあとには、ついでに観光もしてしまいましょう!
とても小さい村なので、のんびり歩いてもすぐ見て回れます。
ツェルマットのメインストリートは約600m。
その小さい通りには、みやげもの屋やレストランが連なっています。

SW0101-003

道をゆっくり走るのは、こんなカワイイ電気自動車。
ツェルマットでは自然環境を守るため、普通自動車の通行が禁止されています。
ホテルの送迎バスも、すべてこの電気自動車となります。
ガソリン車が通らないと周囲がこんなに静かなのか、と改めて気付かされます。

SW0101-004

電気自動車のほかに走っているのは、観光客用の馬車。
シャンシャンと鈴を鳴らしながら馬車が走り、電気自動車がトコトコと横切り…
都会の喧騒とはまったくの別世界を感じさせられます。

SW0101-005

山小屋風レストランの窓には花がいっぱい飾られていてとても綺麗。
店もたくさん軒を連ね、メニューも店によって実にさまざま、本当に迷ってしまいます。

SW0101-006

ハイキングの前に、なにかスイス風のしっかりしたものが食べたい!
という時におススメの、名物料理エルパーマカロニ。
グラタンに似ていますが、中身がスイス風です。
ゆでたマカロニに、細かく刻んだゆでジャガイモと炒めた玉ねぎをまぜ、その上に温めた特製チーズと生クリームが少々かかっています。
腹ごしらえはこれで、夜までばっちり!

SW0101-007

メインストリートを散策すると、土産物店がいっぱい。
スイスはチョコレートも有名なので、ぜひ試してみたいところ。
こんな風に、グラムで量り売りしてくれるチョコレート専門店があります。

SW0101-008

SW0101-009

ツェルマットで時間があるなら、路地に入ってみるのがおススメ。
昔使われていた古い穀物小屋がならんでいる場所があります。
いくつもの古い山小屋がひっそりと立ち並ぶ風景に、メインストリートの喧騒をしばし忘れてしまいます。
この小屋は今でも、観光客の宿泊に利用されています。
Hotel Mont Calvinの先にある、スポーツ店バイヤールの手前の小道を入ったところにあります。

レストランで名物を食べ、土産物店を物色し、穀物小屋でツェルマット風情を味わったら、あっというまにケーブルカーの発着時間になります。

アルプスの景色とすがすがしい空気を楽しみながら、のんびりと自然を満喫できる素敵な村です。

SW0101-010

キリスト教巡礼の町アインシーデルン

22 12月
2010年12月22日

SW1202-001

ヨーロッパの国々には、「聖ヤコブの道」というキリスト教徒の巡礼ルートがあります。
ヨーロッパ大陸南西部のイベリア半島をイスラム教徒が支配していた中世の頃、イベリア半島最西端のサンティアゴ・デ・コンポステーラを目指してキリスト教が通ったのがこの道。
「聖ヤコブの道」の一つは、スイスの東にあるザンクトガレンか、ドイツのコンスタンツからこのアインシーデルンEinsiedelnを通り、スイスを横断します。

アインシーデルンでは、壮大なバロック教会が有名。
さすがキリスト教の巡礼の地だけあって、毎年大規模なクリスマスマーケットが開かれます。

SW1202-002

教会前では、クリスマスマーケット恒例の楽隊が音楽を奏でています。
アインシーデルンの教会は、バロック様式でとても壮大で美しい建物です。
左右は140m、2つの塔の高さは37m。
内部にはきらびやかなガウンをまとった木彫りの黒いマリア像があります。
写真撮影は禁止されていますので、ここではお見せできませんが…
教会前の左右に張り出した部分はアーケードになっていて、教会のお土産が売っています。
絵葉書のほか、素敵なロザリオなどもたくさんあります。

SW1202-003

さすが巡礼の地だけあって、クリスマスマーケットの混雑はただものではありません!
スイスではめったに見られない人ごみです。

SW1202-004

SW1202-005

SW1202-006

クリスマスマーケットで売っているものは、キャンドル、クリスマスの飾り。
そのほか、さまざまなスパイスやお茶、毛糸の帽子やマフラー、おもちゃ。
アロマオイルや、アクセサリーなど…
実にさまざまです。
家族や知人へのクリスマスプレゼントを探す人々でごった返しています。

キャンドルは、伝統的なものには4つロウソクがついています。
クリスマスの4週間前から、4つのキャンドルに1週間ひとつずつ、明りをともしていきます。
素敵なデコレーションのものが多く、ヨーロッパらしい雰囲気いっぱい。
見ているだけで楽しくなります。

SW1202-007

クリスマスのお菓子も実にさまざま。
焼き菓子の上にマジパンをのせ、そこにサンタクロースやトナカイの絵がプリントしてあります。

SW1202-008

SW1202-009

スイスでは秋から焼き栗の露店が出ています。
どこの街角でも出ているので、見かけたらぜひ食べてみてください。
日本の甘栗と違い、砂糖で甘くしたりせず、そのまま炒ってあります。
量り売りで買うと、このように紙袋に入れて渡されます。
寒い冬には、焼き栗の袋の暖かさがうれしくなります。

そのほか、寒い時期にはグリューワインという温かいワインもおススメです。
こちらも露店で売っています。
これは温めた赤ワインに、シナモンやリンゴ、オレンジを入れたもの。
仕事の帰りは、グリューワイン片手に寒いホームで電車を待ちます。
…あまりに寒いときは全く酔わず、ほっこりと体が温まっていく感じです。

クリスマスマーケットはアインシーデルンが有名ですが、この時期はスイスどこでも開催されています。

焼き栗とグリューワインを片手に、スイスのクリスマスマーケットを散策してみてください。

SW1202-010

Copyright© 2017 スイス情報 All Rights Reserved.