手描きパレオのお店

26 5月
2011年5月26日

モーレア島のクック湾にあるホテル、クラブバリハイの斜め向かいにある小さなショッピングセンターの中にパレオを描いて作りながら売っているお店があります。色鮮やかなパレオがお店の前にぶらさがっているので、すぐわかると思います。

SANYO DIGITAL CAMERA
パレオが飾ってあります

お店の名前は「Natural Mystic」です。ナタリーさんと、なんと同じ名前のナタリーさんという二人のアーティストが共同でやっています。伝統的なパターンにこだわらない独創的な模様のパレオを一つ一つ手描きで作っていきます。その模様はモーレア島の美しい景色とぴったり合います。

SANYO DIGITAL CAMERA
様々な模様のパレオ

ナタリーさんはフランスからヨットでフレンチポリネシアにやって来て、もう一人のナタリーさんと出会いました。その島々の中でも特にモーレア島が気に入ってしまって、ここにアトリエを作りました。作品は二人で共同して作っていきます。

SANYO DIGITAL CAMERA
パレオ製作中のナタリーさん

その作品にはいろいろなパターンがあり、花や景色など以外にもサイケデリックな模様のパレオなども作ります。キラキラとしたラメが使われることもあります。作風はどんどん変わるので、予想がつきません。また店内にはパレオ以外の作品も並べられています。そして別のアーティストの作品なども展示されています。

SANYO DIGITAL CAMERA
店内

さまざまな手作りのアクセサリーがならんでいますが、これらもナタリーさんたちが手作りで作ったもので、さまざまな材料から作られています。マヨネーズのビンや黒真珠の母貝、はたまたドラム缶の蓋までもが使われています。

SANYO DIGITAL CAMERA
さまざまな作品たち

ドラム缶の蓋は近所のジュース工場からもらってきたものをリサイクルしているのです。足を付けて小さなテーブルとして使ったりします。しかしなんと言ってもパレオの作品たちがカラフルで綺麗です。そのパレオの生地からつくったドレスなども作っています。

SANYO DIGITAL CAMERA
パレオとドレス

モーレア島の一周するときに、道沿いのこのお店でパレオ作りを見学しながら、その作品たちを選ぶのも楽しいです。ナタリーさんたち、将来はゴーギャンのように有名になるかもしれません。今のうちにパレオを買っておけば将来は…

SANYO DIGITAL CAMERA
「Natural Mystic」の看板

目印はこの看板です。パレオが並んでいますので、そちらの方が目印になるかもしれませんね。

この記事のコメント

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 2017 タヒチ情報 All Rights Reserved.