モーレアのジュース工場

22 3月
2011年3月22日

海と山の大自然に恵まれたモーレア島にも工場があります。1周道路を走っているとこんな看板が見えてきます。この看板を山の方に数百メートル走るとジュース工場に到着するのです。

SANYO DIGITAL CAMERA

ジュース工場の看板

有名なモーレア島のパイナップルをはじめとして、さまざまなフルーツからジュースが作られています。ジュースの絞りかすなどからお酒も造られています。お酒と言っても果物から出来るリキュールです。

SANYO DIGITAL CAMERA
ジュース工場外観

ジュース工場は以前工場の中まで見学することが出来ましたが、数年前に国際ISO規格を取得してからは、残念ながら内部の見学は出来なくなりました。工場に併設されている売店は定番の観光コースになっています。

SANYO DIGITAL CAMERA
ジュース工場売店

この売店の特徴は、工場で作っているジュースを試飲することができるということです。もちろんお酒の試飲もできます。お酒はすでにカクテルになっているドリンクから、そのカクテルを造るための原酒も試飲することができます。お酒好きにはたまらない場所です。

SANYO DIGITAL CAMERA
各種ジュース

ジュースのブランド名は「ロツイ」ジュースと言います。ちょうど工場の裏にあるそびえ立った山の名前なのです。このロツイジュースはモーレア島だけでなく、ポリネシア各地のスーパーやお店に必ずと言っていいほど売っています。日本からタヒチへ向かう国際線のエアタヒチヌイの機内で出てくるジュースもここで作られたジュースです。

SANYO DIGITAL CAMERA
パイナップルリキュール

お酒はリキュールやラム類、そしてそれとジュースを混ぜてカクテルにしたものなどがあります。このリキュールのビンには本物のパイナップルが入っていますね。

SANYO DIGITAL CAMERA
ジュースの試飲

この工場で作られたジュースの中では特にパイナップル100%のジュースがお勧めです。砂糖も水も加えることなく、完熟したパイナップルだけを使ったジュースは本当においしいです。

SANYO DIGITAL CAMERA
ジュース工場売店

売店ではジュースやお酒以外にもこの工場で作られたジャムやクッキーなどさまざまなお土産を買うことができます。僕のお気に入りは乾燥パイナップルです。その他パレオやTシャツなどのお土産をうっています。特にこの工場は有名なタヒチのヒナノビールの系列ですので、ヒナノグッズも買うことができます。

SANYO DIGITAL CAMERA
ジュース工場に納入されるパイナップル

モーレア島のパイナップルはクイーンという少し小さめのパイナップルですが、完熟してから収穫されるので、もう運び込まれる時からいい香りがしています。タヒチでパイナップルと食べる時には芯をくり抜いたりしません。芯まで食べられるのです。

SANYO DIGITAL CAMERA
工場出口のパネル

工場の出口には日本語でも案内が書かれています。気持ちはわかるのですが、ちょっと直訳ぎみですね。ま、なんとなくポリネシアの親切な気持ちが伝わってくるような気がします。

タヒチのパワースポット

06 3月
2011年3月6日

日本ではパワースポットが注目をあびているようだが、ここタヒチで最強のパワースポットと言えば「マラエ」だろう。キリスト教が伝来する前にマオリ族が信仰していた宗教の儀式が行われていた場所なのです。もちろんそこはパワーが最も強い場所が選ばれたわけなので、日本で言う神社と同格のパワースポットなのだ。 続きを読む →

モーレア島の農業学校

23 2月
2011年2月23日

モーレア島は1周60Kmの島で、中央には1200mを超える山があります。人々は主に海岸沿いに住んでいて、中央部分には民家もありません。島の中央には横断する道路も無く、唯一車で行ける最高地点の展望台ベルベデールに行く道が一本だけとなります。その展望台に行く道の中ほどに農業学校があります。

SANYO DIGITAL CAMERA
農業学校のパネル

この農業学校はポリネシアで唯一の農業学校で、ポリネシア各地から生徒が集まって農業の勉強をしています。厳密に言うと、農業だけでなく林業や牧畜なども勉強しています。フランスの学校制度では「リセ」となり、日本で言えばちょうど高校と大学の間になり、専門学校に該当します。

SANYO DIGITAL CAMERA
農業学校への道

この農業学校の周りには品種改良などの試験をする実験農場や牧場などがあり、モーレア島の中央部分の大部分を占めているほど広い敷地となっています。その敷地の一部ではエビの養殖なども行われており、ここから出荷されたエビは地元のスーパーなどで売られることもあるのです。

SANYO DIGITAL CAMERA
エビの養殖

モーレア島の代表的な産業のパイナップルの畑も作られています。モーレアのパイナップルはタヒチでも有名なもので、小ぶりの「クイーン」という種類ですが完熟してから収穫しますので芯まで食べることができるのです。また日本で食べるパイナップルのように繊維が歯にひっかかったりすることもありません。モーレア島を訪れるときは必ず食べることをお勧めします。

SANYO DIGITAL CAMERA
パイナップル

この農業学校は、また観光コースにも含まれているのです。敷地の一部に売店が設けられていて、そこで自家製のジャムを試食することができます。もちろんそのジャムやポリネシアの主要産業の一つとも言えるバニラの豆を買うこともできます。またこの売店ではパイナップルなどの果物のフレッシュジュースやアイスクリームやシャーベットも買うことができて、その場で食べたり飲んだりできるのです。島内観光の途中に立ち寄るスポットとしては、場所的にも便利です。ここのバニラアイスクリームは絶品で、ぜひ一度試してください。

SANYO DIGITAL CAMERA
農業学校売店

農業学校の敷地内は散策することもできて、売店に用意されている案内パネルを見ながら敷地内の標識をたどっていけば、敷地を一周することができます。案内パネルは現在フランス語のみですが、綺麗な植物やとつぜん現れる豚小屋などがあって、楽しい散策が楽しめます。

SANYO DIGITAL CAMERA
散策コース

海のアクティビティーだけではなく、モーレア島では自然とふれあうことができる施設があるのです。

SANYO DIGITAL CAMERA
モーレア島の山

タヒチ宿泊の新しいアイディア

08 2月
2011年2月8日

旅行の宿泊というと当然ホテルや民宿、はたまたキャンプ場などということまでは思いつくのですが、貸し別荘ということまで思いつく人はあまりいないと思います。今回ご紹介するのはモーレア島にあるレジェンド・リゾートという貸し別荘です。タヒチのホテルというと水上バンガローがすぐ思いつきますが、このレジェンドリゾートは山の中腹にあります。

SANYO DIGITAL CAMERA
山の中腹にある貸し別荘

別荘の間にある道を車でどんどん登っていくと、フランス語ではレセプションと呼ばれるフロントロビーに到着します。このレセプションに到着したとたん、なぜこの貸し別荘が山の中腹にあるのかが理解できるのです。そこから見える海の景色はモーレア島では最高の景色と言って間違えが無いかもしれません。

SANYO DIGITAL CAMERA
レジェンドリゾートのフロント

フロントには、チェックインやアクティビティーを申し込めるデスクやロビーもありますが正面に見えるプールが一番目を引きます。ここには軽食を食べることができる喫茶店も併設されています。プールにつかりながらカクテルを飲むということもできます。

SANYO DIGITAL CAMERA
ロビー正面のプール

山の中腹からの海の色は最高で、サンゴ礁で囲まれたモーレアのラグーンがよくわかります。ちょうど正面にはサンゴ礁の切れ目のパスがあり、ダイビングのボートやヨットなどが外洋に出てゆくのが見られます。季節によってはここからクジラが潮を吹いていたりジャンプしたりする姿を見ることもできます。

SANYO DIGITAL CAMERA
ロビー正面のプール

プールはまるで何百メートル下の海と繋がっているように見えるインフィニティープールとなっていて、その開放感も最高です。海からの風を感じながらプールサイドで飲むカクテルは最高のバカンス気分となります。ロビー横には売店があり、普通のホテルの売店とはちがってさすが貸し別荘の売店でさまざまな食材やワインのセレクションが並んでいます。すでに調理された惣菜なども用意されていますので、お料理を作る必要もありません。

SANYO DIGITAL CAMERA
売店にはワインやさまざまな食材が並んでいます

さて食材をそろえて自分のバンガローまでゴルフカートで送ってもらいます。バンガローと言うよりか、この別荘は大きさが3種類あります。大きいものはベッドルームが3つで6人までの家族や友人たちと滞在することができます。もちろんキッチンと台所用品はすべてそろっていて、大型冷蔵庫から電子レンジさらには食器洗い機、洗濯機や乾燥機まで完備しています。テラスにはジャクジーもあり、夕日を見ながらリラックスすることができるのです。

TH_0201_0106
別荘内のキッチンから見える夕景

もちろんビーチに行きたければ、このレジェンドリゾート専用の小島のモツまでボートで送ってくれます。このモツはモーレア島で最高のラグーンに面した白砂のビーチです。ちょっと時間的に余裕のある長期滞在には最高の貸し別荘と言えるでしょう。

レジェンド・リゾートのサイト
http://www.legendsresortvillas.com/

SANYO DIGITAL CAMERA
レジェンド・リゾートの入り口

タヒチの豪華客船クルーズ25

25 1月
2011年1月25日

究極のタヒチを楽しむには、なんと言っても豪華客船の旅が最高です。今回もテレビの取材のお仕事で、一日だけ豪華客船の旅を経験してきました。普通であれば宝くじにでも当たらなければできない旅です。タヒチの島々を巡るクルーズ客船、ポールゴーギャンの体験です。

TH_0101_0201

豪華客船ポールゴーギャン

客船のメリットは、一回乗船すると移動の手間も無く自分の部屋にいるだけで船自身が他の島に移動するので楽だということです。我々の今回の取材は、たったの一日だけでしたので、そのメリットとを利用するどころか、かえってドタバタの乗船となりました。一日だけとは言え、その船内は快適そのものでした。お部屋には通常のホテルにある設備はすべてそろっています。この写真のお部屋は取材用に最高の部屋を準備していただいたものです。

TH_0101_0202
スイートルーム

ポールゴーギャンは従業員の数がお客さんの数とほぼ同じという、最高の待遇です。船内の設備はレストランが3つ、バーが2つ、カジノやプールもあり、豪華そのものです。レストランは船旅にとって大切な最高の料理を提供しています。ポリネシアで最高の料理と言い切ってもいいかもしれません。また、サービスも超最高で、料理が出てくるタイミングは秒単位で計ったようです。

SANYO DIGITAL CAMERA
最上デッキとプール

島によっては直接接岸ができない島もありますので、その場合は沖に停泊して、テンダーと呼ばれる渡し舟で島に上陸します。沖の停泊といってもラグーン内の波の無い海に止まっていますので、揺れることもなく快適そのものです。周りの景色を楽しみながら飲み物を飲むのも最高です。しかもこのポールゴーギャンは食事だけでなく、飲み物もすべて料金に含まれていますので、食べ放題、飲み放題です。

"Paul Gauguin" cruiseship
停泊中のポールゴーギャン

各島での停泊中は、島内観光をはじめさまざまなアクティビティーが用意されています。それぞれの島で特徴的なものがあり、また船内にもダイビングの設備やカヤックなどが用意されていて、船の後部から直接海に出ることができるのです。

TH_0101_0205
船の後部から直接海に行けます

船内でのアクティビティーの中にはカジノやシアターの他にスパや美容室も用意されていて、さまざまなマッサージでリラックスできるのです。

TH_0101_0206
船内のスパと美容室

豪華客船で楽しむタヒチの海は、普段の生活からまったくはなれた贅沢なひと時を過ごすことができます。お値段も、ちょっと豪華ですが、宝くじが当たっときなどには最高のお金の使い方ができますよ。

SANYO DIGITAL CAMERA
ポールゴーギャンから眺めるタヒチの島と海

タヒチのヨットチャーター

12 1月
2011年1月12日

日本人に意外と知られていないのが、ヨットのチャーターです。タヒチは世界中のヨットマンにとってもあこがれの地なのです。実際世界中からのヨットが太平洋や大西洋を渡ってタヒチにやって来ます。特にフランスから来る船も多く、大海の荒波を越えてやってくるこのタヒチのラグーンの海は、彼らにとっても夢のような世界なのです。

SANYO DIGITAL CAMERA
ラグーンでのヨットセーリング

そのヨットマンにとっても夢のような航海が、ヨットを全く知らない人でも楽しめることができるのです。ヨットチャーターの会社がタヒチ、特にヨットの基地として知られるライアテア島に何社か営業しています。ヨットの経験者はヨットだけを借りてポリネシアのクルーズを楽しむことができますし、ヨットの経験がない人でも、キャプテンとアシスタントやコックを手配してもらってヨットといっしょにチャーターすることができるのです。ヨットは中にキャビン(寝室)が何ヶ所かあります。この写真のヨットには4つのダブルベッドの寝室があるのです。すべての寝室にはトイレやシャワーも完備されています。

SANYO DIGITAL CAMERA
ヨットの中の寝室

ライアテア島からのチャーターの場合は、出発からずっと珊瑚礁で囲まれたラグーンの中をクルーズします。広いラグーンの中では、エンジンを動かして、のんびりと気に入った場所に移動ができますし、風のある時はセールを張って風と帆と波の音だけの世界を満喫することもできます。そしてそれらの操作はすべてキャプテンがやってくれるので、お客さんは海を楽しむことに専念するのがベストなチョイスではないでしょうか。

SANYO DIGITAL CAMERA
チャーターヨットのキャプテンにすべておまかせ

キャプテンとスタッフはポリネシアの海を熟知したベテラン揃いです。安心してクルーズを楽しめますし、どんな希望でも相談できる本当のプロなのです。とは言っても陽気なタヒチ人にはかわりなく、楽器や歌を歌うスタッフもいるようです。また船内での料理はシェフにおまかせで、食べ物の嗜好まで希望を聞いてくれて、家庭料理とも言えるアットホームな雰囲気が楽しめます。

SANYO DIGITAL CAMERA
アットホームなスタッフたち

ヨットチャーターのいいところは、いったん船に乗ってしまうとどこでも好きな島やお好みの雰囲気の場所に移動できるということです。シュノーケリングで魚を見たい時は、最高の場所に船ごと行くことができるのです。港のバーでヒナノビールが飲みたくなれば、そのまま港に横付けすることも出来たりします。もちろん、のんびりと海の真ん中で日焼けをしたければ、これまた最高の場所に連れて行ってくれます。

SANYO DIGITAL CAMERA
ヨットの中のキッチンで働く専用シェフ

ポリネシアの海はどこまでも青く、常夏の日差しはとても強いので、日焼け止めはいつものものより強力なものを持って行くことをお勧めします。あちこちドタバタ移動する忙しい旅ではなくて、のんびりと海をクルーズする、こんなタヒチの楽しみ方もいかがでしょうか?

SANYO DIGITAL CAMERA
タヒチのラグーンでヨットクルーズ

ヨットマンにとっても夢のタヒチの海を体験できる、ポリネシアのヨットチャーターをお勧めします。

SANYO DIGITAL CAMERA

モーレア島のラグーン

18 12月
2010年12月18日

タヒチの海というとまるで絵葉書のような典型的な海を思い浮かべる人が多いと思います。そのなかでも特に有名なボラボラのラグーンはその色の美しさは他に比べることが出来ないほどです。ラグーンブルーからエメラルドグリーンまでのさまざまな色調が見えて、空からの写真はこの世のものとは思えないほどです。

SANYO DIGITAL CAMERA
ボラボラのラグーン

ところが良く見ると、このボラボラの海は単調な色なのです。海にもぐってみると、底は白い砂の砂地になっています。空から見るととても綺麗なのですが、海の中は以外と魚があまりいないのです。対して、モーレア島のラグーンの写真を見るとそこにはなにやら黒っぽい模様が見えるではないですか。ちょっと見るとなんだか海が汚れているようにも見えます。

SANYO DIGITAL CAMERA
モーレア島のラグーンにはなにやら黒いものが

この黒く見えるものが、実は珊瑚そのものだったのです。モーレア島のラグーンの中にはたくさんの、さまざまな色や形をした珊瑚があちこちに育っているのです。珊瑚があるということは、その周りにはたくさんの魚が住んでいるということになります。そこはシュノーケリングをするのに最高の場所ということなのです。よく見るとシュノーケリングをしている人が見えますね。

SANYO DIGITAL CAMERA
珊瑚の周りはシュノーケリングポイントだ!

海で泳ぐときは、シュノーケリングセットをつけて、海の中に黒っぽく見える場所まで一気に泳いでいきましょう。海の中では背泳ぎはお勧めしません。浅い珊瑚に背中を座礁してしまう恐れがあるからです。最初は僕もその経験があります。珊瑚でできた擦り傷は、なかなか治るのが遅いことも、僕は知っています。

TH_1202_0104
海面すぐに珊瑚がいっぱい

珊瑚の周りには、本当にたくさんの熱帯魚が住んでいます。昔ボラボラ島でスキューバダイビングのインストラクターをしていた友達がよくモーレア島に遊びにきたのですが、彼は毎回いままで見たこともない熱帯魚を発見して興奮していたのを思い出します。モーレア島の珊瑚にはさまざまな魚が住んでいるのです。

TH_1202_0105
隠れている魚、見えるかな?

珊瑚自体もさまざまな形や色のものがあります。そしてそこに住む魚たちは場所によってはとても人間に馴れていて、餌をあげるふりをするだけで、逃げることなく逆に近づいてくるぐらいです。

TH_1202_0106
熱帯魚がいっぱい

モーレア島にいらっしゃる時は、シュノーケリングはぜったいに外せないアクティビティーだと言えるでしょう。

タヒチの鳥の楽園

04 12月
2010年12月4日

タヒチ島から飛行機で1時間ちょっと、ダイバーたちに有名なツアモツ諸島が見えて来る。空から見ると指輪のような形の環礁で、中央が湖のようになっていて山が全くなく、珊瑚礁だけで出来た島が点在する諸島だ。大航海時代は山が見えないため気がつかずに船が座礁する恐れのある、航海家たちにとっては油断の出来ない海域として有名なツアモツ諸島。そのツアモツ諸島の中でも観光客がとても少ない島の一つ、ティキハウ島に行ってきた。今回もTBSの撮影隊を案内しての取材旅行です。

TH_1201_0101
透明な海から鳥の島に上陸

ティキハウ島のラグーンの中に突然鳥の鳴き声がこだまする緑に覆われた島が見えて来る。ここも珊瑚礁で出来ているのだが、緑が濃いためちょっとした小山のように見えなくも無い。本当に透き通った海に囲まれたこの鳥の楽園に取材班は船から上陸する。

TH_1201_0102
海に出た珊瑚には鳥が止まっている

上陸する前から鳥の大群が上空を旋回して、キーキーという声が静かなラグーンに響き渡る。海上に飛び出した珊瑚にはあちこち海鳥が止まっている。上陸するとまさにそこは鳥だらけの世界で、たくさんの種類の鳥たちが木の枝に止まっている。あちこちに巣があり、小鳥たちもピーピーと鳴いている。

TH_1201_0103
木には鳥だらけ

そしてその鳥たちはまったく人を気にしないどころか、すぐそばまで近づいても全く逃げようとはしない。鳥たちは完全に保護されていることがよくわかる。鳥たちは人間を恐れることを知らずに育っていて、人間が危害を与える恐れが無いということを何世代にもわたって学習しているということだ。平和という概念が実体化しているという、哲学的な考察に浸ってしまう一時を過ごすごとが出来る。

TH_1201_0104
小鳥も全く人を恐れない

鳥のなかには、全く人を恐れないどころか手に乗せても大丈夫な鳥がいる。カメラを向けるとポーズしてくれたりもする。僕がその小鳥を撮影している所をアシスタントの人が撮影してくれた。鳥より僕の方が緊張しているのがおわかりいただけるだろうか。

TH_1201_0105
手に乗せても大丈夫な小鳥

こうして撮影した写真はこちらです。

TH_1201_0106
手乗り野鳥

鳥好きな人にはたまらない、ティキハウのバードアイランドです。

Copyright© 2017 タヒチ情報 All Rights Reserved.