カテゴリー: 観光

100年前で時間の止まった港町、鹿港

22 8月
2011年8月22日

台湾は日本の九州ほどの大きさの島国。 そのため、地方には多くの港町が存在します。

基隆など活気のある大きな港町もあれば、 その昔は貿易港だった、のんびりとした潮風が流れる “元”港町もあります。

TW_1108_0201

200年ほど前に中国の福建省との交易港として栄えたものの 日中戦争後に貿易が断たれ、閉鎖に追い込まれてしまった港町が 台湾中部の彰化県にあります。

一度聞いたら忘れられないユニークな名前の港町、「鹿港(ルーガン)」です。

TW_1108_0202

台北駅から台湾新幹線で台中に行き、バスに乗り換え1時間すると 何とも趣のある古い町並みが広がってきます。

港が閉鎖された日中戦争後から時間が止まってしまったかのような レンガの古い建物が、鹿港には多く存在するのです。

TW_1108_0203

鹿港には黄土の砂から街を守るため、曲がりくねった道が多く作られています。

TW_1108_0204

赤レンガの細く長くくねった道は九曲巷。 女性とすれ違うと胸にあたってしまうことから模乳巷と名付けられた道もあります。

TW_1108_0205

街中で最も目立つバロック式の建物は、鹿港民族文化館です。 日本統治時代には豪商が住んでいた豪邸で、 現在は200年前からの貴重な文化品が6000点あまり展示されています。

TW_1108_0206

展示品の中には纏足用の美しい小さな靴や 夫人寝室に使用人の寝床なども、そのままの姿で見ることが出来ます。

また敷地内には小川が流れ、何ともいえぬ雰囲気をかもし出しています。

TW_1108_0207

鹿港の大通りを進んでいくと、存在感のある艶やかな天后宮に辿りつきます。

ここに奉られている媽祖像は台湾最古のもの。 媽祖の生誕日である旧暦3月23日には、台湾中から参拝客が訪れ、 盛大に祭りが行われます。

TW_1108_0208

鹿港のもう一つの楽しみがシーフードB級グルメ! 街の中心にある第一市場には所狭しと食堂や屋台が並び 新鮮な魚介類を使った美味しい料理を、低価格で提供してくれます。

街のいたるところに真っ赤な灯篭が美しく飾られている鹿港で、 ぜひ、台湾の古い歴史に浸ってみてください。

 

アジア最大の台北市立動物園で一日満喫

11 8月
2011年8月11日

交通の便がとてもよいことで知られる台北。 地下鉄だけでなく市内の高架上には文山線(旧木柵線)が走っており、 ハイスピードでビルの谷間を潜り抜けるという爽快感を味わうことができます。

文山線はフランス・マトラー社の新交通システムを採用しており モノレールのように運転席がないため前・後車両の見晴らしは抜群。 市の中心から、山岳トンネルを抜けて終点の動物園駅まで20分ほどです。

TW_1108_01

動物園駅を降りて、徒歩1分で「台北市立動物園」に到着。 日本統治時代に作られたアジアで最大規模を誇る都市型動物園です。

TW_1108_02

パンダ、コアラ、ペンギン、カンガルーなどの人気動物もおり 爬虫類館、夜行動物館、昆虫館まである「台北市立動物園」。

園内には遊園車があり、全部見るには1日かかるという充実ぶりですが、 入園料はたったの60元(約180円・子供は半額)!夏休み中、小学生は無料です。

TW_1108_03

緑溢れる広々とした園内には400種類以上の動物が飼育されているとのこと。 台湾クロクマや台湾ザルなど台湾でしか見られない動物もいます。

TW_1108_04

亜熱帯動物エリアでは、10時~16時までの間、30分おきに大雨が降る仕掛けが。 また、好きな動物の里親になりサポートすることができるという 動物好きにはたまらない嬉しいシステムも儲けられています。

TW_1108_05

教育館では、動物園の歴史や台湾の歴史が、写真つきで紹介されているほか 平均寿命よりも20年長い、86歳まで生きた奇跡のアフリカ象、 「林旺おじいちゃん」の剝製も展示されています。

TW_1108_06

大人気のパンダ館ですが、平日は待ち時間もなくサッと観覧できます。 お昼やおやつの時間には、ガラスの前に餌を置いてくれるので 間近で大きなパンダを見ることができます。

TW_1108_07

動物園駅から徒歩2分の場所には猫空ロープウェイ乗り場があり 動物園の一番奥にあるペンギン館近くまで行くことが可能。

ロープウェイでは絶景が楽しめ、動物園と合わせて楽しむ人が多いです。

TW_1108_08

ちなみに、猫空ロープウェイには床がガラス張りのキャビンがありスリル満点! ロープウェイの終点、猫空駅近くには風情溢れる茶芸館があり、こちらも人気となっています。

ありとあらゆる動物たちを、近くで感じられる「台北市立動物園」で、 童心に戻ってみてはいかがでしょうか。

 

台湾が誇る「科学博物館」と「天文科学教育館」で知的好奇心を刺激

28 7月
2011年7月28日

のんびりとしたイメージが強い台湾ですが、 実は日本以上に学歴が重視される傾向にあります。

公立小学校でも1年生から中間・期末試験があり 宿題も毎日たくさん出されます。

教育熱心な親も多く、週末も楽しく学問に触れて欲しいと 美術館や博物館へと繰り出す家族も少なくありません。

TW_1107_0101_jpg

そんな台湾人に人気の高い「子供も大人も楽しみながら教養をつけられる場所」が 「国立台湾科学教育館」と「台北市立天文科学教育館」です。

TW_1107_0102_jpg

士林夜市で有名な剣潭駅から歩いて15分ほどの場所にある 「国立台湾科学教育館」は1956年に設立された台湾唯一の公立科学博物館。 向かいに位置する「台北市立天文科学教育館」は1996年にオープンしました。

TW_1107_0103_jpg

近未来的な外装の「国立台湾科学教育館」は、地下1階、地上10階建ての広々とした建物。

地下1階にはジェットコースター感覚の本格的3Dシアターや実験室が、 1階には化石、天然石や鉱物石、様々な化学グッズを販売するギフトショップ、 2階はフードコート、3階は人体の不思議、4階は生物群系やエコロジー、 5階は物質科学を楽しく実験できるコーナーが、6階は台湾の地質学が学べます。

TW_1107_0104_jpg

7階、8階は特別展エリアとなっており、 毎回大きな話題を呼ぶ展示会が開催されています。

TW_1107_0105_jpg

ちなみに、9月25日(2011年)まで、世界中で話題を呼んでいる 「人体の不思議展」が開催されています。

TW_1107_0106_jpg

「台北市立天文科学教育館」の入館料は40元(約112円・子供は半額)という安さですが、 1階~3階まで大人も大満足できる本格的な天文学コーナーで 埋め尽くされています。

TW_1107_0107_jpg

また4階には探検車に乗り、宇宙旅行を疑似体験できる宇宙アドベンチャーがあり、 特殊効果満載の旅を、70元(約196円)で楽しむことが出来ます。

地下には3Dシアターがあり、こちらも迫力満点です。

TW_1107_0108_jpg

しかし、何よりも人気なのが30度の傾斜がついた座席で見るプラネタリウム・シアター。 プログラムの最後には、台北の今夜の星空を紹介してくれる嬉しいサービスつきです。

台湾が世界に誇る「国立台湾科学教育館」と「台北市立天文科学教育館」で あなたの知的好奇心を、ぜひ満たしてください。

台湾のへそがある埔里を、のんびり探索

25 6月
2011年6月25日

台北から台湾新幹線に乗り30分もすると、 のんびりした田舎町が車窓から見えてきます。

台湾の田舎町の多くが、綺麗な空気と水を自慢としていますが、 中でも一番綺麗だとされるのが、台湾の中心部。 お酒の産地として、また蝶々の町として有名な、台湾のへそ「埔里」です。

TW_1106_0201.jpg

台北から新幹線とバスを乗り継ぎ2時間ほどでたどり着ける埔里(プーリー)は、 台中と人気リゾート日月譚の間、南投県中央部の山間に位置する田舎町。

標高が高いため、夏は涼しく冬は暖か。過ごしやすい町として知られています。

TW_1106_0202.jpg

綺麗な空気と水が自慢の埔里では、台湾国内で一、二、を争う良質の水が 愛蘭泉から湧き出ています。 この自慢の水を使って造られるのが、あの有名な台湾のお酒、紹興酒なのです。

TW_1106_0203.jpg

台湾が誇る名酒の多くが、1917年に設立された埔里酒廠で製造されています。

日本の統治時代には、天皇陛下御用達の「萬寿酒」を、 中華民国時代には、総統主催の国宴に振舞われた「介寿紹興酒」を、 いつの時代も最高級の酒を造り続けてきました。

TW_1106_0204.jpg

この埔里酒廠は博物館を併設しており、観光名所になっています。 紹興酒を造る過程が見学できるほか、昔ながらの酒蔵が再現されていたり 台湾の各名酒を、ちょこっとティスティングすることも出来ます。

TW_1106_0205.jpg

ほかにも、紹興酒を使ったアイスキャンディーや、台湾菓子などの試食も可能。 紹興酒で味付けした、焼きたての台湾ソーセージも味わえます。

TW_1106_0206.jpg

埔里酒廠から車で5分ほどの場所に、台湾のへそがあります。 「台湾地理中心」と彫られた大きな岩が目印で、 側の階段を上った虎頭山麓には、原住民デザインの「台湾地理中心碑」が立っています。

TW_1106_0207.jpg

多雨多湿な地域である埔里には、350種を越える蝶が生息しているとのこと。

少し奥まった場所にある「木生昆虫博物館」には、これらの珍しい蝶や 1万6千種類の昆虫標本が展示されています。

TW_1106_0208.jpg

ゆったりとした空気が流れる美しい自然溢れる風景が自慢の埔里。 ぜひ、台湾の中心で深呼吸してみてください!

原住民の文化が息づく温泉街「ウーライ(鳥来)」

18 5月
2011年5月18日

台湾の人口は、現在、およそ2200万人。 98%が漢族で、2%が原住民です。

漢族の祖先の多くは、17世紀頃に移住して来た福建人たち。 そして、彼らが移住する何世紀も昔から、台湾に暮らしていたのが 原住民たちです。

TW_1105_0201.jpg

台湾には今、アミ族、タイヤル族、サイシャット族、ツォウ族、プヌン族、 ルカイ族、パイワン族、タロコ族、プユマ族、ヤミ族、サオ族、クヴァラン族の 12族の原住民が住んでいます。

彼らのほかにも、漢民族との同化が進み、 台湾政府から原住民として認められていない民族は、 まとめて平埔族とよばれており、原住民の血をひく台湾人は実際には とても多いとされています。

TW_1105_0202.jpg

原住民は、それぞれ、異なった言語、風習、習慣を持ち、 異なった場所に固まって暮らしていました。

TW_1105_0203.jpg

台北市の中心からとても近い場所にも原住民の里があります。 台北市内から車やバスで1時間ほどで到着する山間の温泉街、 ウーライ(鳥来)に住むタイヤル族です。

TW_1105_0204.jpg

ウーライはタイヤル族の言葉で、温泉という意味。 泉質は弱アルカリ性炭酸水素温泉で、肌に優しく「美人湯」だと言われています。 ここ10年の間、ウーライの温泉はちょっとしたブームとなり温泉宿も豊富になりました。

TW_1105_0205.jpg

ウーライの中心部は、コバルトグリーンの美しく雄大な渓谷にあります。 大自然にタイヤル族の民芸文化がうまく溶け合っており、 訪れる人びとの目を楽しませてくれます。

TW_1105_0206.jpg

商店街の中央には「ウーライ・タイヤル族民族博物館」があり、 タイヤル族の歴史や文化、民芸などのほか、ウーライの土地についても学べます。

TW_1105_0207.jpg

商店街を抜けたところに架かっている橋を渡ると タイヤル族の像が目印となっているトロッコ電車乗り場へと続く階段が。 トロッコ電車は川沿いを走り、終点で降りると美しい鳥来滝を見ることができます。

TW_1105_0208.jpg

温泉だけでなく、ロープウェイやボートに乗れる湖など大自然を満喫できるウーライで、 台湾の原住民の文化にふれてみてはいかがでしょう。

圓山大飯店の裏に広がる「圓山風景区」で旅の運動不足を解消

02 5月
2011年5月2日

台湾には元気なお年寄りが沢山います。 朝日が昇るとともに公園で太極拳をしたり、ウォーキングをしたり、 ハイキングを趣味にしているお年寄りも少なくありません。

台湾にはお年よりも気軽にハイキングを楽しめるコースが沢山あり、 小さい子供でも安心できる緩やかなコースから、本格的なコースまで 移り変わる季節を楽しみながら、歩けるコースが揃っています。

TW_1105_0101

観光客が多く訪れるスポットの近くにも、ハイキングコースは存在します。 台北のランドマークである有名ホテル、圓山大飯店の裏にも 地元の人に人気の”穴場ハイキングコース”が存在するのです。

TW_1105_0102

圓山大飯店は、日本統治時代に建てられた台湾神宮の跡地に 建設されたホテル。1952年にオープンし、50年近い歴史を誇ります。 あでやかな朱色を使い、20万以上の龍の彫刻が施されていることから 「龍宮」とも呼ばれています。

TW_1105_0103

観光名所となっている圓山大飯店は、外交にも使われ 各国の賓客を招待するときよく利用されています。 一般公開はされていませんが、剣潭公園と北安公園に通じる 秘密の地下道もあり、面白いエピソードが多いホテルとしても知られています。

TW_1105_0104

圓山大飯店へ正門から入り、2階の土産ブースを突き抜けた門を出て、 ホテルの見事な概観を間近で楽しみながら奥へ歩いていくと 「圓山風景区」という看板が見えてきます。ここがハイキングコースのスタート地点です。

TW_1105_0105

綺麗に整備された石畳の階段を上がっていくと 薬師寺や大忠宮、金剛寺など、地域を守る神々の寺があります。

TW_1105_0106

ハイキングコースのわき道には日本にはないような台湾ならではの草木が。 説明がついているので、ちょっとした勉強にもなり好奇心を満たしてくれます。

TW_1105_0107

ここのハイキングコースは木陰の中にあるため、暑い日も快適。 距離も長くないので、腹ごなしにはもってこい。運動不足も解消できます。

TW_1105_0108

観光名所、圓山大飯店に寄られる際には、 ぜひ、足を伸ばして圓山風景区の大自然をお楽しみください。

 

「新北投温泉」で心身ともにリラックス

26 4月
2011年4月26日

台湾は日本同様、環太平洋火山帯にあり、 100を超える温泉に恵まれている温泉大国です。

温泉は台湾全土に湧き出ており、泉質もその効能も多種多様。 東洋医学が広く浸透している台湾では治療の一環として温泉が利用されており、 市民生活に馴染みの深いものとなっています。

TW_1104_0201

台北市内から、電車で40分で行ける旅行者にうってつけの温泉街もあります。 肩こりにとても良いと評判の「新北投温泉」です。

TW_1104_0202

「新北投温泉」は、1894年にドイツ人により発見され、 統治時代に住み始めた日本人により開発されました。 山の麓に広がるこの温泉街には、 温泉を通して古い日本の文化と台湾の文化が交わりあった とても落ち着いた癒しの空間が漂っています。

TW_1104_0203

駅を出て交差点を渡ったところにある北投公園の先には、温泉博物館があります。 この博物館はかつての公共温泉施設を修復したもので、 昭和天皇が皇太子時代に訪ね温泉につかり休息されたと言い伝えられています。 温泉博物館の裏手には市民図書館があり、日本語の本も置いてあります。

TW_1104_0204

温泉博物館から上へ行くと、公共温泉などの温泉処や温泉宿があります。 台湾の公共温泉は水着着用でないといけませんが、貸切温泉なら裸でOKです。

TW_1104_0205

ちなみに「新北投温泉」の泉質は強酸性の硫黄泉で、 「皮膚病、婦人病、ぜんそく、神経痛、動脈硬化、リューマチ、肩、首、腕のこり」に 良い効果があるといわれています。

TW_1104_0206

さらに上に進み、歩道が途切れる先は、高温の湯が噴出する地熱谷(地獄谷)。 摂氏80-100度の源泉が湧き出ており、まるでサウナのような空間となっています。

TW_1104_0207

温泉街から少し離れた山の奥にある「禅園」からは温泉街を見下ろすことができます。 「禅園」の茶屋「翡翠軒茶坊」は、その昔、旧日本軍の保養所であり、 絶景を眺めながら美味しい台湾茶を楽しむことができます。

TW_1104_0208

観光や朝市や夜市でショッピングを楽しまれた台湾旅行最終日に、 ぜひ「新北投温泉」で旅の疲れを癒してください。

九分で触れる、懐かしい「わびさび」

07 4月
2011年4月7日

日本の九州ほどの大きさしかない台湾には、 大自然と調和した美しい古街が今なお多く存在し、 芸術家たちの心を惹きつけてきました。

19世紀末に金の産出地として栄え「小香港」と称されていた街があります。 金鉱が尽きると、街は寂れてしまい、孤立状態に陥ってしまったのですが、 80年代後半に、一人の台湾映画監督により再び息を吹き込まれ、 活気が蘇りました。

TW_1104_0101

今回は、その昔、水田と茶園を営む農家が九世帯あったことから 名付けられた、映画『悲情城市』の舞台、「九分」をご紹介します。

TW_1104_0102

台北駅から基隆行きの東部幹線に乗り、ディーゼル機関車に揺られ、 50分ほどすると到着する瑞芳駅。 そこからバスに乗り15分ほどすると、山の急斜面に覆いかぶさるように広がる、 階段の多い石畳の街「九分」が見えてきます。

TW_1104_0103

「舊道」というバス停で降りると、バス停のすぐ前に、赤いちょうちんが連なっている 少し薄暗い小道の入り口が。

TW_1104_0104

この小道は九分のメインストリート「基山街」で、 道の両側には九分名物タロイモだんご屋、餅菓子屋、茶屋、土産屋などが すし詰めに立ち並んでおり、活気を見せています。

TW_1104_0105

展望台の少し手前に基山街と交差する形で急な石畳階段「豎崎路」が伸びており、 降りていくと『悲情城市』の撮影に使われた趣のある茶屋が。

TW_1104_0106

ここの風景はとても絵になり、テレビコマーシャルがよく撮影される場所です。 宮崎駿監督のアニメ映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなった街でもあります。

TW_1104_0107

「豎崎路」を登りきると、一番景色のよい場所に国民小学校が建っています。 小学校のすぐ近くには煌びやかな聖明宮が建ち、 屋根の上に踊る色彩豊かな龍や福禄寿が九分の街を守るように見下ろしています。

TW_1104_0108

レトロな街として愛されている「九分」は、四季によって街の雰囲気が変化します。 中でも冬の霧は格別だと言われており、 訪れる人々を幻想的な「神隠し」感覚に陥れると評判です。

TW_1104_0109

台北の目と鼻の先にある、幻想的な美しい古街「九分」で、 美しく懐かしい「わびさび」に触れてみてはいかがでしょう。

(*「九分」の分にはにんべんがつきます)

河口の街、淡水のレンガ道を歩きながらB級グルメを食す

06 3月
2011年3月6日

旧暦が明け、最初の満月を祝う元宵節(2月17日)が過ぎましたが、 まだまだお正月気分が続いている台湾。

元宵節に色鮮やかなランタン(灯篭)を飾る習慣のある台湾では、 毎年この時期にランタン・フェスティバルが開催されます。

大小、数多くのランタンで会場が埋め尽くされるランタン・フェスティバルは、 毎年、台湾各都市が持ち回りで開催しており、 今年は苗栗県の竹南運動公園で煌びやかに催されました。

TW_1103_0101

この時期、台湾人がランタン・フェスティバルと同じくらい行きたいと思う、 旧正月ホリデーの人気スポット。それが、「淡水」です。

TW_1103_0102

台北駅からMRT淡水線に乗り、40分ほどで到着する「淡水」は、 貿易港として栄えてきた歴史ある河口の街。

穏やかな淡水河の流れ、優雅に空を舞うカモメたち。 ヨーロピアンとアジアンが美しく融合した情緒溢れるエレガントな街です。

TW_1103_0103

「淡水」の魅力は、絵になる風景だけではありません。 リバーサイドにずらっと並ぶオープン・レストランやカフェ。 食に対して並々ならぬこだわりを持つ台湾人の胃袋を満たすため、 週末になると所狭しと屋台が立ち並び、美味しいB級グルメが楽しめるのです。

TW_1103_0104

「淡水」に来たら、ぜひ乗って欲しいのが小型フェリー。 対岸の街「八里」や、すぐそこに台湾海峡を望むことができる「漁人碼頭」へ、 気持ちいよい潮風を浴びせながら運んでくれます。

TW_1103_0105

「八里」では貸し自転車に乗りサイクリングが楽しめます。 週末や祭日になると、馬に乗ってパトロールする警察局騎警隊を見ることができます。

TW_1103_0106

「漁人碼頭」は、まるでヨーロッパの港町のよう。 真っ白な情人橋(恋人橋)から見る夕日は絶景です。

TW_1103_0107

実は、「淡水」は台湾のクラークス博士こと、マカイ医師が上陸した場所でもあります。 マカイ医師はキリスト教伝道者であり、台湾の近代医療の発展に貢献した人物。 「淡水」にはマカイ医師が最初に設立した教会や、診療所だった記念博物館などがあり、 1872年に上陸した場所に、神に祈りを捧げる医師の銅像が置かれているのです。

TW_1103_0108

ハリウッド映画『グリーン・ホーネット』に出演しているジェイ・チョウの母校、 淡江高級中学もある「淡水」。 美しい風景を楽しみながら、B級グルメも楽しめる、台湾人自慢のスポットなのです。

 

ノスタルジックな台湾の田舎町、湖口でリラックス

12 2月
2011年2月12日

2007年に台湾高速鉄道こと台湾新幹線が開通してからというもの 台湾国内旅行が短時間で、快適に楽しめるようになりました。

日帰りで台北近郊の町を探索することも可能になり 自然が多く残る美しい田舎町へもふらっと行けるようになりました。

TW_1102_0101

台北駅から台湾新幹線で3つ先に新竹という駅があります。 台湾のハイテクノロジー産業の中心地とされる新竹は 綺麗に整備された近代的な町で、台湾のシリコンバレーと呼ばれています。

その新竹駅からローカル線に乗り一駅で、 古い石畳の街がそのまま残されている田舎情緒の溢れる湖口駅に到着します。

TW_1102_0102

湖口駅からタクシーに乗り、活気溢れる市場通りを過ぎて5分ほどすると 赤レンガの古い建物が立ち並ぶノスタルジックな「湖口老街」が現れます。

軽食店や小物屋、アンティークに中国茶の店などが軒を連ねており 客家人が多い土地柄、美味しい客家料理を店先でつまむことが出来ます。

TW_1102_0103

湖口老街の中央に不思議な窓口のある建物があります。 実はこれ60年前に流行っていた映画館を喫茶店にリメイクした店で 窓口はそのまま残しているのだそうです。

TW_1102_0104

老街を通り抜けた街で一番高い場所にそびえ立つ天主堂。 新竹で布教活動をしていたイタリア人神父が1965年に設立した教会です。

TW_1102_0105

天主堂が建っている場所は1893年に鉄道の大湖口駅として利用されてました。 天主堂の近くには文物館があり、湖口の歴史や人々の暮らしを学ぶことができます。

TW_1102_0106

湖口には大規模な軍訓練施設があり、街のいたるところに戦車があります。 街近辺はサイクリングロードとなっていますが戦車が目印となり便利です。

TW_1102_0107

老街の近くの山の麓には「ナシ畑」「イチゴ畑」「ライチ畑」が広がっており、 フルーツ狩りができる農場もあります。

金獅寺から山へ入るハイキングコースもあり お腹いっぱいに綺麗な空気を食べることが出来ると台湾人に人気です。

TW_1102_0108

大都会である台北から、たった1時間で行ける田舎町、湖口。 台北にご旅行の際には、ぜひふらりと訪ねてみてください。

 

Copyright© 2017 台湾情報 All Rights Reserved.