月別アーカイブ: 3月, 2011

日本と台湾の建築史にふれられる、台湾のホワイトハウス

26 3月
2011年3月26日

台湾には、日本統治時代に作られた建築物が多く存在します。 その中には歴史的価値があるものも多く、時代を超え今も大切に使われています。

国立台湾博物館や台北郵局に台湾銀行、台湾大学も日本統治時代のもの。 台湾の原宿とよばれ、連日多くの若者たちで賑わう西門も、 その昔は日本人町という名前で親しまれ、今も日本統治時代の建物が残っているのです。

TW_1103_0201

その西門に近い台北市中正區重慶南路にある「中華民國総統府」。

総統が働いている台湾の政治の中心であるこの「総統府」も、 国宝級古跡に認定されている、日本統治時代に作られた歴史的建築物なのです。

TW_1103_0202

「総統府」は、赤レンガ、白く高い壁、アーチ型門、ギリシャ古典様式の柱を使った、 壮麗なルネサンス様式の建物。

日本統治時代の1912年、第4代台湾総督児玉源太郎が、 当時、近代建築の第一人者であった森山松之助の設計を用いて建築しました。

1919年に完成し、以後、90年以上台湾の政治の中枢を担う場所として使われています。

TW_1103_0203

台湾行政府や、陸・海・空軍の最高指令部などが置かれており、 24時間、物々しい警備が敷かれている「総統府」。

第二次大戦末期にアメリカの空襲を受け、一部損壊しましたが、 戦後修復され、台湾の新たな活力の場所となりました。

TW_1103_0204

歴史に満ちた建物として台湾人からも親しまれており、 1階の展示館部分が平日9時から12時まで一般に公開されています(要パスポート持参)

TW_1103_0205

総統府の建築過程や構造、台湾の歴史が細かく紹介される展示コーナーでは 貴重な歴史物も公開されており、興味深いものとなっています。

TW_1103_0206

また、初代総統に就任した蒋介石が着用したスーツや帽子、 親日派で知られる李登輝総統が1996年に行った就任演説前文が記された壷、 前総統を務めた陳水扁が就任宣言した際着用していた防弾チョッキ付きスーツ、 2008年5月に総統となった馬英九が地方を訪れた際使用した自転車など、 歴代の総裁に関する資料物もあり、近代台湾の歴史を感じることができます。

TW_1103_0207

土産やや郵便局もあり、総統府だけで購入できるグッズも充実。 中庭でイベントが行われていることもあります。

TW_1103_0208

月に一度のペースで、政府の業務が遂行される2~3階の総統執務室や 介壽堂、海外からの貴賓客を迎える総統接待室などを見学・写真撮影できる 特別公開日ももうけられているので、行かれる前に公式サイトをチェックしてみてください。

 

河口の街、淡水のレンガ道を歩きながらB級グルメを食す

06 3月
2011年3月6日

旧暦が明け、最初の満月を祝う元宵節(2月17日)が過ぎましたが、 まだまだお正月気分が続いている台湾。

元宵節に色鮮やかなランタン(灯篭)を飾る習慣のある台湾では、 毎年この時期にランタン・フェスティバルが開催されます。

大小、数多くのランタンで会場が埋め尽くされるランタン・フェスティバルは、 毎年、台湾各都市が持ち回りで開催しており、 今年は苗栗県の竹南運動公園で煌びやかに催されました。

TW_1103_0101

この時期、台湾人がランタン・フェスティバルと同じくらい行きたいと思う、 旧正月ホリデーの人気スポット。それが、「淡水」です。

TW_1103_0102

台北駅からMRT淡水線に乗り、40分ほどで到着する「淡水」は、 貿易港として栄えてきた歴史ある河口の街。

穏やかな淡水河の流れ、優雅に空を舞うカモメたち。 ヨーロピアンとアジアンが美しく融合した情緒溢れるエレガントな街です。

TW_1103_0103

「淡水」の魅力は、絵になる風景だけではありません。 リバーサイドにずらっと並ぶオープン・レストランやカフェ。 食に対して並々ならぬこだわりを持つ台湾人の胃袋を満たすため、 週末になると所狭しと屋台が立ち並び、美味しいB級グルメが楽しめるのです。

TW_1103_0104

「淡水」に来たら、ぜひ乗って欲しいのが小型フェリー。 対岸の街「八里」や、すぐそこに台湾海峡を望むことができる「漁人碼頭」へ、 気持ちいよい潮風を浴びせながら運んでくれます。

TW_1103_0105

「八里」では貸し自転車に乗りサイクリングが楽しめます。 週末や祭日になると、馬に乗ってパトロールする警察局騎警隊を見ることができます。

TW_1103_0106

「漁人碼頭」は、まるでヨーロッパの港町のよう。 真っ白な情人橋(恋人橋)から見る夕日は絶景です。

TW_1103_0107

実は、「淡水」は台湾のクラークス博士こと、マカイ医師が上陸した場所でもあります。 マカイ医師はキリスト教伝道者であり、台湾の近代医療の発展に貢献した人物。 「淡水」にはマカイ医師が最初に設立した教会や、診療所だった記念博物館などがあり、 1872年に上陸した場所に、神に祈りを捧げる医師の銅像が置かれているのです。

TW_1103_0108

ハリウッド映画『グリーン・ホーネット』に出演しているジェイ・チョウの母校、 淡江高級中学もある「淡水」。 美しい風景を楽しみながら、B級グルメも楽しめる、台湾人自慢のスポットなのです。

 

Copyright© 2017 台湾情報 All Rights Reserved.